やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

広告

2007年02月07日(水)

こんなもの要らない!“良識の府” [やだ的見聞録]

昨日、参議院本会議において、野党不在のまま補正予算が採決され、賛成多数で成立した。時事通信社によると、全野党が両院を通じて、予算委員会と本会議に出席しないままでの成立は、約40年ぶりとなる、2度目の異例の事態だそうだ。私には分からないが、それだけ、国民の代表である野党議員は、今後の国民生活にとって重大な問題と捉えているのであろう。決して政争の具ではないことを願う。

不思議なのは、オール与党での採決であるのに、1票だけ反対票があったことだ。
総数123
賛成122
反対  1
衆議院と違い、参議院はハイテクが進んでおり、投票はボタンを押すだけなので、反対したのが誰だか分からない。でも、たしか調べれば分かるはずという記憶はある。

設置された当時の“良識の府”といわれる参議院であれば、反対があっても、当然のことなのかもしれないが、政党化が進み、衆議院のコピーのような存在と化している現状では与党に反対票があることに違和感が残る。

コピーの存在であることから分かるように、参議院議員を見てみると、衆議院の滑り止めにしていたような人材が目立つ。また、両院にいえることだが、限られた組織からの候補者が出てくるため、限られた人種しか残らない。

参議院が“良識の府”というのであれば、もっと質の高い、経験と見識を持ち合わせた議員を選出するために、衆議院もそうであるが、参議院にも選挙制度を変える必要性を訴えたい。今のままでは、参議院そのものの存在に疑問が出てくる。ロッカーだか、靴箱だか、知らないが、安部さんのための応援歌を作っているような薄っぺらな若造はいらない。(衆議院なら面白いとは思いますが・・・。)

Posted at 18時47分 パーマリンク

今日の一手!『体力勝負』 [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

一時は下値攻めが終わったかと思える上昇を見せましたが、恐るべし、外人勢です。やはり昨日触れましたが、G7前ということで軟調の流れではあるようです。円買い材料には反応が早いですね。ほんと、油断はいけません。昨日、売るなら120円ミドルと自分で言っておきながら売れませんでした。テンポが悪く、ポジションが減っていないため、ちょっと、チキンな気持ちです。ショートに振った方のセンスに脱帽。

早朝の下値攻めには一息ついたようですが、120円の攻防は体力勝負になってきたようです。防戦買いは、いつ引いてくるか分かりませんが、次の下値攻めあたりは気をつけたいですね。個人的にはストップを巻き込んでも反発するものと見ていますので、材料が変わらなければ、買うタイミングを計るつもりではいます。

やはり、金利動向に変化の兆しが見えない限り、調整的な流れであり、大きな流れにはならないと判断します。タガが外されたとき、下値がどのレベルまで行くかは分かりませんが、落ち着けば、再度、上昇トレンドを描くものと見ています。

Posted at 10時42分 パーマリンク


2007年02月06日(火)

今日の一手!『防戦買いに参戦』 [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

昨日の流れを引き継ぎ、朝方は軟調に推移し120円割れも視野に入ってきたが、120円手前では前回の下落時にも見られたオプションの防戦買いが見られました。一旦は、下値攻めが終わったようですが、まだまだ火種は残っている感じですね。しかし、防戦買いがどれだけ強いものかは分かりませんが、攻め手がよほどの実需を持ち込むか、流れを巻き込むような動意が生まれないことには破られるものではない気がします。

実需については分かりかねますが、動意についてはG7や日銀金融政策決定会合の前であり、軟調の流れは続きやすいようです。120円割れを狙った心理も出てきているかもしれません。ただ、心理的な動揺で120円割れは当然考える必要があると思いますが、一方では金利相場が継続されていることで、底堅さはあることから、すぐに戻されるものと考えています。

今日の一手!としては、軟調地合いであることから、デイトレードとしては売りから入るのも興味はあるが、追っかけて売る気持ちにはなれません。一個人投資家が防戦買いに戦いを挑むことは無謀だと考えます。また利食いを考えると、120円ミドルでないと売れません。それならば、どこで買うかでありますが、120円割れを覚悟で、120円手前で買うしかないでしょう。ふたたび下値攻めが始まったときは、大崩の恐怖が付きまといますが、大きな流れは変わっていないので戻すものと判断します。

実は朝方、私は防戦買いに参戦。覚悟のナンピンをしました。

Posted at 12時31分 パーマリンク


2007年02月05日(月)

今日の一手!『寝たふり、下がれば買い』 [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

やはり、G7を控えて、大きな動きはないようですが、若干、円の調整が入っているのか、軟調気味ですね。今朝は121円割れたところは買ってみようと思っていましたが、買わなくて正解でした。底流は金利相場と考えますが、政治的要素がウェートを占めてきているので、ゆっくりながらも、まだまだ緩みそうな感じもします。120円前半は覚悟したほうが良いかもしれませんね。

