RSSリーダーに登録を。クリックして詳細を  

HOMEへ朝倉さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん水谷さん

広告

2020年03月09日(月)

リーマンショック以上のコロナショック!世界経済に暗雲?

PDFファイル(818KB)

ペットチャート (818KB)

予想レンジ
ドル円     103.50〜105.30
ユーロ円    117.50〜119.00
ユーロドル   1.1250〜1.1400
豪ドル円    68.00〜69.70

*****************************

先週末に発表された米雇用統計は力強い内容ではあるが、市場の関心は新型ウィルスの感染拡大懸念に固執しており、市場はリスク回避主導の展開を余儀なくされている。米議会では78億ドルのウィルス対策を承認、トランプ大統領も即座に署名したものの、現時点では焼け石に水の状態と化している。その中、米国株式市場は終始軟調に推移し前日比256ドル安に留まってはいるが、過剰流動性資金は安全資産である米国債に急速に流れ込んでおり、米10年債利回りは一時0.7%割れまで急低下するなど、相対的にドルの調整売りが急がれている。

一方、ドル円は米国債利回りの急低下が嫌気される中、ストップロスを巻き込みながら瞬間的にドル円105円を割り込むなど危機感を強めている。トランプ大統領としては再選に向けて、株価維持のためには更に米利下げを主張しており、一部では今月18日のFOMCで追加利下げ可能性もあり得るとの声も聞かれている。ただ、マイナス金利への副作用の抵抗もあり、米金利は現状レベルで下げ止まる公算もあり、現状レベルからドルショートに転じる難しさがある。引き続きレンジ幅ドル円103.50〜105.30円まで拡大し、同レベル前後からナンピン売買が一考であろう。

他方、ユーロドルはドル売り助長され底堅い展開ではあるが、新型ウィルス感染が世界工場である中国のサプライチェーンに影響を及ぼしており、日米欧共に追加緩和策への期待が強まっている。ただ、ECBによるマイナス金利の深堀が経済の活性化に繋がるかは疑問視されており、引き続き戻り売り優勢と見なし、レンジ幅ユーロドル1.1250〜1.1400を重視し、同レベル前後からナンピン売買が賢明であろう。


Posted at 09時54分 パーマリンク


2020年03月02日(月)

ウィルス感染に揺さぶられるマーケット⁉

PDFファイル(810KB)

ペットチャート (810KB)

予想レンジ
ドル円     107.00〜108.30
ユーロ円    118.30〜119.80
ユーロドル   1.0970〜1.1100
豪ドル円    69.50〜71.00

*****************************

ウィルス感染拡大懸念が顕在化する中、世界経済への影響は免れない情勢に直面している。目先の経済対策として、各国は追加緩和政策に依存せざるを得ないが、米国経済は追加緩和の余地を僅かに残しているとは言え、他の主要国はマイナス金利導入や超低金利政策を実施しており、次なる手段は限られているのが現状であり、当面、ウィルス感染の収束を願うしかないのが実状かもしれない。その中、NYダウ平均株価は前日比357ドル安と続落するなど、大きな節目である25,000ドル割れも意識せざるを得ない。今後ウィルス感染拡大が米国経済を直撃する可能性もあり、相対的に、これまでのドルロングを手仕舞う動きが優先されており、ドルを買い戻す動きは萎えている。ただ、悲観的ムードが一掃されれば、最終的にはドル依存体質に回帰せざるを得ず、更なるドルの下値トライには慎重にならざるを得ない。

一方、ドル円は米債券利回りが軒並み低下する中、2年債利回りが1%割れになるなど、FRBの利下げ観測が足かせとなり、ドル円は一気に107円台に突入している。更なる株安懸念を背景に、戻りの鈍い展開を強いられている。引き続きレンジ幅ドル円107.00〜108.30円を重視し、同レベル前後からナンピン売買が賢明であろう。

他方、ユーロドルは特筆すべき買い材料の無い中、ドル売りに助長される格好で1.10台を維持している。引き続き戻り売り優勢の展開には変わりがなく、引き続きレンジ幅ユーロドル1.0970〜1.1100を重視し、同レベル前後からナンピン売買で対応することが一考であろう。

Posted at 09時54分 パーマリンク


2020年02月25日(火)

コロナウィルスショックで視界不良!?

PDFファイル(809KB)

ペットチャート (809KB)

予想レンジ
ドル円     110.00〜111.00
ユーロ円    119.70〜120.70
ユーロドル   1.0800〜1.0900
豪ドル円    72.70〜73.70

*****************************

中国のコロナウィルスが世界的な規模で広がる中、来週5日に予定されていた中国の全人代は延期に追いこまれるなど、中国経済の深刻さを物語っている。その中、先のG20財務相・中央銀行総裁会議では新型コロナウィルス問題に多くの時間を費やしたが、声明には不確実性が一層強まり、世界経済への下振れリスクが根強い旨が盛り込まれている。そして、米30年債利回りが過去最低水準まで低下するなど、リスク回避の動きが一段と強まる中、昨日の株式市場では欧州株が軒並み下落、NYダウ平均株価も1,000ドル超安と急落するなど、市場はコロナショックに振り回されており、為替市場も安易にポジションを取り切れない状態に直面している。

一方、ドル円は日経平均株価の大幅な下落が予想される中、先の米PMIが景気判断の分岐点である50を下回り、2013年以来の低水準に低下したことが嫌気される中、米債券利回りの低下が嫌気されると共に、ドルロングを一旦手仕舞う動きが優先されている、引き続きレンジ幅ドル円110.00〜111.00円を重視し、同レベル前後から少なめの売買で対応する事が一考であろう。

他方、ユーロドルは米ドル主導の展開には変わりがないが、ドルの調整売りも手伝いやや反発に転じている。ただ、依然として、独自の買い材料が乏しいだけに、引き続きレンジ幅ユーロドル1.0800〜1.0900を重視し、同レベル前後からナンピン売買が賢明であろう。


Posted at 10時00分 パーマリンク


2020年02月17日(月)

不確実性相場!ドル買い戻し重視?

