RSSリーダーに登録を。クリックして詳細を  

HOMEへ朝倉さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん水谷さん

2020年06月22日(月)

感染第2波で相場の見直し時期到来!?

PDFファイル(783KB)

ペットチャート (783KB)

予想レンジ
ドル円     106.50〜107.80
ユーロ円    118.80〜120.30
ユーロドル   1.1130〜1.1250
豪ドル円    72.30〜73.50

*****************************

市場ではウィルス感染第2波への懸念でリスクオフの動きが再燃しつつある。特に米国内における感染急増が顕著であり、過熱感が生じている株価の上昇にも少なからず影響を及ぼす可能性が大きく、また、トランプ大統領の描いている構図(再選)にも支障を来す可能性があり、大統領の推進力も急速に萎えつつある。一部では11月の再選に向けても黄信号から赤信号に移行しているとの見解も少なく無く、ドルを拙速的に買い戻す雰囲気は削がれている。ただ、米経済のみならず、中国を含めた世界経済も低迷しており、基軸通貨としての米
ドル存在も再認識しなければならず、短期筋としても、安易にどちらにも仕掛けづらい相場環境に直面している。

一方、ドル円は安全通貨としての円買いニーズはあるが、緊急事態宣言が全面的に解除されたばかりであり、ウィルス感染第2波の影響を考慮すれば、円を拙速的に買い上がる難しさもある。引き続きレンジ幅ドル円106.50~108.00円を重視し、同レベル前後からナンピン売買が一考であろう。

他方、ユーロドルはメルケル独首相が欧州連合(EU)首脳らに対し、7500億ユーロ規模の復興基金を巡る協議を来月完了できなければ、域内の経済成長が脅かされ市場の混乱をもたらす恐れがあると警告し。欧州中央銀行(ECB)も同調してはいるが、先行き不透明感が重石となり、戻り売りが優先されている。引き続きレンジ幅ユーロドル1.1130~1.1250まで拡大し、同レベル前後からナンピン売買が賢明であろう。

*************************************
FX情報サイト「エフプロ(https://www.fx-cube.jp/)」にて、インタビュー記事が掲載されました。

鈴木郁雄が語る!2つの通貨ペア(乖離幅)から売買シグナルを探ろう! 
→記事はこちら(https://www.fx-cube.jp/content/i005)
*************************************



Posted at 09時45分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

ケンティッシュジャパン代表取締役

鈴木郁雄

オーバーシーズユニオン銀行入行後、フランスの3大銀行のひとつであるソシエテジェネル銀行東京支店に勤務、外国資金本部長として20年間のディーリング経験を持ち、為替のみならず今話題のデリバティブ業務を日本に導入し、ディーリング部門を統括し、多大な成果を挙げる。01年10月為替投資顧問会社ケンティッシュ ジャパンを設立、今現在も邦銀大手ならびにロンドン・ニューヨークなどの外銀ディーラーとの親密な情報交換し、投資家心理を加えた独自の分析には定評がある。

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2020/6

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.