やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2007年03月01日(木)

長いものには巻か・・・いや、自分で回れ! [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

市場は落ち着き?を取り戻しているのか、大暴落の後だけに、まったく動いていない感じがします。まあ、ロスカットもさせられ、スッキリし過ぎて、動けなくなっているというほうが正しいのかもしれませんね。

為替が安定していたこともあり、心配された米国株も踏み止まり反発したことで、米国債が売られ、利回りは上昇しています。おかげで、続くと懸念された金利安も一息つけたようで、ドル円の118円台前半では、しっかりとビッドが入ってくるようです。

このような市場のときは、いつもなら、『動かないときのドル』だとか、『馬券を購入するように』だとか、『丁半博打のつもりで』だとか、言っていますが、流れが転換する可能性があり、 本日は正直なところ、118円台では様子見とします。ただ、動きが出てきて、気持ちに火が点くようであれば、119円近辺や、118円近辺なら、もしかしたら逆張り?で参加しようとは思っています。

基本的には、大暴落とはいえ、大きな流れは変わっていないと考えています。ただ、火種が完全に消えているかは判断に迷い、予断が許さない状況でもありますので、ここは無理をせず、一歩引いた形で、市場を取り巻く環境はもちろんですが、改めて、米国指標の結果などを精査して、金利動向を見極めてからでも遅くはないでしょう。

年度末決算月でもありますので、今月は推測、思惑とかに関係なく、力技に振り回されることも想定したいところです。単体であれば無視も可能かもしれませんが、業界的な流れになることが多いので、付いていかなければなりません。『長いものには自分で回る』ですね。しっかりと資金の流れを追いかけ、慌てないことが肝心でしょう。ポジションを取るときには、利食いまでのストーリーをしっかりと組み立てることが、さらに大切になりますね。



Posted at 08時40分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

振って振って!!

振って振って!!

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2007/3

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.