やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2006年08月06日(日)

何かおかしいぞ?! [やだ的見聞録]

画像(135x180)・拡大画像(240x320)

ハート型らしいのですが、分かりますでしょうか。丸く広がるだけではないのですね。

こんにちは・・・ヒロシです。昨夜は花火大会が各地で行われていたとですね。暑いのに、よくもたくさん集まるものだと感心してしまうとです。私もそんな一人とですが・・・(*´・ω・)(・ω・`*)ネー。やっと夏になったと思ったら、盆踊り、花火大会と、季節が過ぎるのも早いものとですね。年のせいか、年々、加速度が増している感じがするとです。ん?甲子園はまだ終わっていないとですよねー”?(*☼_☉*)

最近、警察のズサンな捜査や対応のために、人の命が守られなくなってきている。以前から、私が、ことあるごとに指摘してきたことの繰り返しになるが、『当たり前のことを、当たり前に判断する』という能力がなくなってきているのだろう。それは、それほど難しいことではなく、“姿勢の問題”であると思う。

このような行政サービスの低下は全体に蔓延している。社会保険庁の犯罪行為、岐阜県裏金作りは、どこでもやっていることなので、いまさら驚くことではなくなっているが、このような、組織的に行われた、大きな犯罪である詐欺や公文書偽造などを、刑事事件として捜査をしない警察が信じられない。また、このような状況で国民の代表である政治家が何も行動を起こさないのも呆れ果てたものだ。テレビに出演してコメントをしながら笑っている政治家をみると情けなくなる。

先日のボクシングの判定に対する国民の反応を思えば、多くの国民は『当たり前のことを当たり前に考える』力はあると思える。と考えれば、行政と政治に問題があるのだ。既得権にあぐらをかき、本分を忘れた行政の意識改革と、小さい村社会のように構成されている現状の政治を変えていく必要があるだろう。それは単なる2大政党という枠組みでは成しえない。既存の政治家の立場での議論ではなく、国民の立場で、本来の代表者を選べる選挙制度改革が必要である。能力がないのに生活や見栄のための職業と勘違いしている現政治家の排除が急務である。

ところで、裏金を隠蔽するのに一部の現金を燃やしたと聞くが、これも犯罪にならないのであろうか。子どものころ、お金を傷つけたり、破いたりすると罪になると聞いたことがあったが、テレビ出演の見識者は問題ないと言い切っていた。真実を知りたいのだが、調べる時間がないなので、知っている方がいらしたら教えて欲しい。



Posted at 03時16分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

好きに焼かせろ(゜o゜)

好きに焼かせろ(゜o゜)

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2006/8

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.