RSSリーダーに登録を。クリックして詳細を  

HOMEへ朝倉さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん水谷さん

広告

2017年07月31日(月)

米利上げ観測後退も売られすぎの兆候!?

PDFファイル(676KB)

ペットチャート (676KB)

予想レンジ
ドル円     110.00〜111.80
ユーロ円    129.30〜130.80
ユーロドル   1.1650〜1.1830
豪ドル円    87.80〜89.30

***********************

先週発表された米第2四半期GDP速報値は前期比2.6%と予想(2.7%)を若干下回り、第1四半期も下方修正される中、個人消費の速報値、PCEコアデフレータ速報値、そして、雇用コスト指数の伸び悩みなどから、インフレ見通しが鈍化傾向にあることが改めて意識されている。米債券利回りが軒並み低下しており、当面、FRBによる性急な利上げ観測は後退した感が強く、ドルの調整売りが優勢になっている。ただ、低金利政策の継続性を背景に、NYダウは一部企業の決算が好感される中、史上最高値を更新しており、米景況感底堅さが改めて意識されており、FRBの金利正常化は未だに意欲的と見なした方が無難であろう。

一方、ドル円は次回9月のFOMCでの利上げの確率は急速に萎えているが、一部では年内12月の利上げ期待まで後退したとの思惑もある。また、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験を行ったことを受け、リスク回避の円買いも加わり、短期筋としても、ドルロングの手仕舞いに追いやられており、上値の重さが意識されている。ただ、ドル円110円台では随所に利食いと実需買いが散見されており、ドル円110円割れは時期尚早と見なした方が賢明であろう。

他方、ユーロドルは米債券利回りの低下を受けて、引き続き底堅い展開を見せているが、相対的に欧州通貨並びにオセアニア通貨共に買われすぎの兆候がある。当面、米金利の先高観測が後退したのが主な買い材料になってはいるが、米金利の下げ余地が少ないだけに現状レベルからの高値掴みには要注意であろう。

Posted at 10時00分 パーマリンク


2017年07月24日(月)

出口戦略はいずれも視界不良!ドル見切り売りに歯止め?

PDFファイル(675KB)

ペットチャート (675KB)

予想レンジ
ドル円     110.50〜112.00
ユーロ円    129.00〜130.30
ユーロドル   1.1580〜1.1730
豪ドル円    87.30〜88.80

***********************

今に始まったわけではないがトランプ米大統領に対する疑惑捜査により、トランプ政権の信頼性が揺らぐ中、今後予定されている大型減税やインフラ投資の実効性に疑問符が生じており、ドルの全面安の状況を作り出している。ただ、ファンダメンタルズ的には米金利の優位性があり、やや過剰反応している嫌いは否めない。引き続き日銀と他の主要国との出口戦略に対する温度差を背景とした円キャリートレード的要素を多分に含んでいるが、足元のFRBの年内利上げに対する不透明感がドル売りを誘引している。当面、米債券利回りの動向に注視せざるを得ないだろうが、更なる低下を招くようであれば、ドル円110円割れも視野に入れる必要がある。ただ、FRBは独立性を重視しており、金利正常化にむけて緩やかな利上げを見込んでいる以上、米債券利回りの低下余地はほぼ無く、ドル円110円前後が折り返し地点になる可能性がある。

一方、ドル円は相対的にストップロス優先の展開を余儀なくされており、上値の重さが意識されている。本邦に限って言えば、黒田日銀総裁が超低金利政策の持続性を唱える中、日本の政局不安なども重なり、円を積極的に買い上げる状況ではないが、当面、トランプ大統領のロシア疑惑に関する捜査が沈静化するまではドルロングは自重局面にある。

他方、ユーロドルはECB理事会において、ドラギ総裁は債券購入プログラムについては秋に協議と慎重姿勢を示しているが、ドル安とポンド安が助長した格好で底堅い展開を見せている。ドル円と同様に、拙速的に買われすぎた側面があり、ある程度の乱高下は想定せざるを得ず、相場が大きく動意づいてからの始動が賢明であろう。

Posted at 10時02分 パーマリンク


2017年07月18日(火)

日米欧の金融政策の相違!円キャリートレード志向強まる?

PDFファイル(673KB)

ペットチャート (673KB)

予想レンジ
ドル円     112.00〜113.50
ユーロ円    128.50〜129.80
ユーロドル   1.1350〜1.1530
豪ドル円    87.00〜88.50

***********************

先のイエレンFRB議長の議会証言において、インフレの動向を注視する旨を述べていたが、先週末に発表された米消費者物価(CPI)や小売売上高が弱い内容となったことが嫌気される中、米債券利回りの伸び悩みも加わり、市場は年内に追加利上げに踏み切れるか懐疑的になっている。一部では早々に9月の利上げ予想から12月に先延ばしされる可能性から、ドルの調整売りが優勢になっている。ただ、NYダウは相も変わらず史上最高値圏で推移、また、米企業の好決算もあり、相対的に市場は過剰反応している嫌いは否めないだろう。

