やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2006年03月13日(月)

やっぱり米国、ジャッジを覆す、そのとき日本は。 [やだ的見聞録]

おはようございます・・・ヒロシです。さすがというかやっぱり米国とです。自国の利益のためにはジャッジさえ覆してしまうとです。WBCのことなんですが、8回表の余裕のタッチアップのスタートが早かったというとです。一番近くにいる塁審はセーフと判断していたのに主審がひっくり返したとです。そういっても不思議に思う方は少ないとですね。それが米国のやり方とです。自国の利益のためにはルールさえ変えてしまう国とでした。国民一人一人はフェアである方もいるとですがね。王監督の抗議も甘かったかな?のが残念とですね。結果、勝てれば良かったのですが、3対4でさよなら負けしたとです。

これはあくまでもスポーツですが、生命が関わるBSE問題ではしっかり抗議し、さよなら負けは許されないとです。米国に告ぐ、世界中で米国を信用しているのは英国と日本政府だけとですからねー。あっそれでいいとでしたね。はい、失礼したとです。それでも日本だけは“恥”の文化を持ち続ける努力をしたいとですね。

当然のことながら、政財界でも日本は米国のルールの下でしか動けず、米国が有利になるようにルールの変更が行われてきた。近年ではバブル崩壊後の処理やそれに伴うゼロ金利政策量的緩和など、経済政策の実験材料としても、さまざまなことが米国にとって利益となってきた。今後の日本の政策の決断も米国の利益を考えれば、見えてくるのではないだろうか。

今週は119円割れからスタートしたが、イベントも一段落し、朝方は大きな動きはないが、ドル堅調の流れは変わらないようだ。118円台は買い下がりたい。119円台の輸出は問題なく消化されると考える。夕方までに120円近くにいくようなら短期売りも面白い。



Posted at 10時53分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

秋の味覚『富有柿』

秋の味覚『富有柿』

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2006/3

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.