やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2007年02月10日(土)

第64回G7金杯(G?)独2日 先進国系4歳上オープン(国際)[指定]ハンデ [やだ的見聞録]

為替ファンの皆さん、こんにちは。勝ちポジ券は購入されましたでしょうか。そろそろゲートインです。一番人気はやはりユナイテッドステイですね。今回もシンガリからあの飛ぶような末足を見せてくれるのでしょうか。為替ファンならずとも期待が高まります。その怪物に待ったをかけるのが、対抗馬として一気に人気の高まってきたユナイテッドキングです。ともにピルグリムファーザを父に持ち兄弟対決が注目です。ここに絡んでくるとすれば、調子がグンッと上がってきた地元のゲルマンダマシーでしょうか。スケコマシーフレンチカンカンの逃げ争いでペースが速まれば可能性は十分にあります。逆にスローペースであれば、ヤマトタケルノミコカナディアンロッキにもチャンスはあるでしょう。ただ、為替ファンの興味としては死角のないユナイテッドステイの勝ちっぷりではないでしょうか。

さあ、そろそろ時間です。ファンファーレが高らかに響いてきました。緊張感が高まります。おおっ、ここで、ふてぶてしく、糞をしているのが、ゲルマンダマシーだ。さすが地元。他を威嚇しているようです。それに驚いてユナイテッドステイの後ろに身を隠したのが・・・情けない、ヤマトタケルノミコ・・・は下痢だ。あとは順調にゲートに収まっているようです。
各馬一斉にスタートしました。きれいなスターっ・おっと、ビビッていたヤマトタケルノミコが遅れた。何とかしっかりしたレースをしてもらいたい。で、まず、先頭に立ったのが、予想通り、スケコマシーフレンチカンカンだ。ゲルマンダマシーがそれに続く。3頭が大きな壁となり、ユナイテッドキングは前方を塞がれた形だ。それに続くのはカナディアンロッキだ。ユナイテッドステイはいつもどおり後方から一気に捲くる作戦か。

第4コーナーを回り、最後の直線、ムチが入った。おおおっと、早くもユナイテッドステイがぁ〜キタァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜。早い、強い、まるで飛んでいるようだ。グングン引き離す。ゴ〜〜ル、圧巻です。見事でした。

これで週明けの為替も楽しみですね。



Posted at 19時23分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

神戸旅情グルメ編5・・・名産品

神戸旅情グルメ編5・・・名産品

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2007/2

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.