やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2007年01月30日(火)

フジテレビに責任はないの?! [やだ的見聞録]

あるある大辞典?のねつ造問題で、新疑惑が続々と発覚しているが、関西テレビの対応の悪さが目に付く。加害者は制作会社だという気持ちなのか、外部調査委員会の発足をしたというだけで、会見では肝心な質問には調査を待ってからとはぐらかす始末。当事者意識がまったくないように感じる。

不思議なのは、“あるある”を関西テレビの何チャンネルかも知らない私が見ていたのは、8チャンネルのフジテレビであったのだが、報道を見る限り、加害者は関西テレビと制作会社で、フジテレビは被害者であるかのように映る。

昨日、フジテレビ社長は謝罪したようだが、本来、定例会見まで待たずに、いの一番で謝罪すべきことであったように思うのだが・・・。事件が起こるまでフジテレビの“あるある”だと思っていた視聴者の一人としては、もう少しフジテレビはねつ造問題の当事者として調査と経緯の報告をして欲しいものだ。

個人的には疑惑の目を向けていたのですけど・・・
納豆買いました・・・
味噌汁飲みました・・・
レタスも食べました・・・
で・・・ますます大きくなりました。

冷静に考えれば、
米国人が味噌汁なんか飲むかってぇの、ねぇ。



Posted at 15時47分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

ディールでは肌感覚が大切だ!

ディールでは肌感覚が大切だ!

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2007/1

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.