やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2006年01月24日(火)

本物と一流・・・そして正直 [グルメ]

画像(180x240)・拡大画像(240x320)

ちょっと食べ始めたので崩れてしまった。細かく浮いているのは玉ねぎで僕だけの特別なトッピング。たまにチャーシューの切れ端を貰ってチャーハンを作ります。

こんにちは・・・ヒロシです。我が町に私が食べた中では日本一のラーメン屋さんがあるとです。松戸新田にある味処 むさし野である。いつも混んでいるのと夜4時間程度の営業なので、なかなか食べる機会がないとですが、先日、やっと行けたとです。久しぶりであったので、基本の中華そば(650円)と季節のご飯(300円)を注文したとです。麺は平打ち手もみで、鶏を中心とした品の良いスープに良く絡んで大変うまかでした。スープと麺は確実に日本一です。とくにこの麺は追随するものを許しません。具も丁寧な作りで品よく盛り付けられているとです。ぜひ、この本物の味を知ってからラーメンを語っていただきたいとです(^^ゞ。とくにラーメン店経営者には丁寧に作る大切さが分かると思うとです(あまりにレベルが高くて自信を失ってしまうことも考えられますが(^^ゞ・・・)。

画像(180x240)・拡大画像(240x320)

小どんぶりですが、堪能できました。鯛めしに半分食べてしまった大きな穴子と半分食べてしまった白子の天ぷら。

この日の季節のご飯は鯛めしに白子と穴子とカボチャの天ぷらをのせたものでした。これで300円というのも嬉しい価格とです。さすが日本料理の修業をしてきた店長だけに絶品のお味でした(品切れが多く、食べられるのは稀?(>_<)。)。
あと松戸には同じ松戸新田の『中華料理 桝屋』とみのり台の『麺屋嘉夢蔵』がある。この2店も丁寧な作りで一流の料理を仕上げている。やはり、是非食べておきたいものだ。上記の3店が松戸ではダントツで唯一本物を作っている全国レベルの店である。そういえば一流ではないのだが、松戸駅西口すぐのビル地下に『大都会』という食堂風の居酒屋(居酒屋風の食堂かも)があるのだが、このラーメンが300円とじつに安い。ごく普通の中華そばで、テレビやマスコミに露出しているラーメン店などよりは美味いと言う人も多い。たしかにこのラーメンよりレベルが下の店は少なくない。中ハイも180円と安く、24時間営業なので遠方の方は終電で来て、始発で帰ることもできるとです。

画像(144x176)

真夏の夜の夢

本物というのは経営にも求められる。ライブドア事件の報道で驚かされたことがある。いまどき日報を書かなければならないというのだ。実際、体調を崩して休んだばかりに書けなかった社員が減俸されたという。時代の最先端?を行っている一流企業と思われていたのに、経営は旧態依然としていたということか。実体は会社ゴッコだか、経営ゴッコしていただけなのだろうか。本物のリーダーではなく、経営を知らないから、部下を信用できず、支配的な旧態依然の日本の経営をするしか知恵が回らなかったのだろうと想像してしまう。為替証拠金の会社にも“ゴッコ”系の経営をしているところがありそうな気がしますが、どうでしょうか(゚o゚)。今回の事件で情報開示だけでは当てにならないということが分かりました。いろいろな分野で審査・監査も当てにならなくなったいま、国として新たな仕組みを作る必要がでてきました。個人としては何事も本物を見分ける目を養うことです。でも一番大切なのは正直であること、正直であれば良いものが作れます。



Posted at 18時39分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

至高のラーメン

至高のラーメン

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2006/1

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.