RSSリーダーに登録を。クリックして詳細を  

HOMEへ朝倉さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん水谷さん

広告

2018年03月26日(月)

トランプ乱気流で視界不良!?

PDFファイル(676KB)

ペットチャート (676KB)

予想レンジ
ドル円     104.00〜105.80
ユーロ円    128.50〜130.00
ユーロドル   1.2270〜1.2400
豪ドル円    80.00〜81.30

**********************

トランプ大統領は貿易戦争に突入しても意に介さないことを表明してはいるが、EU、カナダ、メキシコなどを対象外にしており、中国並びに日本がターゲットであることは間違いないのが現状である。ただ、トランプ政権が中国の知的財産権侵害に対抗し、最大で年間600億ドル規模の関税を検討、また、対中貿易において、1000億ドルの貿易赤字削減が狙いとみられているが、中国側の報復措置を見極めるまでは、有言実行できるかどうかは懐疑的である。一部では米債券の最大保有国である中国が対抗措置として、米債売却に向かうとの憶測もあるが、実際には米債券利回りの急上昇を背景に、世界的な株安が更に進行する中、米国は財政難、日本は円高加速、そして、中国にとっても大規模な含み損を抱えることにもなり、単なる憶測の段階にすぎないと見なした方が無難かもしれない。いずれにしても、米中の着地点が視界不良である以上、株式市場を筆頭に、為替並びに債券相場の乱高下が予想されるだけに、相場が動意づいてからの始動を心掛けるべきであろう。

一方、ドル円は貿易戦争が進行すれば、株安懸念を踏まえながら、必然的に次なる心理的節目100円割れが意識されつつある。ただ、ドル安は米貿易収支改善には一時的に貢献するであろうが、世界的な自由貿易に反する行為でもあり、また、本質的には強いドルを強調している米国にとっても、ドルの信頼性を損なうことにもなりかねず、ある程度の妥協点を見出すしか選択肢はないだろう。当面、戻り売り優先の展開は否めないが、レンジ幅をドル円104.00〜106.00円まで拡大し、少なめの売買で対応することが賢明であろう。

他方、ユーロドルは米ドル、円、そして、ポンドの動向に委ねられており、安易に方向性が見出せない相場環境にある。EUが米国の輸入関税では対象外になっているが、間接的には対象国である中国側からの影響を看過できないだけに、引き続き直近のレンジ幅ユーロドル1.2250〜1.2400重視で待機策が一考であろう。


Posted at 10時00分 パーマリンク


2018年03月19日(月)

トランプ劇場に過剰反応は禁物!?

PDFファイル(680KB)

ペットチャート (680KB)

予想レンジ
ドル円     105.30〜106.80
ユーロ円    129.50〜130.80
ユーロドル   1.2220〜1.2350
豪ドル円    81.00〜82.50

**********************

米国を取り巻く経済環境は先の美雇用統計の完全雇用を踏まえながら、NYダウ平均株価が堅調に推移、米債券利回りの上昇などを背景に、今週のFOMCでの利上げ観測は確実実視されているが、米10年債利回り3%が壁になっており、拙速的にドルを買い戻す雰囲気とは言い難い。その中、市場はトランプ政権の相次ぐ側近の解任劇により、トランプ政権の運営能力の脆弱性が問われ始めている。原則的には米中間選挙を睨みの支持率低下阻止なのであろうが、米国保護主義を理由に法人税引き下げや輸入関税の引き上げなどの強硬策にしか選択肢はないのが現状なのかもしれない。ただ、米与党共和党内でも反論が出ているように、トランプ大統領の筋書き通りには事が運ぶかはかなり懐疑的になっており、ドルの更なる上昇局面では戻り売り優勢と見なした方が賢明であろう。

一方、ドル円は106円台を回復しているものの、依然として、貿易戦争懸念を背景に実需や利益確定売りもドル円107円前後では随所に散見されており、戻りの鈍さに繋がっている。ただ、日米金利差を背景とした機関投資家やヘッジファンドのドルロング志向は健在であり、ドル円105円台半ば割れからのショートは自重局面と見なした方が無難であろう。

他方、ユーロドルはECBの出口戦略に対する期待もあるが、反面、先のドラギECB総裁の慎重姿勢もあり、金融緩和縮小には時期尚早との見方が少なくない。当面、FOMCの利上げ後の影響を見極めた上での政策方針に転じる可能性が高く、引き続き戻り売り優先の展開は否めないだろう。


Posted at 10時00分 パーマリンク


2018年03月12日(月)

売買材料盛り沢山!相場の動意を待ってナンピン売買?

PDFファイル(679KB)

ペットチャート (679KB)

予想レンジ
ドル円     106.30〜107.50
ユーロ円    130.80〜132.00
ユーロドル   1.2250〜1.2380
豪ドル円    83.00〜84.50

**********************

先週末発表された米雇用統計は非農業部門雇用者数(NFP)が30万人超増加したものの、注目の平均時給は前年比2.6%と伸び悩む中、米債券利回りは上昇、そして、NYダウ平均株価は前日比440ドル高と大幅に反発しており、依然として、米利上げ観測は年内3〜4回程度で据え置かれており、また、米朝会談が現実味を帯び始めたことから、株式並びに為替相場にも安堵感が広がり、相対的にドルを買い戻す動きが優勢になっている。ただ、依然として、米国が保護主義政策を貫いており、過度なドル高に対する警戒感は払しょくできておらず、もう一段のドル高局面では一旦清算入りとなる可能性が強いだろう。