ただ実際のG7では、前評判ほど円安に対して、政治的制裁を加えるような時代錯誤があるとは思えないので、120円前半ではドルを拾いたいと考えています。結果的には、なーんだ、ってことで、金利相場に戻ることでしょう。

何かあるとすれば、日本の2月の利上げにプレッシャーをかけることでしょうか。市場はある程度の反応をせざるを得ませんが、これを理由に利上げをするわけにはいかないと思いますので、底堅さは続き、米国の指標しだいではあるものの、上昇期待は高い。『金利はボディーブロー』です。

Posted at 22時05分 パーマリンク


2007年02月04日(日)

わるいやつら 中編 [日本沈没]

先月20日に書いた「わるいやつら前編」で述べたような収入に関しては、テレビなどでも報道されているので、ご存知の方も多かったことであろう。金額が多い少ないは、それぞれの考えがあると思うが、問題は支出なのだ。どのような支出をどの財布から出すのかが、自由裁量であり、明確でないことにある。

ところで、政治とカネの事件の背景にはお家事情もあると考えられる。十数年に及ぶ不景気(現実は政府見解とは違うのだ)で、有名議員以外は、パーティー券は売れず、企業献金はほとんどなくなっていた。また前回の選挙までは、配偶者や子を秘書にできたこともあり、家計も潤っていたのであろうが、法改正により三親等までは許されなくなったことで、突然、資金繰りが厳しくなった方もいる。

そんなことは関係なく、以前から、資金を生み出すために、心無い政治家の不透明な会計処理や今回のような土地取得や無料貸与されている議員会館を事務所として家賃を払っているような架空支出の偽造がまかり通ったのだろう。ここに政界マネーロンダリングといえる構造が見える。

家計以外の政党支部や個人の政治団体の財布は一般的にすべて事務所費といわれているものであるが、実はもうひとつ財布が存在する。それは選挙事務所である。お分かりだと思うが、当然のことながら、選挙期間だけ存在するものであり、他の事務所費と同じように政治資金規正法で定められている。

この期間は議員ではなく、候補者であるので、基本的にほかの財布は動かない。献金があった場合、この財布に入れる。余談だが、選挙カー、看板、ポスターなど、公に出来る選挙資金を国が払ってくれる。また政党からも選挙資金がくることから、意外と持ち出しが少ない。むかしに決めた法律なので、知らない方も多いようだが、こんなところにも税金が使われているのである。

なぜか落選すると選挙違反で摘発されることが多いといわれていることから、投票日前日にはどこの事務所もあらゆる資料を処分する。先日、この期間の資料が公表され、献金を届け出ていない議員が問題になったが、この期間の金銭関係は、もしものことを考え、責任者のひとりしか詳細は分からないことから、隠す資料を預かった人か責任者の反乱と想像する。私も前回の選挙で悪いことはしていないと断言できるが、必要がなくなったものであり、つまらないことに難癖を付けられてもいけないので、責任者として資料を処分した。

長くなってしまったので、続きはまたの機会に。

Posted at 17時17分 パーマリンク


2007年02月03日(土)

プリプリ、モチモチも魅力的だが、今はおこげに夢中! [グルメ]

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

以前は行く機会も多かったが、ここ数年、横浜へはお正月の墓参りぐらいで、年に一度しか行っていない。行けば中華街に立ち寄ることが多い。ただ、たまにしか行かないので、安くて美味しいところを知らないのが辛い。生前の祖母を囲んでの法事では『萬珍楼』や『聘珍楼』を使っていたが、ちょっと私には高級過ぎることが最近分かった。

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

今回はどこか旨くて安いところがないかと探索をしていると、メインストリートから外れた路地裏で、煌々と光る看板が目に入った。看板には中華家庭料理『山東』とあり、覗いてみると、夕食にはずいぶんと早い時間であり、他店は空いているのにも関わらず満席であった。満足そうにお店を出てきたカップルに様子を尋ねると、水餃子がお勧めの隠れた名店として有名だと言っていた。まだ若そうなカップルだったので、値段もそれほどは高くないだろうと思い、水餃子に夢を膨らませ入ってみた。

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

早速、水餃子735円を2人前注文。他に五目鍋巴(特製五目おこげ)2,100円と椒塩蝦(海老の胡椒炒め)2,625円を頼んだ。待つことしばし。水餃子用のタレであろか、テーブルに置いてあった真っ赤なタレが食をそそる。最初に海老が出てきた。新鮮味のあるプリプリな食感に香辛料の加減が絶妙で旨い、かっぱえびせん状態となり一気に食べた。

