やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

2007年09月09日(日)

千葉で発見! [グルメ]

画像(180x134)・拡大画像(319x239)

最近、政令指定都市の千葉市で、お酒を飲む機会が増えたが、地方都市だけに繁華街も広範囲であり、お店もたくさんあるため、好みの店を選択することが難しい。聞くところによると、昔はもっと華やいでいたそうだが、バブル崩壊やヤクザの抗争で、街が虫食いのようになってしまったそうだ。まぁ、新参者には分かりにくい複雑な街だ。

画像(180x134)・拡大画像(319x239)

そんな折、真夏に満席で賑い、気になっていた居酒屋?バー?の『イート』に入るチャンスがあった。千葉駅から歩いてすぐで、オープンカフェのような開放感ある個性的なお店だ。品があり、感じの良いママが笑顔で迎えてくれる。常連も多いようで、ここだけ昔の新宿ゴールデン街のような雰囲気で、6人も入れば満席となる。もともとは立ち飲みであったとのことだが、常連からの要望でイスを置いたらしい。暑い夏の日でも海からの風が常に吹いているので案外と涼しいようだ。

画像(180x134)・拡大画像(319x239)

ここ『イート』の魅力はなんと言っても安さ。“生ビール350円”、“芋焼酎”はどれでも300円。肴も美味しく、脂が乗った“目刺し”は4匹で150円。牛筋の八丁味噌仕立ての“煮込み”は250円と驚きの値段だ。煮込みは日替わりで何種類かあり“モツ煮”のときもあるという。9月から始まった“おでん”はほとんど50円なのが嬉しい。千葉特産の貝類や“茹で落花生”などもあり、3,000円もあれば、腹いっぱいで酔っ払いだ。私はこの日で3度目であるが、常連いわく、いま千葉駅周辺では一押しのお店だそうだ。



Posted at 13時55分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

PHOTO

また発見!

また発見!

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2007/9

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.