一方、ドル円は株高と米債券利回りの上昇、そして、地政学的リスクの後退などを背景に底堅い展開が予想されるが、ドル円107円台では随所に利益確定売りや実需売りが控えており、加速的な上昇は望みにくい状況にある。いずれにしても、政府日銀による異次元の金融緩和策の持続性からも下値は限定的ではあるが、米朝会談の成り行きを見極めるまで突発的な事態を想定せざるを得ず、当面、直近のレンジ幅ドル円106.00〜107.50円で待機策に努めることが賢明であろう。

他方、ユーロドルは1.23ドル台を回復してはいるが、先のECB理事会の出口戦略の不透明さ、そして、ユーロ高けん制を踏まえたストップロスが優先されており、上値は限定的と見なした方が無難であり、引き続きレンジ幅ユーロドル1.2250〜1.2400重視で対応することが得策であろう。

Posted at 10時03分 パーマリンク


2018年03月05日(月)

トランプ米大統領発言に過剰反応?

PDFファイル(678KB)

ペットチャート (678KB)

予想レンジ
ドル円     105.00〜106.50
ユーロ円    129.50〜130.70
ユーロドル   1.2250〜1.2380
豪ドル円    81.30〜82.50

**********************

市場はトランプ大統領の一連の関税措置による保護主義の動きに関心を強めている。その中、同大統領が貿易戦争は良いものであり、勝つのは簡単であると述べるなど、暗にドル高けん制の動きに警戒感を強めている。反面、各国からはトランプ政権の不可解な発言に翻弄される中、EU側からは米国からの輸入に25%の関税を課す計画も検討されているとの報道も伝わるなど、相場全般が通貨安競争を背景に、不安定極まりない展開に陥りつつある。

一方、ドル円は一時105円台前半まで下落しており、株価や債券動向次第では心理的節目ドル円105円割れも意識せざるを得ない状況に置かれている。その中、黒田日銀総裁は2019年度にはインフレが2%に達成する可能性が高いと確信しており、出口戦略に意欲的な発言したことも円買いを誘引している。たた、ドル円105円割れを目前に過剰反応した嫌いは否めず、同レベル前後からの反発に配慮したポジショニングが求められるだけに、相場が大きく動意づくまでは少なめの売買で対応することが望ましいだろう。

他方、ユーロドルはドル高けん制の動きと共に、ユーロドル1.23ドル台を回復してはいるが、自律反発の段階とは言い難い状況にある。不安視されたドイツ政局は大連立の決着で一応回避されてはいるが、英EU離脱問題やイタリアの政局不安などは払しょく出来ておらず、依然として、戻り売り優先の展開と見なした方が無難であろう。

Posted at 10時03分 パーマリンク


2018年02月26日(月)

円安修正局面!心地よいレベル?

PDFファイル(679KB)

ペットチャート (679KB)

予想レンジ
ドル円     106.30〜107.50
ユーロ円    130.80〜132.00
ユーロドル   1.2250〜1.2380
豪ドル円    83.00〜84.30

**********************

米国債利回りが再び低下傾向を示す中、NYダウ平均株価は前日比347ドル高と一気に25,000ドル台を回復している。相対的には米10年債利回りは心理的節目3%達成目前で失速した格好ではあるが、株式市場には好影響を与えており、今後も米債券動向の行方に振り回される展開が余儀なくされている。その中、複数の米連銀総裁の発言が相次いでいるが、概ね世界経済の景況感を背景に、FRBの金融政策の枠組みの変更はハードルが高いが、確実にインフレ2%達成目標に向かっており、年終盤に枠組みの変更を検討する旨などが指摘されている。ただ、世界経済がグローバル化と共に、実質金利の低迷を横目に、依然として、金融緩和政策を軸に経済の活性化を目指しているのが現状であり、一方的な米債券利回りの上昇には違和感が生じている。

一方、ドル円は株高には反応薄であるが、ドル円相場としては、年初の高値圏113円前後から5%超下落する中、ユーロ円を筆頭にクロス円相場に対しても、概ね5%程度円高が進行している。ある意味では過度な円安相場が正常化し、円高相場が最終局面を迎えているのかもしれない。引き続き一喜一憂することなく、レンジ幅ドル円106.00〜108.00円重視で対応することが賢明であろう

他方、ユーロドルはユーロロング高止まりを背景に、引き続き戻り売りが優勢であるが、ドル高けん制とユーロ高けん制に挟まれ、安易に身動きが取りづらい相場環境にあるが、米債券利回りの伸び悩みもあり、拙速的に売り下がる状況ではなく、引き続き、直近のレンジ幅ユーロドル1.2250〜1.2400を重視し、同レベル前後からのナンピン売買で対応することが一考であろう。


Posted at 10時00分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

ケンティッシュジャパン代表取締役

鈴木郁雄

オーバーシーズユニオン銀行入行後、フランスの3大銀行のひとつであるソシエテジェネル銀行東京支店に勤務、外国資金本部長として20年間のディーリング経験を持ち、為替のみならず今話題のデリバティブ業務を日本に導入し、ディーリング部門を統括し、多大な成果を挙げる。01年10月為替投資顧問会社ケンティッシュ ジャパンを設立、今現在も邦銀大手ならびにロンドン・ニューヨークなどの外銀ディーラーとの親密な情報交換し、投資家心理を加えた独自の分析には定評がある。

活動状況

新外為の森
ケンティッシュ・ジャパンのHP。日刊・週刊レポートからペットでも判る簡単チャートまで。

2018/3

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.