RSSリーダーに登録を。クリックして詳細を  

HOMEへ朝倉さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん水谷さん

2020年07月27日(月)

米ドル売られすぎの傾向!買戻しに妙味?

PDFファイル(777KB)

ペットチャート (777KB)

予想レンジ
ドル円     105.30〜107.00
ユーロ円    123.00〜124.50
ユーロドル   1.1550〜1.1700
豪ドル円    74.80〜76.30

*****************************

米国でのコロナウィルスの感染拡大に歯止めが掛からず、連日のように州単位での感染拡大が続いているが、一部の州では死亡者数が過去最多を記録するなど、一向に収束感が見えてこない状態にある。その中、米中対立構造も増々激化の様相を呈しており、一部では一触即発の状況下にあるとの声も出始めている。また、米新規失業保険申請件数が予想外の増加を示す中、米債券利回りも再び低下傾向にあり、ドルの手仕舞いが急がれている。ただ、ドル円は一時105円台に突入し、ユーロドルも1.16台まで上昇するなど、市場ではドルの売られすぎが改めて、意識され始めており、短期筋としても、一旦清算局面入り近しとの雰囲気があり、更なるドル売りには慎重になっている。

一方、ドル円は次なる節目ドル円105円割れが意識される中、上値の重さに繋がっているが、相対的にはリスク回避の動きが深まり、円やユーロ買いに波及している、ただ、潜在的なドル買いニーズが強いだけに、一時的な現象に過ぎないとの声も聞かれ始めており、過度な円高期待は自重局面にある。引き続きレンジ幅をドル円105.30〜107.00円まで拡大し、同レベル前後からナンピン売買が一考であろう。

他方、ユーロドルはドル売りに助長される中、消去法的な買い観測も手伝い、急ピッチ上昇度を強めている。ただ、高値警戒感による戻り売りも優先されやすい相場環境にあり、当面、レンジ幅をユーロドル1.1550〜1.1700まで拡大し、同レベル前後からナンピン売買で対応することが賢明であろう。



Posted at 09時50分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

ケンティッシュジャパン代表取締役

鈴木郁雄

オーバーシーズユニオン銀行入行後、フランスの3大銀行のひとつであるソシエテジェネル銀行東京支店に勤務、外国資金本部長として20年間のディーリング経験を持ち、為替のみならず今話題のデリバティブ業務を日本に導入し、ディーリング部門を統括し、多大な成果を挙げる。01年10月為替投資顧問会社ケンティッシュ ジャパンを設立、今現在も邦銀大手ならびにロンドン・ニューヨークなどの外銀ディーラーとの親密な情報交換し、投資家心理を加えた独自の分析には定評がある。

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2020/7

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.