やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2006年10月25日(水)

秋の味覚『富有柿』 [グルメ]

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

こんにちは・・・ヒロシです。秋の味覚富有柿を手に入れたとです。読み方はフユウでもフユでも良いみたいとです。富有柿の発祥の地は岐阜だそうで明治時代から各地に広がったようです。富有と名付けられたのは古典「礼記」の中からとられた名称で「天下を治める」という意味があるようです。甘柿を代表する色と味は万人が認めるところで『柿の王様』と称されているとです。

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

この富有柿は、ある伝で広島・福山市の喜多村農園から送っていただいたとです。大粒の方が美味しいということで無理していただいたのか、これほどの大きい柿はあまり見たことがなかったので大変驚かされたとです。早速食べると、とろけるような甘さでとても美味しかったとです。昔から下町では「柿は大名に、梨は乞食に剥かせろ」と云われる?が記憶違いであったのか皮に近い部分もとても甘かったとです。うーん?そういえば「梨尻柿頭」とも云われたことがあるが・・・頭はどっちだっけ?

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

絶品の喜多村農園の柿は【除草剤は使用せず減農薬で有機肥料カキガラを多用して栽培、木の持つパワーを発揮させ元気に成長させることで安全で美味しい柿作りをしている】とのことです。広島だからやはりカキガラとは牡蠣殻のことですかね。まだ格安で分けてもらえそうですから欲しい方は聞いてね。市価の3分の一だよ。


ドル円は圓の花の粘りで再び土俵中央近くまで戻ってきたとですね。弗の里の腰も重たく大きな動きは見られないとです。またもや“水入り”となってしまうとでしょうか。FOMCは特別に何か期待することもないとでしょうから、ここは弗の里の重たい腰を信じて、時間もポジションもロングスタンスで構えるとです。



Posted at 20時28分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

至高のラーメン

至高のラーメン

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2006/10

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.