やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2007年03月06日(火)

ニワトリとタマゴ [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

株が反発してくれたおかげで、対円は戻しているのでしょうか。もともとは世界同時株安が原因で円高が進み、円高が進んだことで、とくに日本株がさらに下落した・・・のですが・・・、そう考えると・・・、今回の株と円の動きの理屈は、対円が戻しているから、株も反発していると考えるのが自然と言う気がしてしまいます。市況を文章にして伝える立場では、理屈を捏ねると矛盾を感じることがあります。

ま、考えても勝てるわけでなく、市場の理屈はニワトリとタマゴみたいなことが多いので、さらっと流しておきましょう。

今回の一連の世界同時株安にも関わらず、投資家は案外と楽観的に観ている人が多いようですね。私も同じように楽観視しているのですが、きっかけが中国の投資に対する調整だと考えると、不動産がまさにバブル状態だと思われ、さらに調整が入ることもあるような気がします。

為替は楽観視をするのは難しいですね。まだまだ、予断は許しませんよ。こんなときに限って、地政学リスクなど、追い討ちをかけるような材料が台頭してくるものです。追っかけて、円を買う勇気はないのですが、短期的に下降トレンドを形成しているので、対円では戻り高値は売ってみたいと思います。

このような相場はスペキュレーションを中心として、超短期ポジションを持つことにしているので、株などの他の市場との連動性を気にしていません。株が戻ったから円が売られたかもしれませんが、それはどうでもよいことで、反発して上がってきたから売るだけだす。



Posted at 13時30分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

やだスペシャルが完成しました!!

やだスペシャルが完成しました!!

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2007/3

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.