やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2006年07月31日(月)

丁半博打はいかがですか? [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

こんにちは・・・ヒロシです。ドルが軟調になっているとですね。積極的にドルショートに振っている人が多いわけではなく、ドルロングを切ってきたのだと思われるとです。おかげでマーケットのポジションが軽くなり、右にも左にも動きやすい状況にあるとですが、心理的には上値が重たいようとです。8月がドル安になりやすいと言われていることもあるとでしょうか。

今後の展開を予想すると、テクニカル的には更なるドル下落となりそうです。FOMCの結果を待ってからということでしょうが、ファンダメンタルズ的には意見が分かれるところで、どの材料が先に飛び出すかによっても大台が変わってくるとは思いますが、114円を割らないで買戻しがあっても良いと考えています。

ただ、勢いというのはあるので、無理をしてはいけません。実質的な運用益というより、鞘を取りに行くような、雰囲気で動いているような相場ですから、こだわってはいけないでしょう。思惑と違った場合には、基本的には早めのロスカットでポジションの取り直しが良いのではないでしょうか。

いまが安定している感じではないので、どちらかに動くことは間違いない。上値が重たいと思えば、思い切って7月の最安値113円ミドル狙いのドルショート、とりあえず、金利差はあるのだからと買戻しを狙うのであれば、114円後半をターゲットにドルロングを仕掛けてはいかがだろうか。

ちなみに私は買っちゃいました!



Posted at 22時08分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

やはり本物はすごい

やはり本物はすごい

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2006/7

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.