やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2006年07月17日(月)

今日にもドル円は117円を越える?! [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

画像(135x180)・拡大画像(240x320)

こんにちは・・・ヒロシです。浅草・神谷バーの交差点のワンショット。人が大勢いるのに偶然にも車が一台も写っていないことに、一人で驚いたとです。最近は浅草も足が遠のき、来ることも少なくなったとですが、来たときには必ず『神谷バー』によって、“電気ブラン”を飲むとです。この日も大変込んでいて、地元の親切な初老の夫婦が席を詰め、合席してくれたおかげでやっと座れたとですが、時間がなかったので2杯だけいただいて出たとです。お通し代もなく、無理やり食べることもなく、必要な食券を入り口で購入するので安上がりとです。浅草に行かれた折には、ぜひ、立ち寄ってみてください。下町の人情に触れられるとです。

先週末、日銀がゼロ金利解除をしました。世間ではゼロ金利解除イコール日銀の独立性の堅持という見方が強かったように思いますが、それも変な話ですね。本来は日銀の判断自体に独立性を求めているのであって日銀の決定内容ではないはずです。当然、決定に対する批難は結果が出てからの話となります。

今回、もし、ゼロ金利解除をしなかったのならば、批判は大きなものとなり、先日も述べましたが、日銀に独立性がなく、福井日銀総裁の辞任問題が再燃したことでしょう。評価をしている政治家は日銀の独立性が保たれたことを、やたらと前面に出し、福井問題は何ら影響がないとアピールしているようでしたね。でも、この日銀の決断の流れは福井日銀総裁続投のための政治的シナリオが色濃く出ていたと考えられ、日銀の独立性を声高に言われれば言われるほど違和感が湧いてきます。

最大の金利イベントであったゼロ金利解除では、一旦は大きく買われるかと思われた円も、結果的に市場は円安に反応しました。よく言われる“織込み済み”ということですね。“織込み済み”というのは具体的な数値はありません。また、立場によっても違ってきます。本邦輸出であれば、下落リスクを見越して手当てを進めておくことでしょう。個人投資家でいえば、ポジションをスクエアにしていることなのかも知れませんね。今回の場合を簡単に言えば、大きなロングポジションの積み上げもなく、ゼロ金利解除の話題の時間が長かったため、インパクトが薄れ、より実質をとったほうが正しいと市場が判断した結果といえるでしょう。

今週から市場の目は再び欧米金利動向に向かうと思いますが、バーナンキFRB議長の議会証言や経済指標を中心に米国金融政策の動向を探ることとなります。とくにインフレ関連の指標には反応しやすいでしょう。また、イラン核開発問題や北朝鮮ミサイル発射問題など地政学リスクの高まりは注意が必要です。いずれにせよ、ポジションは短期に回すのが無難でしょう。地政学リスクの高まりによる原油高は、米国以上に日本に大きなダメージを与えると思われ、円は売られやすい地合いといえます。当面の116円台半ばのレジスタンスをこなせれば、ドル円で117円50銭を目指す動きが見られると考えます。



Posted at 14時44分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

何年ぶりだろう?大負け

何年ぶりだろう?大負け

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2006/7

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.