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

食べ終わるころに期待の水餃子が運ばれてきた。湯気が立ち込め、一段と興奮が高まる。猫舌の私は中身が熱そうなので、怖くて一口に頬張れない。半分かじる。熱い。おっ、具がすげー旨い。半分かじるとモッタイナイことにスープがこぼれ落ちてしまった。ならば、2個目からはフウフウしながら1口で食べる。熱いけどジュワっと口にスープが溢れ、モチモチした皮がとても良い。久方ぶりにこんなに美味しい水餃子を食べられ大満足。

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

お店を出たときには行列が出来ていた。

最後に特製五目おこげが出てきた。お運びのお姉さんが、目の前で、おこげに五目餡かけをザァッとかけると、ジュワっと大きな音を立てた。湯気とともに香ばしさが周辺に広がり、注目が集まる。ちょっと、恥ずかしい感じ。長く続く焼ける音と香りで興奮も頂点に達する。おこげは食べはじめと、終わりにかけては、水分が含まれることで食感が変わるので、最後までそれぞれの旨さが楽しめた。病み付きになりそうだ。

Posted at 14時12分 パーマリンク

厄除け [注目]

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

かわいいグッズを見つけてきました。中国の厄除けだそうです。何かというと、見て分かるかと思いますが、とうがらしです。にんじんではありません。ガラスで出来ており、見た目より重量を感じます。ひとつ切れ落ちた場合、身代わりになってくれたと云うことらしいです。大きいほうは中国茶をたくさん買ったらプレゼントしてくれました。くれるなら小さいのは買わなかったのに・・・と、ちょっとだけ思いました(^0_0^)

Posted at 08時29分 パーマリンク


2007年02月02日(金)

こんな私が対談してきました(゜o゜) [今日の出来事]

昨日は、田町駅からすぐにある、アクロスFXという会社に“対談のゲスト”でお呼ばれしてきました。定期的にゲストを呼んで対談しているようで、一緒にブログを書いている斉藤さんがプロデュースしています。

小林さんとは十数年のお付き合いですが、お会いするのは3年ぶりぐらいでしょうか。昔は私にいろいろご指南くださった師匠とも言える存在であり、“小林レポート”はとても参考にさせていただいておりました。そんなこともあり、お会いするのがとても楽しみでした。

個人投資家の方には朗報なので、簡単に小林さんを紹介させていただきます。私の知る限りでは、経験と知識が豊富なのは言うまでもないのですが、資金の知識を持って為替を語れる貴重な方で、証拠金業界では唯一の信頼できる本物のアナリストだと思います。やっと、この業界でも裏づけのあるテクニカル分析やファンダメンタルズ分析が出回ることで、今までのいい加減なアナリストは淘汰される(私だけ?)期待が持てます。

ところで、小林さんの変わらぬ風貌には驚きました。ひとまわり近く離れているのに、私のほうが年上のように映る・・・(ToT)/~~~。成長した私は、為替より“若作りの秘訣”を教えて欲しいです。

対談内容は近いうちにネット上で紹介されますので、乞うご期待!

Posted at 18時30分 パーマリンク

今日の一手!『とりあえず押し目で』 [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

今日は“にゃんにゃん”だから猫の日ですね。猫は嫌いではないのですが、引っかかれるのが嫌で、かわいい猫以外はあまり近寄らないようにしています。

遅いランチも終わり、のんびりしていたら、今日の一手!を書いていないことを思い出しました。遅くなりましたが、今夜に向けての戦略を考えることにしましょう。

昨夜は運が良いことに、乱高下を見ていなかったので、必然的にヤダーズ法『果報は寝て待て』という状態になっていたので、精神的にはプレッシャーを受けることもなく過ごせました。勢いからすると120円割れの危機が迫っていたように思いますが、良くぞ戻りましたねと、褒めてやりたい気分です。今だから言えるかもしれませんが、ナンピンを仕損じた思いは少しあります。

戻りの勢いも強かったので、底堅さを感じさせるところもありますが、上昇トレンドをブレイクしてしまったことで、121円台ロングポジションの利食いはしばらくお預けになった気がします。それどころか、上値の重たさに嫌気をさした売りにより、再び下値試しが起きる可能性には注意しなければならないと思います。

基本的には金利相場に変わりはなく、米国の利下げは遠のいたままであり、日本の利上げは見通しが立っていないと考えますので、再度、上昇トレンドを形成するものとみています。

土日にのんびりと過ごしたいことを考えるとポジションのない方は何もしないという選択もありますね。また、日計りのつもりで、米国指標の結果での動きを想定して、山を張るのも良いでしょう。もちろん、理由にも因りますが、再び120円前半に来た場合には、もう一度戻す可能性は高いと考えますので、押し目買いも検討したいです。

Posted at 14時33分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

2007/2

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

PHOTO

最後の晩餐にメニューが増えた!

最後の晩餐にメニューが増えた!

好きに焼かせろ(゜o゜)

好きに焼かせろ(゜o゜)

千葉・安食の鰻が美味いぞ

千葉・安食の鰻が美味いぞ

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら
 

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.