やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2009年06月03日(水)

教育的配慮 [やだ的見聞録]

思わず、テレビに向かって『ふざけんな』と言ってしまった。京都教育大学生による集団強姦事件をうけての学長の発言である。事件を知っていたにもかかわらず、『教育的配慮』などと、とぼけたコメントだ。

マスコミもマスコミだ。教育的配慮ってなんなんだ?誰に対する何を配慮したのだろうか。4時間にも及ぶ長い記者会見だったとの報道があるが、記者は何を質問していたのだろうか。

テレビだけ見ていると、同じようにとぼけた質問だっと感じてしまう。警察に届けなかった理由だけを何度も聞いても、同じ答えの繰り返しに決まっているだろう。その答えに対する理由を聞かなければならない。

学長は『公然わいせつ』だとの認識だったとも言っているようだが、またそれが『教育的配慮』に結びついているようだが、このような判断を本当にしているのなら、教育者としての、いや、社会人として常識に欠けているものと思われる。

本来、学校側は、被害者である女子学生とよく話した上で、警察に届けるように促すべき立場であるのに、逆に隠蔽しようとした行為は、特に、このような卑劣な犯罪と考えれば、万死に値する。

結果的に、女子学生に、より辛い思いをさせているのではないだろうか。



Posted at 06時39分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

秋の味覚『富有柿』

秋の味覚『富有柿』

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2009/6

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.