やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

広告

2006年09月30日(土)

ストラテジーってレベル感のことだっけ?! [やだ的見聞録]

こんにちは・・・ヒロシです。さきほどクレヨンしんちゃんの映画をテレビでやっていたとです。社会問題を風刺した題材でとても面白かったとです。マンガ本は読まないとですが、テレビアニメはよく見るとです。しんちゃんはテレビ放映されてもう15年も経つとですね。思えば、私は仕事にもずいぶんと慣れ生意気になっていた頃とです。湾岸戦争の翌年で東京市場が世界3大市場のトップに躍り出たと言われた時期とですね。

そのころの経済指標はお祭り的なイベントという側面が強かったとです。中抜けといって、指標の発表前に食事と称してを飲みに行ったものとです。飲酒運転と同じで酒を飲んでも仕事に支障がないから大丈夫という意識とでした。でも、お酒を飲むことだけでお祭りといっているわけではなく、当時の発表直後200、300ポイントと飛ぶことはめずらしくなく、2時間ぐらいは大騒ぎをしていたことが多かったからとです。数字が出た瞬間は大台を確認したものとです。場合によっては取引が成立してから大台を確かめるようなときもあったぐらいとです。

最近はそういう気概のある市場参加者がいなくなったとでしょうか。ほとんど動かず日中と変わりないとです。アナリストタイプのディーラーが増えているのかもしれませんね。そんな相場とですから、ポジションを持っていようと、いなかろうと、個人的にも指標発表はあまり興味がなくなってきているとです。あの“粋”なディールはどこに行ったのでしょう。

アナリストと言えば、いろいろなところでアナリスト風の方々がストラテジーを書いているとですが、よく読んでみるとストラテジーではなくて、レベル感にしか過ぎないものが多いとです。ようはレンジ予想しているだけで戦略にはなっていないとですね。これでは、個人投資家もこじんまりしたディールが増えてしまうとです。確かな分析のストラテジーが望まれるとです。しかし、アナリストと思える人でも、当たれば評価が高まると、小さな変化を潮目だと大袈裟にいっていることが多いことには注意をしたいところとです。

Posted at 22時50分 パーマリンク


2006年09月29日(金)

円高論者、言い訳もここまでか?! [ヤダーズ法]

こんにちは・・・ヒロシです。この数ヶ月、円高論者は言い訳の厳しい流れが続いているとですね。8月は根拠のない円高論で、9月は月初めに116円を割ったことで分析の自信となったことが原因で引くに引けなくなっているとです。8月に素直に転換された方は正解でしたが、真面目な人は、上値重たく、下振れリスクは大きいなどと言い続けるしかないとですね。ここ数日は、せいぜい、下振れリスクがあるように見せかけて、下値を広く取った116円から118円のレンジ相場と言うことぐらいとでしょうか。気持ちは痛いほど分かるとです。私も以前はとても真面目だったので、理屈をこねくり回した予想を外しても、理論をなかったことにはできず、あり地獄に陥っていたとです。ただ、最近、私は預言なので素直に変更するとです(^^ゞ

以前から述べているとですが、そもそも、このところの相場は円が主導で動いてきたとです。要するに、年内に日本の利上げはないという観測に基づいた金利相場とです。なので、円高論者の見ているところが、とんと見当違いだったということですね。先日の下落も米経済指標の予想とのギャップに反応したドル売りに過ぎなかったわけで、絶好の買い場であったとです。日本の年内利上げ観測が大きくならない限り流れは変わらないとです。ドルを云々するのは、それこそレンジ相場で鞘を抜く材料でしかないとです。何か大きな実需が入らなければ『金利はボディーブロー』が正解とです。

今日にでも118円は超えてくる気配になってきたとですが、連日の上昇で少し調整が入ることもあるとでしょうか。ここで、止められてしまっては、逆に私が意地になりレンジ相場ですねと言わなければならなくなるとです。今下がったところの59銭を買ってみましたが、どうなることやら。

Posted at 10時16分 パーマリンク


2006年09月25日(月)

今週はどうする?ゴッドやだの為替占い・・・監修やだ神宮 [ゴッドやだの為替占い]

夕方散歩をしていたら、賑やかだったセミの声に代わり、秋の虫たちの声が方々から聞こえてきました。すっかり秋めいてまいりましたね。秋の虫の奏でる音はそれぞれ特有のものがあります。今週は好みの“秋の虫の音占い”でまいりましょう。


