やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2005年06月28日(火)

外野はだまってろ! [やだ的見聞録]

おはようございます・・・ヒロシです。今日も暑い日が続いております。雨は好きではないですが少しは降って欲しいですね。

騒音主婦の初公判が行なわれた。報道では鬼の形相の被告が画面一杯に流れている。とても悪人顔だ。検察側は引っ越してきたときに挨拶が無かったことと、庭に設置した街頭が眩しいと被告が抗議したが受け入れられなかったこと、が原因と指摘した。でも被告が怒ったのは被害者の対応なのではないだろうか。別に味方するつもりも無いが、そこまで怒るなりの理由があるはずである。被告にとってはとても許せないことをされ、その抗議を行なう手段を見つけられず(ここが問題なのだが)、今回のような方法しか、被告には残っていなかった(思い込んでいる)のかもしれない。本当の理由、真実は当事者しかわからないものだ。ある断面だけを捉えて、外野がとやかく言う問題ではない。子供みたいな大人が多くなったのだろう。とくにテレビのコメンテーターが訳も分からず非難するものでもないと思う。まっあの顔をみればしょうがないかな。でも、それぞれが自分の顔を鏡で見てみたほうが良い時代になっているとは思う。

毒入りカレー事件の被告に高裁で死刑判決がでた。被害者、遺族の心情を察すれば、当然の結果と思うが、本当の理由、真実がわからない。とくに被害者、遺族は知りたいところだろう。そこまで至るのに被害者側にも理由がわかっている人がいるかもしれない。でも、なぜここまでしたの、とは思っているだろう。裁判は犯罪者を罰することができても、真実の追究には限界があるようだ。



Posted at 11時04分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

おススメ!

おススメ!

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2005/6

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.