やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2009年07月26日(日)

佐野さん、どした!? [グルメ]

画像(180x119)・拡大画像(319x212)

ラーメン博物館のラーメン屋さんは9軒。食べたこがない店でも、店名は耳にしたことがある有名店ばかり。とてもお腹が空いていたので、どのラーメンからでも良かったが、純粋に素材の味を丁寧に引き出していると思われる、佐野実さんの『支那そばや』の“醤油ラーメン”900円にした。予想通り厳選された素材はとても美味しく、スープも丁寧な仕上がりだった。ただ、最大の欠点がバランスの悪さだ。お腹が一杯でもないのに、このスープとチャーシューが合わさると、脂っこくなり過ぎてむかつく。そんなに脂を使わなくともスープの旨みは十分と引き出す力はあると思うのだが・・・。また、個人的には、基本的に支那そばはサッパリと出汁の利いた醤油ラーメンだと思うが、ここは脂が強くて支那そばとは言えない。素材に拘りすぎ、バランスを欠いたラーメンになってしまったのかもしれない。

そういえば、すでに店を閉めてしまったが、私のお気に入りのラーメン屋だった『麺屋嘉夢蔵』に、佐野さんが製麺の修行に何度か来ていたのだが、その成果があるのかないのか・・・なかなか麺は美味しかったが・・・、スープとの相性はイマイチだった。麺の生地を利用したと思われる“肉まん”だか“ワンタン”のようなものがあったが、これは嘉夢蔵のパクリかな。

期待が大きかっただけに、ちょっとだけガッカリしてしまった。黙って食べるラーメンではなく、人が楽しく、思わず、笑いたくなり、幸せを感じるような美味しいラーメンをお願いします。

参考

画像(180x119)・拡大画像(319x212)

100食限定という“塩ラーメン”1,050円。とても美味しい。こちらは具、スープ、麺のバランスが良い。
ただ、ニンニクチップが安ぽいラーメン屋の誤魔化しに似ている。美味しい塩カップ麺にしてしまった。



Posted at 21時10分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

悪いときは食べて寝る!

悪いときは食べて寝る!

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2009/7

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.