RSSリーダーに登録を。クリックして詳細を  

HOMEへ朝倉さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん水谷さん

広告

2020年02月03日(月)

難題山積中!過剰期待禁物?

PDFファイル(809KB)

ペットチャート (809KB)

予想レンジ
ドル円     108.00〜109.00
ユーロ円    119.70〜120.70
ユーロドル   1.1050〜1.1150
豪ドル円    72.00〜73.00

******************************

市場の関心が新型コロナウィルスの感染拡大懸念に集まる中、未だに収束の兆しが見えておらず、市場心理の冷え込むと共に、積極的にポジションを取り切れない状態が続いている。表面的にはリスク回避の動きはやや緩和されてはいるが、発生源が世界第2位の経済大国である中国であり、今後、中国経済の後退が予想される中、依存度の高い各国への影響を及ぼす可能性があり、依然として、様々な材料が絡むと共に、疑心暗鬼の相場展開と言わざるを得ないだろう。その中、英国は欧州連合(EU)を正式にEUを離脱、今後は英国とEUが年末までに包括的な貿易協定で合意する必要があるだけに、英国及びEU加盟国にとっても、いばらの道が続くとの見方が少なく無い。また、英国に続き他の27か国からもEUを離脱するとの憶測も浮上するなど、引き続き為替相場のかく乱要因になる可能性があるだけに、当面、ストップロスの配置に重点を置いた売買が求められる。

一方、ドル円はNYダウが前日比603ドル安と大幅に下落する中、東京株式市場の大幅下落を備えて、安全資産である円買いに弾みがついている。年初のドル円108円割れまで警戒感を強めてはいるが、相対的には中国本土のウィルス感染の進捗状況次第であるが、中国の感染者数は氷山の一角との声も少なく無く、当面、収束の兆しが見えるまでは、引き続きレンジ幅ドル円108.00〜109.00円を重視し、同レベルから少なめのナンピン売買で対応することが賢明であろう。

他方、ユーロドルは米ドル主導で一見底堅い展開ではあるが、更なる買い材料となると力不足は否めず、過度なユーロドル高期待は自重局面にある。引き続きレンジ幅ユーロドル1.1050〜1.1150を重視し、同レベルからのナンピン売買が一考であろう。

Posted at 09時54分 パーマリンク


2020年01月27日(月)

ウィルス感染拡大で視界不良の展開へ!?

PDFファイル(815KB)

ペットチャート (815KB)

予想レンジ
ドル円     108.50〜109.50
ユーロ円    119.50〜121.50
ユーロドル   1.0980〜1.1080
豪ドル円    73.50〜74.50

******************************

新型コロナウイルスの感染拡大懸念が重石となる中、米国株式市場ではNYダウ平均株価が前日比170ドル安となり、ドルの調整売りが優先されている。 その中、中国政府は本日から海外旅行を含む全ての団体旅行を一時停止すると発表している。春節(旧正月)の大型連休が始まったばかりであり、更なる拡大懸念を踏まえた緊急措置であるが、未だに感染者数は不透明との見方が絶えず、如何に深刻な状態に置かれていることが改めて意識されている。市場はリスク回避主導でポジションの縮小を念頭に、米10年債利回りは1.7%割れまで低下、また、他の主要国の債券利回りも軒並み低下傾向を招いており、安易にポジションを取り切れない相場環境に直面している。

一方、ドル円はリスク回避的な円買いを踏まえながら、ストップロスを巻き込み足早にドル円109円割れになるなど警戒感を強めている。中国本土でウィルス感染が収束すれば、一過性の円買い局面と受け取られるが、今後のウィルスの感染状況次第では円売りに飛び火する可能性も否定できず、当面、レンジ幅ドル円108.50〜109.50円を重視し、少なめのナンピン売買で対応することが賢明であろう。

他方、ユーロドルはラガルドECB総裁が市場は戦略見直し作業に過度の注意払うべきではない言及しているが、英EU離脱の決定などをうけて、相対的な手詰まり感は否めず、引き続き戻り売り優先の展開を強いられている。引き続きレンジ幅ユーロドル1.0980〜1.1080を重視し、同レベル前後からナンピン売買が一考であろう。

Posted at 10時00分 パーマリンク


2020年01月20日(月)

ドル買い戻し条件満載!調整売り主導の展開近し?

PDFファイル(815KB)

ペットチャート (815KB)

予想レンジ
ドル円     109.70〜110.50
ユーロ円    121.70〜122.70
ユーロドル   1.1050〜1.1150
豪ドル円    75.20〜76.20

******************************

米中貿易交渉の第1段階の合意署名を受けて、相対的に市場には安堵感が広がってはいるが、第2段階の合意を得るまでは紆余曲折があると見なした方が無難であろう。その中、米株式相場は3日続伸、主要株価指数は再び最高値を更新するなど米景況感の良さが改めて意識されている。市場はトランプ政権による米国ファーストが米国の内需拡大を背景に米貿易赤字の減少期待が強まりつつあるが、今後は中国が如何なる報復措置を実施するかに関心が寄せられている。トランプ大統領としては、11月の選挙において再選が確実視されるまで、現状の政策方針を変更する可能性は低く、米国株式市場の原動力になっている。反面、中国経済の減速懸念が危惧される中、世界経済の停滞を招き兼ねないだけに、米国としても、現行の強行姿勢を維持するジレンマに直面しているとも言えるかもしれない。

一方、ドル円は110円台を維持してはいるが、日米金利差や株高基調を背景に底堅い展開は否めない。ただ、依然として、株価に対する高値警戒感やドル高懸念が払拭できておらず、更なる上昇局面では一旦清算入りと見なした方が無難であろう。引き続きレンジ幅ドル円109.80〜110.80円を重視し、同レベル前後からナンピン売買が一考であろう。

他方、ユーロドルはドル買い戻しが優勢の中、徐々に下値を模索する展開ではあるが、依然として、ユーロドル1.100前後で割安感の買いや利益確定買いが控えており、拙速的な下値トライは自重局面にある。引き続きレンジ幅ユーロドル1.1050〜1.1150を重視し、同レベル前後からナンピン売買が賢明であろ
う。

Posted at 17時27分 パーマリンク


2020年01月14日(火)

中東情勢で一喜一憂!波乱含みの展開継続中?

