やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2006年07月12日(水)

麺麻か支那竹か [グルメ]

画像(135x180)・拡大画像(240x320)

こんにちは・・・ヒロシです。チャーハンと坦々麺が絶品で、松戸で一番美味しい中華料理『桝屋』さん【参考】では、酒の肴にメンマの千切りを出してくれるとです。他店のメンマと比べると、そのメンマはとても歯ごたえがよく、美味しいとです。メンマは支那竹というぐらいとですから、中国のタケノコかなとは思っていたとですが、もとの形を想像したことがなかったので見せてもらったとです。残念ながら、初期状態の乾燥したものはなく、水に浸けている途中のものを見せていただいたとです。長時間水に浸けてふやかして大きくなるのを待つのだそうです。これでもまだ浸けたりないようで、もう少し大きくなるとのことでした。それから味付けをするようです。

中国人に配慮して、メンマと呼ばれるようになった支那竹は、台湾から入ってきた麻竹だそうです。はい、麻竹と聞いて想像できたとですね。そう、麺の上に載せるから麺麻となったとですね。他にも説はあるようですが、僕はてっきり、麺の間にあるから麺間と思っておったとです。でも、この説はないようですね。

画像(135x180)・拡大画像(240x320)

そういえば、船取街道(千葉船橋、茨城取手をつなぐ道)沿いに、選挙看板より馬鹿デカイ立看板で『支那そば』(店名かも?)とあったが、最近は通ることがないので、あるかどうか分からないとですが、問題はなかったのだろうか。ラーメン本にも紹介されたことがあり、一度食べに行ったことがあるとです。支那そばという感じのラーメンで、サッパリしていて、ほんと、昔なつかしラーメンとでした。支那そばとかシナチクって、響きも美味しそうに聞こえませんか。それでも、シナって使ってはいけないとですかね。



Posted at 22時12分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

果報は寝て待て、たぬき寝入りはいけません

果報は寝て待て、たぬき寝入りはいけません

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2006/7

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.