RSSリーダーに登録を。クリックして詳細を  

HOMEへ朝倉さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん水谷さん

2021年02月22日(月)

米債利回りの上昇余地は限定的!ドルロングは自重局面?

PDFファイル(761KB)

乖離幅チャート (761KB)

予想レンジ
ドル円     105.00〜106.20
ユーロ円    127.30~128.50
ユーロドル   1.2050〜1.2170
豪ドル円    82.30〜83.50

**********************

米10年債利回りは一時1.36%台と昨年2月以来の水準まで上昇している。市場にはインフレ期待を背景に、一部ではGDP見通しを従来の5%程度から10%前後まで上方修正するとの見解も出始めている。基本的には大規模な支援策への期待もあるが、ワクチン接種の拡大、そして、コロナウィルスの感染拡大の縮小期待も重なり、米国の経済成長に対する期待がやや高まりを見せている。ただ、実体経済に結び付いていないことも現実であり、総じて、米景気の回復期待が先行している嫌いは否めない。その中、米国株式市場ではNYダウが小幅ながらも上昇してはいるが、更なる買い材料がほぼ織り込み済みであり、短期筋とても、株価のもう一段の上昇には懐疑的になっている。当面、ドルロングを手仕舞う動きにも配慮した戦略性が求められる。

一方、ドル円は米債券利回りの上昇を受けて、ドル円105円台半ば前後まで買い戻されてはいるが、更なる金利上昇が見込みづらいだけに、安易なドル買いは自重局面に差し掛かっている。引き続きレンジ幅ドル円105.00〜106.20円を重視し、同レベル前後からナンピン売買が賢明であろう。

他方、ユーロドルはポンドドルが2018年4月以来の1.40台を回復しており、再びユーロドルは連れ高現象の様相を呈している。ただ、ポンドも高値警戒感が発生しており、ユーロドルを拙速的に買い上がる雰囲気には至っていない。引き続きレンジ幅ユーロドル1.2050〜1.2170を重視し、同レベル前後からナンピン売買が一考であろう。



Posted at 09時39分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

ケンティッシュジャパン代表取締役

鈴木郁雄

オーバーシーズユニオン銀行入行後、フランスの3大銀行のひとつであるソシエテジェネル銀行東京支店に勤務、外国資金本部長として20年間のディーリング経験を持ち、為替のみならず今話題のデリバティブ業務を日本に導入し、ディーリング部門を統括し、多大な成果を挙げる。01年10月為替投資顧問会社ケンティッシュ ジャパンを設立、今現在も邦銀大手ならびにロンドン・ニューヨークなどの外銀ディーラーとの親密な情報交換し、投資家心理を加えた独自の分析には定評がある。

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2021/2

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.