PDFファイル(816KB)

ペットチャート (816KB)

予想レンジ
ドル円     109.30〜110.30
ユーロ円    121.70〜122.70
ユーロドル   1.1080〜1.1180
豪ドル円    75.30〜76.30

******************************

中東情勢に対する緊張感が高まる中、 先週末に発表された12月米雇用統計では失業率は3.5%を維持したものの、非農業部門雇用者数は14.5万人増と事前予想16万人に届かず、また、平均時給も前月比+0.1%といずれも事前予想を下回り、一時的にドルを手仕舞う動きが優先されたが、注目されていたイラン側の報復措置ではイランが否定していたウクライナ国際航空の旅客機撃墜を一転して認めており、中東情勢が沈静化に向うとの期待を踏まえドルを買い戻す動きと共に、米国株式市場は3業種揃って史上最高値を更新するなど、市場自体は期待先行相場と化している。そして、今週は米中の貿易合意署名を控える中、人民元も昨年7月以来の高値圏で推移しており、米中貿易問題も一旦小休止するとの見方もあり、相対的にリスク回避志向が後退する中、ドルロングに傾斜し易い相場展開になっている。

一方、ドル円は中東情勢の緊迫化や米中貿易問題が小康状態にあり、次なる節目ドル円110円トライが時間の問題になっている。ただ、依然として、実需売りやポジション調整売りが散見されており、拙速的な上値トライには慎重になっており、引き続きレンジ幅ドル円109.30〜110.30円を重視し、同レベル前後からナンピン売買が賢明であろう。

他方、ユーロドルは英EU離脱を巡る不透明感が燻る中、ポンド安が一服すると共に、中東情勢の沈静化期待も手伝い、下値は限定的になっているが、引き続き流動的な相場展開には変わりがなく、レンジ幅ユーロドル1.1070〜1.1170を重視し、同レベル前後からナンピン売買が賢明であろう。


Posted at 10時00分 パーマリンク


2020年01月06日(月)

米中覇権争い・米イラン報復合戦で視界不良のマーケット!?

PDFファイル(817KB)

ペットチャート (817KB)

予想レンジ
ドル円     107.50〜108.80
ユーロ円    120.00〜121.00
ユーロドル   1.1100〜1.1200
豪ドル円    74.50〜75.70

******************************

トランプ米大統領の指示により、イラン革命軍の司令官が空爆で殺害されたことが報じられる中、イラン最高指導者や革命防衛隊は米国に報復すると表明しており、年明けの市場は俄かに緊張感が高まっている。その中、株式市場も全般的に調整売りが優先され、また、原油相場も上昇度を強めている。そして、為替市場ではドル売りと安全資産の円買いに集中しやすい相場環境を作り出している。また、米債券利回りも1.18%割れになるなど、ポジションの手仕舞が急がれるなど、先行き不透明感が増幅中している。当面、米中の貿易問題から離れて、米イランの報復合戦の動向に配慮し、ポジション調整主導の展開にならざるを得ない。ファンダメンタル分析上から判断すれば、一過性のドル売り及び円買いに留まる公算も高いだろうが、基本的には相場が大きく動意づいてからの始動を心掛けるのが得策であろう。

一方、ドル円はリスク回避の動きが優先される中、12月ISM製造業景気指数が予想外の弱さだったことがドル売り志向を強めている。ドル円は一時108円台割れとなるなど戻りの鈍さが目立っており、もう一段の円高局面を想定せざるを得ない。ただ、同レベルでは実需及び利益確定買いが随所に散見されており、拙速的に下値トライの雰囲気はない。引き続きレンジ幅ドル円107.50〜108.80円を重視し、同レベル前後からナンピン売買が一考であろう。

他方、ユーロドルは中東情勢の悪化懸念もあり、引き続き戻り売りが優先されている。いずれにしても、米ドル主導の展開は否めない状況には変わりがないだけに、引き続き直近のレンジ幅ユーロドル1.1100〜1.1200を重視し、同レベルからナンピン売買が賢明であろう。

Posted at 10時00分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

ケンティッシュジャパン代表取締役

鈴木郁雄

オーバーシーズユニオン銀行入行後、フランスの3大銀行のひとつであるソシエテジェネル銀行東京支店に勤務、外国資金本部長として20年間のディーリング経験を持ち、為替のみならず今話題のデリバティブ業務を日本に導入し、ディーリング部門を統括し、多大な成果を挙げる。01年10月為替投資顧問会社ケンティッシュ ジャパンを設立、今現在も邦銀大手ならびにロンドン・ニューヨークなどの外銀ディーラーとの親密な情報交換し、投資家心理を加えた独自の分析には定評がある。

活動状況

新外為の森
ケンティッシュ・ジャパンのHP。日刊・週刊レポートからペットでも判る簡単チャートまで。

2020/2

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.