やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2005年12月28日(水)

書のこころ、子知らず [やだ的見聞録]

画像(135x180)・拡大画像(240x320)

おはようございます・・・ヒロシです。先日、書の展覧会に行ってきたとです。休日なのに参観者は女性ばかりでした。書道に興味のある男性は少ないとですかね。僕なりの書道の見方なのですが、絵画鑑賞に近いとです。子どものころ、書初めを強制的にさせられ、母が納得するまで続けた辛い記憶も思い出します。でも、ちょっと小さな誇りですが、お陰様で小学校の6年間は展覧会では金賞を取り続けました。その母も今は・・・あっ、生きとった、失礼(^^ゞ。
チャートも絵画鑑賞のようになっている方がいるようです。一所懸命芸術的な線を引いて二科展にでも出展したらよかです。きれいな絵のようにマーケットが動くと良いとですね。

画像(135x180)・拡大画像(240x320)

今日の為替はどうでしょうね。日本勢の円ショートはまだ残っているかなーと思いますので、動きが鈍ければ、日中は頭が抑えられそうですね。レンジは116円90銭から117円90銭と想定して、今のレベルは117円40銭なので日計りで117円近くなら買ってみようかとも思います。または117円の後半で売ってみるのも、一旦は面白そうですが、それが夕方であれば、ショートには振りません。今日から参加者も揃ってくるので、少し方向性がでてくるかもしれませんが、ビッドがしっかりしているようであれば、近日には118円ミドルぐらいは戻すようにも思います。

画像(135x180)・拡大画像(240x320)

景気が回復基調のようですが、景気回復には消費が伴わなければならない。まだ一部の動きで本物の消費はまだ見えていない気もするが、いかがだろうか。量的緩和の解除の話題が来年はとくに注目されるとは思うが、踊らされないように、しっかり実体を見ていきたい。日銀の独立性も興味ありますね。政府の赤字を考えると、本当に影響力が強いのはゼロ金利解除問題だろうけど。



Posted at 10時21分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

これが黒切り蕎麦だ!

これが黒切り蕎麦だ!

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2005/12

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.