やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2007年07月03日(火)

とりあえず、買い場と判断! [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

辛うじて?122円割れは避けられたが、ドルが対欧州通貨に対して弱いところは依然として変わらないことから、ちょっとしたきっかけでドルが売られてしまう。その結果、ドル円は円安基調のおかげで底堅さを見せているものの、軟調に推移しやすい。

ここが良い押し目どころなのか、徐々に切り下げていくのか、悩ましいところではある。正直なところ、ドルロングのポジションは増やしにくいところではあるが、中長期的に売るのはもっとやりにくい。

まだ、潮目は変わっていないと判断しているので、基本はドルロングポジションを維持しようと思うが、あまりドルロングに強情を張っても、リスクほどの見返りがあるわけではないような気もしてきた。

消去法的な発想であるが、ポジションを持っていないのなら、押し目買いでもしてみてはいかがだろうか。まだまだ、上昇の余地はあると思う。

売るなら、超短期ディールが無難でしょう。売りが始まってから追っかけても遅くはありません。



Posted at 13時44分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

『愛』・・・燦燦

『愛』・・・燦燦

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2007/7

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.