やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2006年02月02日(木)

強気なアメリカ、弱気な僕 [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようございます・・・ヒロシです。一週間のご無沙汰でした。ばたばたと忙しくあっという間に時間が経ってしまったとです。こんなときに限ってトラブルが起こるもので、新しいデスクトップを初期不良で中身の交換のため業者に出していたので、5年前に買ったノートパソコンをしばらく使うことにしたのだが、セキュリティー対策のソフトをインストールしたら立ち上がらなくなってしまったとです。あまりに大きな負担がかかってしまったのでしょうか。人間も大きな負担がかかると動けなくなるとですね。

為替は指摘してきたとおり、金利がボディーブローのように効いてきました。やることがなくなれば、必然的な動きといえるでしょう。また、輸出筋も為替予約は順調にこなしているようで重たい蓋にはなっていない。だが、本日のドル円は、一時のドルの大きな下落と積極的にドルを買える要因が見当たらないのと、118円台に乗ってしまったこともあり、ドル買いがしにくい。しかし、こういうときのほうがドルは上がっていくのである。となると、短期的なスタンスでポジションを取り、うまくすれば中長期になるようなスタンスが良いと思う。やはりドルロングをうまく作りたいですね。待てば回路の日よりありというところでしょう。ということで、以前からブログをお読みの方はご存知のように、このレベルは持っていますので、積極的には参加はしません。短期スタンスでは118円割れの買いか118円ミドル以上に急激に上がった場合、売りで参加しましょう。

ブッッシュ大統領の演説を聞きましたが、中身を解釈すると対中東政策に変更がありそうです。変更というよりはより強硬になりそうですね。友好的なサウジアラビアなどのいくつかの国にも民主化について言及しておりました。新たな紛争勃発ということにもなりかねません。ついでに言うと米国は石油の中東依存度は低いですね。エネルギー問題も大きな花火を打ち上げていましたが、はたしてどうなることでしょう。ブッシュ大統領は政治の総仕上げとして、今年はより強いアメリカを前面に出してくる気がします。結果、それは小泉首相の総仕上げにもつながるのでしょう。また、ドル安を望まないということでもある。



Posted at 12時23分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

さらば友よ

さらば友よ

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2006/2

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.