1. クツワムシガチャガチャ
2. スズムシリーンリーン
3. エンマコオロギリロリロリロリロリロリロリー
4. マツムシチンチロリン
5. クサキリヂーーーーーッ


監修やだ神宮

Posted at 10時44分 パーマリンク


2006年09月24日(日)

男心と秋の空、為替も秋の空模様 [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

こんにちは・・・ヒロシです。“女心と秋の空”といわれますが、本来は“男心と秋の空”といったようです。いずれも“秋の空”のように変わりやすい人の心をいっているとですね。女心というと繊細さだとか、気まぐれという感じとですが、男心となると浮気という感じとでしょうか。為替も変わりやすい秋の空のような動きとですね。上がるかと思ったら下がったり、下がるかと思ったら上がったりしているとです。

この1,2ヶ月は日本円が主導であると何度となく語ってきたように、日本の利上げがないとの観測で円が売られてきたとです。先週の急落は米経済指標の予想とのギャップが悪いほうに大きかったことでドルが売られたとです。今回は円の買戻しではなく、ドル売りと見ているので、流れが変わったとは見ていないとです。

もちろん、日本の期末であることから、レパトリの可能性や、引き続き米景気の極端な停滞がみられれば、米利下げ懸念が浮上してくることから、キャリートレードの解消が進み、さらなる下落は考えられるとです。また、レベルが下がったままの環境で、運用利回りを計算した結果により、それから風向きが徐々に変わり始めることもあるとです。為替ディーラーの仕事ではありませんので、ストレートに伝わらず少しタイムラグがあるとですが。新たな流れを作るきっかけはその辺りだろうかと考えているとです。

現状では利上げに対して確かな手ごたえを市場が感じない限り円買いにはなりにくいことと、米国の利下げ懸念もそれほど大きいものと思わないので、今週の展開としては、先週末の円買いドル売りの流れが継続する可能性は今の段階ではないと判断するとです。円高論者の鼻息が荒くなってきたこともあり、月曜日から楽しみな相場になりそうですね。

Posted at 20時21分 パーマリンク


2006年09月22日(金)

何か裏がある??? [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

こんにちは・・・ヒロシです。いやー、ギャップにやられたとですね。何かあるかと思うぐらいの予想との乖離があったとです。

そんなに景況感って、変わるものだったのですかね。指標の発表前から軟調ではあったが、116円40銭近辺のチャンネルを割ってくるとは思わんかったとです。

下落したばかりなので、東京時間は輸入筋の買いと調整の残り売りが交錯して硬直状態になっているとでしょうか。

流れでは、実需の買いが落ち着いてら、下値攻めをしたい感じもありますが、円を買えない状況では、次のドル売りのきっかけがなければ、一旦、これで終わりと思うとです。また、ドルを買って、じりじり上げるのを待つとです。

Posted at 14時21分 パーマリンク


2006年09月20日(水)

天高く、我肥ゆる秋 [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

こんにちは・・・ヒロシです。今朝6時前にトイレの窓から外を覗いたら、天気がすごく良くて、漂う雰囲気と香りが夏のさわやかな朝、そのものとでした。いつかの夏の合宿の朝を思い出したとです。

お昼になると雲ひとつなくなり(少しあるけどないところを見上げましょう)、抜けるような青空とです。とても気持ちが良いので、為替もそろそろ抜ける予兆と思いたいとですが・・・、なかなか動きませんね。上値も重たいが下値も堅いようですが、ここでドルを売ったところで、時間がかかれば、スワップがもったいない。となれば、ドルを仕込めば、『天高く、我肥ゆる秋』となるとです。さあ、気持ちよくマイン!といきましょう。お腹が空いてきたので、今日は酢豚でも食べて、体も肥ゆらせておくとです。

自民党総裁選が始まったとです。早くも開票前とですが、安倍氏当確が出たとです。麻生氏だと何となくキューっと、首を捻りたくなる雰囲気だし、谷垣氏だと、しっかりした政策だが、表向きは民主党に近いので面白くないことを考えると、安倍氏で良いかもしれないとです。

民主党にとっても、組し易い相手であるので、裕福な国民が多い?日本では、政治は娯楽であるので、のんびりお茶の間で楽しいドラマが見られるかもしれないとです。

Posted at 13時02分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

2006/9

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

PHOTO

グリーン・グリーンの替え歌で“スパン・スパン”

グリーン・グリーンの替え歌で“スパン・スパン”

たぶんミッキーは一匹しかいない?!

たぶんミッキーは一匹しかいない?!

最後の秋を楽しんだ

最後の秋を楽しんだ

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら
 

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.