やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2005年11月13日(日)

たぶんミッキーは一匹しかいない?! [グルメ]

画像(135x180)・拡大画像(240x320)

たぶん一番怖い

こんばんは・・・ヒロシです。ディズニーランドでミッキーと会うのはなかなか大変とです。今回は会わずじまいでした。家に帰るまでミッキーと会わなかったことに気が付かなかった自分にもビックリしたとです。

高校時代からデートといえばディズニーランドが定番となっており、数え切れないくらい遊びに行ってますが、ミッキーを見かけなかったのは初めてです。ついでに言うと今回が一番混んでいました。むかしからミッキーは5,6匹いるという噂はありますが本当でしょうか。そんだけおれば、会わんことは無いとです。たぶん、ミッキーやミニーに扮した客を見間違えている人がいただけでしょう。やはり、真実は一匹なのだと思う今日この頃でした。


画像(135x180)・拡大画像(240x320)

Xmasツリーもありました

人気のアトラクションは2,3時間の待ちは当たり前でした。FPは2つしかゲットできず、あとは並びました。並んでいて気が付いたのですが、当然誰もが長蛇の列にうんざりしているのだけれども、子どもが意外にも愚痴を言っていないのです。それどころか、一緒に並んでいる親が飽きないように気を使っているのです。子どもとしてはアトラクションに乗りたい一心なのでしょう。とくに3歳から6歳までが顕著でした。親の方がヒステリックになっているのがおかしかったです。幼い頃から気を使う訓練はされているのですね。自分の要求を呑ませるための涙ぐましい努力に、大人になった私ですが参考になりました。ちなみに、一番うるさく愚痴をいい、周りを不愉快にさせていたのは、どのアトラクションの列でもオバサン(60歳前後が多い)グループでした。

画像(135x180)・拡大画像(240x320)

プ〜さんは記念写真でクタクタ

そう言えば、ディズニーランド内にアルコールを出すレストランがあることをご存知だろうか。外見からは決して分からない。ある建物の2Fにあり入り口も一般の人には分からないようになっている。入り口のところには金の蓋のついた電話があり、そこから予約の者ですと連絡すると、お迎えが来て、扉を開け中に入れ、席までエスコートしてくれる。中はアトラクションのシンデレラ城より“本当のシンデレラ城”のような雰囲気である。料理もディズニーランドとは思えない一流のフレンチが楽しめる。アルコールも豊富にあり、常についてお酌をしてくれる(少し、鬱陶しい?(^^ゞ)。スタッフの対応も一流ホテル以上でプラスアルファの教育を受けているようだ。誕生日や記念日などで申し出るとミッキーとミニーがお祝いに来てくれる。ミッキー独り占めだ。夜のパレードや花火も特等席となり、真ん前に見え、スピーカーが室内にあり、パレードの音楽が流れ、臨場感を出している。料金は意外と安く、3つのコース料理だけで、一番上のコースしか食べたことがないが、ひとり1万5000円ぐらい。帰りには日付と名前を入れた記念のマッチをくれる。またディズニーランドの入り口の目の前に駐車できるメリットもある。今回は予約をうっかり忘れてしまったため、食事をとるのが大変だった。

画像(135x180)・拡大画像(240x320)

ライスが一番美味しい

どこへ行っても行列と人ごみで香港のようでした。世界中のディズニーランドが同じような状況なのでしょうか?ポップコーンでさえ1時間ぐらいは待ちそうな行列が出来ていました。昼食は運良く偶然客のいなかったドーナッツ屋さんやサンドウィッチ屋さんを見つけ、チョボ食いで飢えをしのぎました。買っている間にも後ろにはすぐに行列が出来たのは言うまでもありません。夕食は予約すら一杯になっていたので、仕方がなくホテルのレストランと思っていましたが、これまた偶然、ウェスタンランドのプラザパビリオン・レストランに入ってみると満席でしたが、すぐに食べられました。当然のことながら食べ始める頃には長蛇の列が出来ていました。なんてわたしは運が良いのでしょう。これほどまでに人が溢れるとまるで難民のようです。ディズニーランドにはお金のある飢餓難民が溢れかえっています。



Posted at 23時56分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

実需はないのね

実需はないのね

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2005/11

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.