RSSリーダーに登録を。クリックして詳細を  

HOMEへ朝倉さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん水谷さん

広告

2019年02月18日(月)

トランプ劇場に陰り!過度なドル高期待は自重局面?

PDFファイル(773KB)

乖離幅チャート (773KB)

予想レンジ
ドル円     110.00〜111.00
ユーロ円    124.00〜125.00
ユーロドル   1.1230〜1.1350
豪ドル円    78.30〜79.50

******************************

北京で開催されていた米中貿易協議は合意には至らず、原則的には米中間の隔たりは否めないが、米中双方からは通商協議は多くの点で合意に近づいていとの感触は得たと伝えられている。そして、NYダウ平均株価は前日比443ドル高と大幅に反発しており、ドルを買い戻す動きが優勢になっている。その中、トランプ大統領は国境の壁予算確保で非常事態宣言に署名、米民主党から法的措置が出す旨が伝えられており、トランプ大統領の取り巻く環境は悪化の一途と言えるが、米中首脳会談や米朝首脳会談を前にして、弱気姿勢は見せたくないのが本音であり、今後も引き続き強硬姿勢を貫く可能性が高いだけに、再び政府機関が閉鎖に追い込まれる可能性もあるだけに、ドルの更なる上昇局面では一旦清算入りと見なした方が無難であろう。

一方、ドル円は株高を背景に底堅い展開ではあるが、更なる上昇局面では、ドル円111円前後から随所に実需や利益確定売りが散見されており、引き続き相場が動意づくまでは、レンジ幅ドル円110.00〜111.00円重視で対応することが賢明であろう。

他方、ユーロドルは一時1.13台を回復したが、更なる買い材料に乏しく、引き続き戻り売り優先の展開を強いられている。現状では米ドル主導の展開であり、ドル円と同様に、レンジ幅ユーロドル1.1250〜1.1350重視で待機策が得策であろう。

Posted at 10時02分 パーマリンク


2019年02月12日(火)

不透明感一色!ドル買い戻し優勢?

PDFファイル(772KB)

ペットチャート (772KB)

予想レンジ
ドル円     109.80〜110.80
ユーロ円    124.00〜125.00
ユーロドル   1.1230〜1.1330
豪ドル円    77.50〜78.50

******************************

米中貿易協議が再開される中、相対的には期待感を踏まえながらドルを買い戻す動きが優勢になっている。一部報道では米中首脳会談が関税引き上げの猶予期限である3月1日より前に行われる予定であったが、米朝首脳会談が今月末に控えており、米中貿易戦争の進捗状況が掴みづらい状況にあるだけに、引き続き相場が大きく動意づいてからの始動を心掛けるのが得策であろう。いずれにしても、中国経済の減速懸念がある以上、対中貿易に比重がかかっている欧州圏、オセアニア、そして、新興国の経済減速に繋がる可能性が高く、ドル買い戻しに重点を置いた戦略性が求められる。

一方、ドル円はFRBの利上げ観測は後退しているものの、相対的なリスク許容度の改善もあり、ドル円110円台を回復している。ただ、依然として、市場のポジション解消志向は根強く、ドル円110円台半ば以上では利益確定売りや実需売りが散見されるなど、加速的なドル円の上昇は見込みづらい状況にある。当面、レンジ幅をドル円110.00〜111.00円まで拡大し、同レベル前後からのナンピン売買で対応することが賢明であろう。

他方、ユーロドルは英EU離脱懸念やドイツ経済の減速懸念もあり、ユーロ圏経済への不透明感を背景に、ユーロの戻り売りが優勢になっている。目先は昨年11月の安値ユーロドル1.1215前後が意識されるが、既に悪材料出尽くし感を踏まえた買戻しも随所時に散見されており、過度なユーロ安期待は自重局面にある。ただ、現時点ではストップロス優先の展開にあるだけに、戻りは限定的と判断し、レンジ幅をユーロドル1.1200〜1.1350まで拡大し、同レベル前後からのナンピン売買が無難であろう。

Posted at 10時00分 パーマリンク


2019年02月04日(月)

米利上げ観測後退も金利の優位性不変!

PDFファイル(773KB)

ペットチャート (773KB)

予想レンジ
ドル円     109.00〜110.00
ユーロ円    124.80〜126.00
ユーロドル   1.1400〜1.1500
豪ドル円    78.80〜80.00

******************************

先週末発表された1月米雇用統計は失業率が3.9%から4%へと若干悪化したが、非農業部門雇用者数(NFP)が30.4万人増と予想を上回る内容となり、また、ISM指数も前回分を上回り、米景況の良さが意識される中、ドルを買い戻す動きが優勢になっている。ただ、米政府機関閉鎖の影響がすべて含まれていたかは定かでは無く、過度なドル高期待には繋がらないと見なした方が無難であろう。引き続き米中通商協議の結果待ちであることには大きな変化はなく、直近のレンジ幅重視で待機策が賢明であろう。その中、米政府機関の閉鎖が一時的に解除されたとは言え、トランプ大統領はメキシコの壁建設に非常事態宣言を検討と述べるなど波紋を投げかけているが、明日にも施政方針を示す一般教書演説において、無理難題を押し付ける可能性があり、ドルの更なる上昇には疑問符がついている。

