やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2007年03月08日(木)

日銀は失敗?!でも、どぜうが居れば僕は良い!! [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

反発上昇したときに売ってみた方は結果的に正解でしたね。午前中の下げで予定通りの利食いができたことでしょう。でも、下げたことが奇跡だったのでしょうか。日本株に底堅さがあるおかげで、驚くことに、こんなに早く、再び116円台半ばまで戻しています。なかなか上手くはいかないもので、私は新規にロングポジションを作ることはできませんでした。タラレバの後悔をしていても仕方がないので、ここから新規にショートに振るかは悩みどころですが、戻りがここまでなら、“2匹目のどぜう”が頭に浮かびます。たいていはロングのときにしか浮かばない“2匹目のどぜう”なんですが、浮かんでしまったのが運の○○でしょうか。

米国経済の不透明感が高まっている以上、まだしばらくは方向性が出ないと考えています。なので、ロングにせよ、ショートにせよ、短めのスタンスでレンジ相場として臨むのが良いと思います。ドル円では117円に乗せるようならあきらめるとして、116円ミドルなら売ってみても良いでしょう。でも、すでに動きは止まっているので、再度下落するにしても、しんどい戦いとなる可能性はあり、気の乗らない人は様子見ですね。

日銀が利上げしたのは早かったかもしれませんね。今回の暴落は利上げを待っての動きのようにも思わないでもないですが・・・。今後、強い数字が続かないようだとインフレターゲット論が復活するのではないでしょうか。投資家のマインドは依然として強気に見えるので、日本株に底堅さはあるように思いますが、もうひと調整があるようであれば、状況は一変してしまう恐れがあるでしょう。もう少し株市場の動向を見てから中長期のロングを仕込むレベルを考えようと思います。



Posted at 13時52分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

『愛』・・・燦燦

『愛』・・・燦燦

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2007/3

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.