やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2005年07月11日(月)

政界大再編はあるのかな [やだ的見聞録]

おはようございます・・・ヒロシです。今週も元気にまいりましょう。

総選挙の投票日が決まりました。10月2日です・・・なん〜てかっ。あるとすればの、あくまで予想ですけど。でも自民党はここまで壊れれば、まとまりようがありません。選挙でしか解決ができなくなっています。組織は選挙でまとまり、強くなってくるので、解散総選挙も現実味を帯びてきたということです。

自然的に民主党が第1党になることになりますね。実は都議選は、民主党は自然増しただけで勝ったわけではないと思います。前回の都議選のときは小泉首相が大フィーバーのときで、異常な人気があった中で、自民党は10議席増の53議席でした。今回はそれより5議席落としただけです。民主党は欠員の10人を中心に獲得できただけで、各選挙区のトップ当選はほとんどありませんでした。まっ、議席を増やしたのですから、飛躍したのも事実ですけどね。

将来的には親米党と親亜党の2大政党に向け、政界大再編が起こる可能性もあるのではないでしょうか。

今日のドル円はやはりドルを買いたいですね。このような地合いは意地っ張りはドル売り、根負けはドル買いという感じだと思いますが、どちらの予想が多いのでしょうね。もし、ドル買い派が増えてきているのなら、そろそろ転換期かもしれませんけどね。
112円前半なら買ってみたほうが面白いでしょうね。自然の流れに逆らう必要はないですから。

いま112円20銭で買ってしまいました。まだ、わたしに運が残っていれば、1円抜けます。余裕がある方は待てますが、そうでない方は、市場の様子によってですが50銭以上抜けたら利食ったらよいでしょう。



Posted at 08時05分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

また発見!

また発見!

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2005/7

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.