やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2007年03月26日(月)

がんばれペコちゃん! [やだ的見聞録]

画像(135x180)・拡大画像(240x320)

ペコちゃんがヤマザキ学校にまもなく入学することになりますが、先日のテレビの報道を思い出して大変心配になりました。それは、スナック菓子に昆虫が混入されていたという、よくある?報道でしたが、テレビ画面に映されたスナックは、まさに今食べようとしていたもので、まさにふたを開けようとしていただけに、助かった嬉しさか?思わず笑ってしまったとですが、なんと『ナビスコ・コーンチップス・オリジナルサルサ入り ヤマザキナビスコ株式会社製』とでした。

本当に驚いたのは、このあとに続く報道で、主婦からのクレームで調べたところ、ヤマザキナビスコ社はトッピングに付けたサルサに昆虫の混入は認めたものの、害はない?と言う事と、サルサは米国で作っているもので、ヤマザキナビスコのスナック菓子には関係がないので、問題はなく、回収はしないと言っているとの報道でした。

でもね、文言にはオリジナルサルサって書いているとです。ヤマザキナビスコが作らせたと違うんかい、意味が分からんとです・・・、無責任とですね。

この時代にそんな無責任なことを言うとは考えにくいので、報道の間違いかもしれないとですが、この報道が事実だとすると、企業倫理、食の安全以前に、ヤマザキの常識はどこに行ってしまったとでしょうか。こんな開き直りをする企業が、あの不二家を教育するとです。文句の一言でも言ってやりたいと思ってみたとですが、トボケたことにスナック菓子に連絡先の電話番号が載っていないとです。あとは教育審議委員会?に委ねるしかなさそうです。

実はその後暇だったので、ネットで調べて連絡したら、「商品は送ってください、今回のことは検討中」とのことでしたが、あれ以来、報道はなく、最近CMまで始まりました。新製品なので隠蔽工作でもしたのでしょうか。マスコミも調子がいいもんとです。ちなみに面倒なので送っていません。

ペコちゃんが悪いところを覚えなければよいとですが・・・、ペコちゃんが開き直りを覚えることは、まわりの子ども達の教育にも良くないとです。がんばれペコちゃん。



Posted at 19時44分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

究極のカレー麺

究極のカレー麺

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2007/3

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.