やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2011年03月03日(木)

盛り上がってきたぞ( ̄―+ ̄)ニヤリ [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようございます。
本日もがんばりましょう。

いよいよ、明日の米国雇用統計を控え、久方振りの盛り上がりを魅せてくれそうな為替市場だが…。

昨夜の米国株と米国債の市場は雇用関連の数字が良かったこともあり、リビア情勢の影響は小さいと楽観的にみたようだ。株価と利回りはともに上昇した。一方、原油や金先の商品市場ではリビア情勢悪化の長期化を懸念する悲観的な見方が強く、さらなる高騰のリスクは高い。

では、為替はと言うと、楽観的な見方でのドル売りにも思える反面、悲観的な見方でのドル売りにも思える。いずれにせよ、ドル売りなのだが・・・、ユーロを考えれば、ECB(欧州中央銀行)のトリシェ総裁がインフレ警戒感を一段と強め、金融引き締めを示唆するのではとの憶測がドル売りユーロ買いを演出したといえる。で、ドル円は米国の数字が良くなっていることもあり、ドルが支えられており、明日の雇用統計の期待から、より強含みの展開となりそうだ。明日に向け、上手く仕込めるようなら仕込みたい。



Posted at 16時38分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

本物を追求『蕎麦とらくま』

本物を追求『蕎麦とらくま』

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2011/3

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.