やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2006年09月14日(木)

ご存知ですか?!粋なあなたはこれで完璧!! [グルメ]

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

こんにちは・・・ヒロシです。子持ち鮎を食べてきたとです。滋賀県産ということでしたが有名なのでしょうか。シシャモをはじめ、子持ちの魚は栄養を卵に摂られるので、本来は雄のほうが美味しいとですが、この子持ち鮎は身がしっかりしていて脂も乗っており、案外美味しかったとです。もちろん、魚卵はいうことなく旨かとです。


ところで、鮎の食べ方をご存知とでしょうか。鮎は綺麗に背骨がスポット抜け、後はまるかじりができるとです。子持ち鮎では試したことがなかったとでしたが、やってみたら、雄と同じように簡単に抜けたとです。

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

【鮎の食べ方の手順】

1. まず、鮎を寝かせた状態で、箸を寝かせて、箸を先3センチぐらい使い、全体的に押さえつけるように優しく潰します。

2. 今度は鮎を起こした状態にし、上記と同じようにしますが、このとき背骨を折らないように気をつけてください。

3. ここからは少し慎重に、尾っぽをちぎり取りますが、決して背骨に負担を与えてはいけません。尾の根元を片手の親指と人差し指でしっかりと押さえて、もう片方の手で、1点に集中して切り取ってください。

4. さあ、ここからはさらに繊細なタッチが要求されるのですが、背骨と頭の骨が切れないように頭と身の皮を切り離すのですが、エラの付け根辺りの皮を丁寧にひと回り切ります。箸で少しずつ切っていくほうが上手くいきます。指でも良いですが、太すぎるのと、力が入りすぎて、頭と背骨が折れてしまう可能性が高いです。

5. ここまできたら、あとは頭を持って、まっすぐ身から引き抜くだけなのですが、繊細な感覚を持っていないと、頭が取れたり、背骨が途中で切れたりします。片方の手で頭を持ち、もう片方の手で身の肩?の部分を押さえて、少し、震わせながらまっすぐに抜き取ってください。最初は渋い感じですが、ここで慌てずに、根気よく、丁寧に時間をかけるつもりでやれば、スッと、抜ける感触がわかります。

写真でも分かるように骨が綺麗に抜け、身が崩れていないのが分かると思います。鮮度が悪いと背骨が折れてしまい、上手に抜けないと聞いたことがありますが、定かではありません。私はほとんど失敗しないので、鮮度は関係ないような気がしています。



Posted at 01時05分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

えっ、チーズが、こんなんなりました。

えっ、チーズが、こんなんなりました。

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2006/9

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.