やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2010年01月11日(月)

訪熊3・・・熊本城 [旅]

画像(180x134)・拡大画像(319x239)

いままで、いくつかの大きな地方都市を訪れてきたが、熊本は、どの地方都市とも違う、圧倒されるほどの、一種独特な雰囲気を持っている。文化や歴史があるのは同じであるのだが、培ってきた文化や歴史が、エネルギーの塊となり、パワーの源になっているようだ。一言で表現するならば、独立国家のような存在感、熊本国だ。いくつか具体的な理由を述べると、真意が伝わらなければ、「そんなことで〜」と言われそうなので、言いたくはないが、象徴的存在がこの『熊本城』だ。

画像(180x134)・拡大画像(319x239)

全国すべての城に行ったわけではなく、確認もしていないが、感覚的には、今までに訪れたお城の中で、この『熊本城』が日本一大きな規模であると思う。とても広く、とても綺麗で、とても立派な城だ。日本一のお城と言っても過言ではない。壮大な城壁の曲線美には、ただただ圧倒されるとともに、熊本国の活力ある硬派な国民性の根底に、凛とした美と優しさが流れているように感じる。

画像(134x180)・拡大画像(239x319)

凛といえば、誤解を受けてはいけないので、写真は撮らなかったが、女子高生がとても清々しく見えた。制服をきちっと着用している姿は眩しいくらいだ。感覚的には昔の制服のような、一見、野暮ったいスタイルだが、きちっと着用することで、可愛らしさを引き立て、とても知的で美しい女性にしている。城壁を見たときと似たような衝撃と感動を覚えた。すばらしい文化を持つ熊本国ならではである。タクシー運転手に話すと「田舎の子ですから」と謙遜しながらも「人に不愉快な思いをさせないというプライドが高い県民性でしょう」とも言っていた。暑い日にネクタイを緩めてしまうだらしない私には、肝に銘じなければならない、とても良いプライドだ。清正公もきちっと鎮座している。

画像(180x134)・拡大画像(319x239)

驚いたことに、私の書斎と同じ金の壁紙。デザインまで同じだ。もちろん、書斎は金箔ではないが、これは本物であろうか。凹凸はないので分かりにくいが、一面のっぺりしているのではなく、マスになっている。大げさに言えば、金のタイルを張り詰めたように見える。ちなみに、我が家では、当初はトイレを金にしようかと思っていたが、床が白系の大理石調なので、トイレは銀に替え、書斎に金を持ってきた。

画像(180x134)・拡大画像(319x239)

天守閣から眼下に目をやると、見たことのある茶色いビルが見えた。おう、あれはキャッスルホテルではないか。15年近く昔のことになるが、友人の結婚式で宿泊したことがある。確か参列者が400人ほどいたと記憶しているが、当時は唯一、こなせるホテルだったと言っていたような。この時から、負けず嫌いの私は1000人結婚式をすると言い始めたのだが・・・、いまだに実現していない(>_<)

画像(180x134)・拡大画像(319x239)

金峰山。行って見たかったが・・・。



Posted at 11時54分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

巻いちゃいました(゜o゜)

巻いちゃいました(゜o゜)

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2010/1

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.