やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2006年01月25日(水)

短期、銭利を走る [やだ的見聞録]

おはようございます・・・ヒロシです。まだまだ寒い日が続いておるとですが、風邪などひいていないでしょうか。僕はここ数日、気だるさがあるとです。僕のうちと同じで独居房にも暖房はないらしいです(T_T)。身体には気をつけてもらいたいとですね。食事は麦飯ということだが、身体にはよかとです。

事件は政治にも飛び火したばってん。どの政党にもスキャンダルはあったが、今回の事件は全く違うとです。一部の自民党と公明党の愚かな議員が民主党(覚せい剤事件)も同じだと言っていたが、政治家の資質を疑うとです。経済における事件で金融のトップであった竹中大臣が支援し、国のトップである小泉首相が連帯保証人ように後ろ立てになれば、投資家は安心して、騙されてしまうとです。

僕はよく分かっていないのですが、ライブドアの本業は何でしょう?ホームページ作成会社とですか?本業では一体いくら位の売上があるとですかね。株価が百円台なら千株ぐらいなら買ってみても面白いとですね。今回の事件報道でじっくりと堀江容疑者の顔を見たとですが、忍者ハットリくんに似ているとですね。ドロンパという風にも見えますが、このトボケたアニメ風のキャラが憎めないとです。

ドル円は115円を超えてきました。ただ勢いは感じません。積極的に動く要因はなく、レンジ相場であるでしょう。短期で数を取っていくやり方で利を確保し、反復横飛びのようにレンジ内を走る、ちょこちょことやるしかないようです。やはり、この倦怠感から抜け出すには、何か大きなきっかけが欲しいところです。

今後、大きなドル売り、または、円買い要因がないとはいえませんが、よい運用先がなければ金利の高いところにお金を置いておくことになるので、中長期ディールは4月まではBuyOnDipでいかがでしょう。6月ぐらいには量的緩和の解除、秋から冬ごろには利上げの可能性も出てくるかも知れませんね。



Posted at 12時02分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

何年ぶりだろう?大負け

何年ぶりだろう?大負け

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2006/1

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.