一方、ドル円は再び節目のドル円110円台が意識されているが、同レベル前後では実需や利益確定売りが満遍なく控えており、一旦清算レベルにあると見なした方が一考であり、引き続き相場が動意づくまではレンジ幅ドル円109.00〜110.00円重視で対応することが賢明であろう。

他方、ユーロドルは米利上げ期待が大きく後退する中、米ドル主導で底堅い状況にはあるが、ただ、ユーロ自体もECBが慎重姿勢を強めており、自律反発には程遠い状況にある。引き続きレンジ幅ユーロドル1.1400〜1.1500重視で待機策が無難であろう。


Posted at 10時02分 パーマリンク


2019年01月28日(月)

トランプ大統領一歩前進も未だに不十分?

PDFファイル(776KB)

ペットチャート (776KB)

予想レンジ
ドル円     109.00〜110.00
ユーロ円    124.30〜125.50
ユーロドル   1.1330〜1.1450
豪ドル円    78.00〜79.30

******************************

今週の米中貿易協議を控えて、相対的にポジション調整の動きが優勢になる中、トランプ米大統領は35日間続いた政府機関の一部閉鎖を解除する法案に署名、来月15日までの期限付きで、政府機関の運営を再開することを決定したが、メキシコ国境の壁建設費用は合意に含まれておらず、トランプ大統領は、国家非常事態の宣言によって壁建設費用の要求は続けると表明している。今後、議会と公平な取引ができない場合、政府は2月15日に再び閉鎖する可能性を主張している。ただ、既にトランプ大統領の支持率低下が余儀なくされており、再度米政府機関が閉鎖に追い込まれる可能性はほとんどないとの見方が支配的になっている。

一方、ドル円は米政府機関閉鎖解除を踏まえて、NYダウは前日比183ドル高と反発しており、相対的にはドル買い戻しが優勢になっているが、ドル円110円台には届かず、改めて上値の重さが意識されている。ただ、米債券利回りも軒並み上昇しており、拙速的な下値トライには慎重になっている。引き続き、レンジ幅ドル円109.00〜110.00円重視で対応することが賢明であろう。

他方、ユーロドルは拙速的に買い上がる雰囲気に至っていないが、3月のEU離脱期限の延長の可能性が有力視される中、ポンドの買い戻しが急を告げており、ユーロドルは1.14台へと連れ高現象を起こしている。ただ更なる上値トライには慎重になっており、引き続きレンジ幅ユーロドル1.1330~1.1450重視で待機策が一考であろう。

Posted at 10時02分 パーマリンク


2019年01月21日(月)

米中貿易摩擦緩和期待は懐疑的!?

PDFファイル(775KB)

ペットチャート (775KB)

予想レンジ
ドル円     109.00〜110.30
ユーロ円    124.00〜125.30
ユーロドル   1.1300〜1.1430
豪ドル円    78.00〜79.30

******************************

米中通商協議の進展期待を受けて、米国株式市場は3業種揃って続伸、そして、米債券利回りも上昇基調を強めるなど、相対的にドルを買い戻す動きが優勢になっている。現時点ではムニューシン米財務長官が中国への関税引き下げを提案したとの憶測が先行しており、未だに米中貿易戦争の行方には懐疑的な見方も広がっているが、米政府機関の閉鎖が長期化に関しては、トランプ大統領としても、これ以上放置出来ない段階まで悪化しているとの見方も少なく無い。また、米中貿易摩擦が更に深刻化すれば、世界経済のみならず、米経済にも跳ね返ってくることは必至であり、トランプ大統領も苦渋の選択を強いられる可能性があり、ある程度の波乱含みの展開にならざるを得ないだろう。

一方、ドル円は株高や米債券利回りの上昇を背景に、節目のドル円110円目前まで買い戻されている。ただ、相も変わらず、同レベルでは実需や利益確定売りが散見されており、拙速的な上値トライには違和感が生じている。同レベルでは一旦清算局面入りと見なした方が無難であろう。

他方、ユーロドルは特に目新しい材料はない中、ドルの買い戻しを踏まえて、ユーロドル1.13台半ば前後まで下げ足を速めているが、ドル自体も不安材料を抱えており、過度なユーロ安期待は自重し、引き続きレンジ幅ユーロドル1.1300〜1.1450重視で待機策に努めることが賢明であろう。

Posted at 10時02分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

ケンティッシュジャパン代表取締役

鈴木郁雄

オーバーシーズユニオン銀行入行後、フランスの3大銀行のひとつであるソシエテジェネル銀行東京支店に勤務、外国資金本部長として20年間のディーリング経験を持ち、為替のみならず今話題のデリバティブ業務を日本に導入し、ディーリング部門を統括し、多大な成果を挙げる。01年10月為替投資顧問会社ケンティッシュ ジャパンを設立、今現在も邦銀大手ならびにロンドン・ニューヨークなどの外銀ディーラーとの親密な情報交換し、投資家心理を加えた独自の分析には定評がある。

活動状況

新外為の森
ケンティッシュ・ジャパンのHP。日刊・週刊レポートからペットでも判る簡単チャートまで。

2019/2

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.