やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2007年02月03日(土)

プリプリ、モチモチも魅力的だが、今はおこげに夢中! [グルメ]

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

以前は行く機会も多かったが、ここ数年、横浜へはお正月の墓参りぐらいで、年に一度しか行っていない。行けば中華街に立ち寄ることが多い。ただ、たまにしか行かないので、安くて美味しいところを知らないのが辛い。生前の祖母を囲んでの法事では『萬珍楼』や『聘珍楼』を使っていたが、ちょっと私には高級過ぎることが最近分かった。

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

今回はどこか旨くて安いところがないかと探索をしていると、メインストリートから外れた路地裏で、煌々と光る看板が目に入った。看板には中華家庭料理『山東』とあり、覗いてみると、夕食にはずいぶんと早い時間であり、他店は空いているのにも関わらず満席であった。満足そうにお店を出てきたカップルに様子を尋ねると、水餃子がお勧めの隠れた名店として有名だと言っていた。まだ若そうなカップルだったので、値段もそれほどは高くないだろうと思い、水餃子に夢を膨らませ入ってみた。

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

早速、水餃子735円を2人前注文。他に五目鍋巴(特製五目おこげ)2,100円と椒塩蝦(海老の胡椒炒め)2,625円を頼んだ。待つことしばし。水餃子用のタレであろか、テーブルに置いてあった真っ赤なタレが食をそそる。最初に海老が出てきた。新鮮味のあるプリプリな食感に香辛料の加減が絶妙で旨い、かっぱえびせん状態となり一気に食べた。

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

食べ終わるころに期待の水餃子が運ばれてきた。湯気が立ち込め、一段と興奮が高まる。猫舌の私は中身が熱そうなので、怖くて一口に頬張れない。半分かじる。熱い。おっ、具がすげー旨い。半分かじるとモッタイナイことにスープがこぼれ落ちてしまった。ならば、2個目からはフウフウしながら1口で食べる。熱いけどジュワっと口にスープが溢れ、モチモチした皮がとても良い。久方ぶりにこんなに美味しい水餃子を食べられ大満足。

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

お店を出たときには行列が出来ていた。

最後に特製五目おこげが出てきた。お運びのお姉さんが、目の前で、おこげに五目餡かけをザァッとかけると、ジュワっと大きな音を立てた。湯気とともに香ばしさが周辺に広がり、注目が集まる。ちょっと、恥ずかしい感じ。長く続く焼ける音と香りで興奮も頂点に達する。おこげは食べはじめと、終わりにかけては、水分が含まれることで食感が変わるので、最後までそれぞれの旨さが楽しめた。病み付きになりそうだ。



Posted at 14時12分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

悪いときは食べて寝る!

悪いときは食べて寝る!

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2007/2

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.