PDFファイル(817KB)

ペットチャート (817KB)

予想レンジ
ドル円     109.30〜110.30
ユーロ円    118.50〜119.50
ユーロドル   1.0800〜1.0900
豪ドル円    73.30〜74.30

******************************

市場の関心はウイルス感染の動向に委ねられた感が強く、ウイルス感染が新たなリスクとして捉えている事には間違いない。その中、投資家心理の冷え込みと共にポジションの手仕舞いが急がれているが、現状の経過から判断すれば、ウイルス感染が一過性に終わる可能性は低く、長期化すればするほど世界経済をも揺るがしかねない事態である。今後も株式市場や債券市場、そして、為替市場も不安定な展開を余儀なくされる。ただ、相対的には、中国が発信源である以上、感染拡大がアジア圏中心に広がる可能性が高く、リスク回避手段として、人民元安はもちろん、円安にも傾斜する可能性が残っている。いずれにしても、好調な米経済や金利面での優位性を見る限り、ドルを買い戻す動きが優勢と言わざるを得ないだろう。

一方、ドル円は依然として、節目であるドル円110円台を目前に試行錯誤が続いている。条件的にはドル買い戻しが優勢であり、下値は限定的であるが、ドル円110円台以上では実需や利益確定売りが控えており、拙速的な上値トライには慎重になっている。引き続きレンジ幅ドル円109.30〜110.30円を重視し、同レベル前後からナンピン売買が賢明であろう。

他方、ユーロドルは特筆すべき買い材料の無い中、戻り売りが優先されているが、年初来ユーロドル1.1200前後からの下落が続いており、短期筋としても、更に下値を模索する難しさがある。

Posted at 10時00分 パーマリンク


2020年02月10日(月)

ウィルス迷走中!、翻弄せずに静観?

PDFファイル(816KB)

ペットチャート (816KB)

予想レンジ
ドル円     109.30〜110.30
ユーロ円    119.70〜120.70
ユーロドル   1.0900〜1.1000
豪ドル円    72.80〜73.80

******************************

先週末発表された1月米雇用統計では非農業部門雇用者数は事前予想16.5万人増から22.5万人増と大方の予想を上回る強い内容ではあったが、米国株式市場では史上最高値を更新していた関係上、NYダウ平均株価が5日ぶりに277ドル安と調整色を強めている。その中、FRBは半期に一度の金融政策報告を提出しているが、相対的な下振れリスクは後退したものの、コロナウイルス感染が新たな脅威であり、世界経済に混乱をもたらす可能性を指摘しており、相対的に市場はリスク回避志向を強めながら安全資産であるドル買いや債券購入に走りやすい展開は否めない。当面、売買材料がウィルスの進捗状況に委ねられている感が強いが、足もとではワクチンが開発中との憶測などを踏まえて、市場全般には悲観論と楽観論が錯綜しやすい相場環境にあるだけに、当面、一喜一憂せずに相場が大きく動意づいてからの始動が無難であろう。

一方、ドル円は依然として、ドル円110円台が意識されてはいるが、未だにウィルス感染拡大に収束感が見えてないだけに、相対的にはリスク回避のドル買い及び円買いに集中しやすい状況にあるが、米金利の優位性により、ドルを買い戻す動きが重視されている。引き続きレンジ幅ドル円109.30〜110.30円を重視し、同レベル前後からナンピン売買が一考であろう。

他方、ユーロドルは英EU離脱が現実味を帯びる中、不安材料が先行すると共に、ポンドの解消売りが優先されるなど、再び戻り売りが優先されている。ただ、下限レベルで推移しており、更なる下値トライは自重局面に差し掛かっている。引き続きレンジ幅ユーロドル1.0900〜1.1000を重視し、同レベル前後からナンピン売買が賢明であろう。

Posted at 09時54分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

ケンティッシュジャパン代表取締役

鈴木郁雄

オーバーシーズユニオン銀行入行後、フランスの3大銀行のひとつであるソシエテジェネル銀行東京支店に勤務、外国資金本部長として20年間のディーリング経験を持ち、為替のみならず今話題のデリバティブ業務を日本に導入し、ディーリング部門を統括し、多大な成果を挙げる。01年10月為替投資顧問会社ケンティッシュ ジャパンを設立、今現在も邦銀大手ならびにロンドン・ニューヨークなどの外銀ディーラーとの親密な情報交換し、投資家心理を加えた独自の分析には定評がある。

活動状況

新外為の森
ケンティッシュ・ジャパンのHP。日刊・週刊レポートからペットでも判る簡単チャートまで。

2020/3

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.