やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2009年01月13日(火)

単なるピエロ(;_;)見た目もピエロ(゜o゜) [やだ的見聞録]

自民党の渡辺元大臣が離党を決断したようだ。お父さんのミッチーと同じように総理になれる男と思っていたが、同じようになれなくなったかもしれない。まぁ、このような決断をするような見識で総理になってもらっては国民が困るから問題はないが・・・。

今、政治がやらなければならないことは、国民生活に空白を作るような選挙ではなく、早い決定をすることである。この経済状況のなかで政局を考える前に国民生活を守ることを考えなければならない。野党が政局をするのはそれが仕事みたいなものだから仕方がない?が、与党が造反するような政局は時期を見定める必要がある。

ええカッコシーをしたいのは分かるが、するなら、マスコミ受け的にも、遅くとも、麻生総理が昨年の補正予算を出さなかった時ではないだろうか。本来、国民生活を考えれば、解散が決まって選挙前と、政治家なら考えるべきであろう。今さら、国民生活をさらに不安定に陥れる政局を仕掛けるべきではない。

今のところ、追随する動きはないと聞くが、見識を持って、追随していないのであれば、仲間であれば、離党を止めるべきであったように思うだが・・・。将来の競争相手を抹殺したというところであろうか。

民主党からすれば笑いが止まらない。政局ばかり言っていて、やっぱり野党だと言われるのが怖いからだ。今のところ、マスコミや国民が応援しているようなので問題はないが、これ以上、不況の中で政局ばかり言って、いつ、マスコミにひっくり返されるかは分からない。

今年は遅かれ早かれ選挙であり、いつやっても民主党が圧勝するという自信があるので、少し慎重になっていたところだったので、追い風の離党劇となりそうだ。



Posted at 06時25分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

『やっぱりと こころで嘆く ロスカット』

『やっぱりと こころで嘆く ロスカット』

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2009/1

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.