一方、ドル円は3連休の関係上、ドル円112円台半ば前後で調整色を強めている。相対的に各中央銀行の金融政策スタンスの相違がある以上、円キャリートレードが常に意識される相場環境にあり、下値余地は限られている。今週は日銀金融決定会合が控える中、黒田日銀総裁はインフレ目標2%達成に固執しているが、既にマイナス金利導入の弊害論も台頭している関係上、欧米に追従する格好で金利先高観測を匂わすような政策方針に転嫁すべき時期が到来しているとも言える。

他方、ユーロドルはドル売り助長された格好で再びユーロドル1.15台が視野に入りつつある.ただ、短期筋としても、更なる上値トライには材料不足は否めず、上記レベルでは高値掴みには注視し、一旦清算局面と捉えたほうが一考であろう。

Posted at 10時09分 パーマリンク


2017年07月10日(月)

イベント通過後も未だに出口戦略は視界不良!ポジション調整継続中?

PDFファイル(673KB)

ペットチャート (673KB)

予想レンジ
ドル円     113.30〜114.80
ユーロ円    129.00〜130.50
ユーロドル   1.1330〜1.1480
豪ドル円    85.80〜87.30

***********************

先週末発表された米雇用統計の失業率は4.4%と0.1%悪化したが、内容的には非農業部門雇用者数は予想を上回り、また、平均時給は前月比で0.2%と若干弱まったものの、前年比では2.5%上昇しており、依然として金利先高観測は根強いものがある。その中、NYダウは前日比94ドル高、そして、米債券利回りも軒並み上昇基調を維持しており、米金利正常化への期待は増幅している。ただ、世界的なリスク回避の動きが顕在化しており、未だに視界不良の段階にあり、拙速的にドルを買い上がる難しさがある。

一方、ドル円は日米金利差拡大を背景に一時114円台まで回復し、日米の金政策方針の相違は歴然としており、引き続き底堅い展開が予想される。ただ、米貿易収支において、対日赤字が増幅しており、ドル円115円トライには時期尚早とも見方と共に、利益確定売りや実需売りに圧される可能性も高く、当面、レンジ幅を113.50〜115.00円まで拡大し、同レベル前後からナンピン売買で待機策が賢明であろう。

他方、ユーロドルは米雇用統計後も動意薄の展開にあるが、米債券利回りが同時に上昇しているとは言え、ドイツ債利回りも上昇に転じており、ユーロドル1.14前後で試行錯誤が続いている。ただ、ユーロ円をはじめに、クロス円全般が底堅いだけに、下値は限定的と見なした方が無難であろう。ただ、米欧の出口戦略の面では、ECBがやや遅れをとっており、ユーロドル1.14台半ば上からの高値掴みには要注意だろう。

Posted at 10時02分 パーマリンク


2017年07月03日(月)

タイトル無し

予想レンジ
ドル円     111.50〜113.00
ユーロ円    127.50〜129.00
ユーロドル   1.1350〜1.1480
豪ドル円    85.50〜87.00

***********************

米国の早期利上げ観測が燻る中、日銀は未だにマイナス金利からの脱却に苦慮しており、出口戦略が見いだせない状況にある。反面、英国を含み欧州諸国が金融緩和縮小を目指す動きが強まり、市場はドル安と同時に円安に追いやられた感が強い。この一週間でユーロ、ポンド、そして、資源国通貨などは対円で3.5%程度上昇、市場は大量のストップロスを巻き込みながら様変わりの様相を呈している。ただ、これ以上円安進行は、米国のみならず、他の主要国からも貿易不均衡問題が再燃する可能性も捨てきれず、日銀としても、過度な円安局面を手放しで喜べないジレンマ状態にあるのかもしれず、相場の難易度を更に深めている。

一方、ドル円は日米金利差拡大、そして、クロス円の強含みなどを踏まえて、引き続き底堅い展開が予想されるが、ドル円113円トライが実現すれば、次なる大きな節目ドル円115円が否応なしに意識されるだけに、基本的にはドル円が下落した際の買戻しに比重を置く方が無難であろう。

他方、ユーロドルは、今週は米雇用統計をはじめとし、複数の米経済指標の発表も控えており、引き続き波乱含みの展開が予想されるが、ECBは金融緩和縮小の方向性を示してはいるが、利上げを催促するまでには至っておらず、相対的に買われすぎの段階に差し掛かっている。レンジ幅を1.1350〜1.1500まで拡大し、同レベル前後からのナンピン売買が一考であろう。

Posted at 10時10分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

ケンティッシュジャパン代表取締役

鈴木郁雄

オーバーシーズユニオン銀行入行後、フランスの3大銀行のひとつであるソシエテジェネル銀行東京支店に勤務、外国資金本部長として20年間のディーリング経験を持ち、為替のみならず今話題のデリバティブ業務を日本に導入し、ディーリング部門を統括し、多大な成果を挙げる。01年10月為替投資顧問会社ケンティッシュ ジャパンを設立、今現在も邦銀大手ならびにロンドン・ニューヨークなどの外銀ディーラーとの親密な情報交換し、投資家心理を加えた独自の分析には定評がある。

活動状況

新外為の森
ケンティッシュ・ジャパンのHP。日刊・週刊レポートからペットでも判る簡単チャートまで。

2017/7

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.