やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2007年01月24日(水)

発掘!あるある大事件『奇跡!円高ダイエット』 [やだ的見聞録]

大事件が起こりました。いつかは“あるある”と思っていましたが、過熱していた円安に冷や水を指された形になりましたね。121円60銭でも買い足していたので驚きました。でも、負け惜しみに聞こえるかもしれませんが120円前半までは覚悟をしていたので想定内です(ToT)/~~~。見ていなかったので、何もできませんでしたが、次に121円を割れるときがあれば、利食いのできるポジションを落とします。

ところで、現在の材料では大きな流れを変えることはないと考えます。昨年12月5日から上昇トレンドが続いていますが、途中、120円を前にして、118円までの調整が入ったことを思えば、今回の調整はあくまでも調整に過ぎず、逆に上昇前の充電と期待が高まります。再度、調整が入る可能性は否定しませんが、120円前半を覚悟しながらのドルロングポジション続行です。

注意が必要なのは、冷や水が多過ぎたことで長引いてしまい、場合によっては、火が消えてしまうことです。そ、円安の“打ち切り”ですね。新たな粗捜しに入っていた時期でもあり、もともとは無理なこじつけであっても、また、過去から常に懸念されている貿易不均衡や地政学リスクにしても、新規材料として飛びつく輩も多い局面ですので、世論の流れには肌感覚を鋭敏にしておかないと痛い目に遭います。



Posted at 19時05分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

黒‘S

黒‘S

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2007/1

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.