やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

広告

2007年03月05日(月)

“為替めぐり”〜嗚呼!円キャリートレード〜 [替え歌]

卒業式シーズンですね。学校の卒業は自分の成長を振り返れて誰にとっても良いものです。親としてもひとつの達成感?があることでしょう。大人になると節目もありがたいときと、ありがたくないときがあるものですが、為替の節目も同じですかね。ひとつの終わりを感じました。

卒業式と言えば、歌った歌が懐かしく思い出されますが、私にとっての一番は、みんなで旅行に行ったときに歌った『岬めぐり』です。当時としても古い歌で、卒業とは合わない歌詞にも関わらず、練習しながらみんなで歌ったことを覚えています。新しい一歩を踏み出すように感じていたのかもしれませんね。ひとつひとつの言葉に反応できる繊細なときでした。

為替も当時の気持ちのような、繊細に反応できるように、『岬めぐり』の替え歌で“為替めぐり”を作ってみました。今回、見事にロスを出された皆さん、一緒に歌って勇気を付け、新しいポジションを築きましょう。

あなたがいつか♪ 話してくれた♪
円キャリートレードを♪ 重ねて来た♪
セレブ生活♪ 約束したが♪
今ではそれも♪ かなわないこと♪

スワップめぐりの♪ 金利走る♪
口座に広がる♪ 赤い数字♪
悲しみ深く♪ 胸に沈めたら♪
このドル終えて♪ 円に帰ろう♪

Posted at 12時22分 パーマリンク


2007年03月02日(金)

覚悟が必要!114円50銭?! [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

今回の下落が急激であったことで、売り損なった方も多いとは思っていましたが、戻りには確実に売りが入り上値が重たいですね。さらに週末ということで、投げてくる向きもあったのでしょう。流れを見ると、昨年8月113円95銭、10月119円85銭、12月114円42銭、1月122円17銭、と流れてきているので、今回の底値は114円50銭から115円の間を覚悟しようと思います。

以前、円安が大きく進み頭打ちが続いていたころに、述べたことではありますが、基本的に、円キャリートレードは金利差を背景にしていることはもちろんなのですが、円安に向かうことが大前提であり大切な要素です。円安基調であったからこそ、単純な高金利の運用益だけでなく為替差益も得られ、結果的に大きな利回りとなる期待があり、雪だるま式に円キャリートレードが増えてきました。要するに自ずから円安を作り上げてきたのです。おかげで個人投資家もドルロングで楽しいスワップ生活ができました。この一連の円安基調が終わるとなれば、山から転げ落ちるように暴落となるのは、想像は容易いところです。

では、その円安基調の大きな流れに転換はあるのでしょうか。日本はインフレが起きるほど個人消費が強くなる状況ではないので、追加利上げは当面はないと判断して良いと考えます。もちろん、インフレが起きてからでは遅いのですが、インフレターゲット論があったことを思っても、まだまだ景気回復に力を注ぐ状況でしょう。また、政府与党の思惑もあり、多くの?皆さんが指摘する参議院選挙が終わってからの判断となる可能性も高いでしょう。そう考えると、日本サイドからの円安基調の転換はなさそうです。

余談ですが、今回の日銀の利上げは、G7で日銀がプレッシャーをかけられたと言う話がありますが、プレッシャーにやられたとしたら政府でしょうね。日銀に弱みはありませんが、政府は見えない人質を盾にされていますから、外交をスムーズにするためには致し方ないところでしょう。

一方、米国を見ると、リセッション突入かと言われているなかですが、来週は重要な米国指標が続きますので、結果を見極めた上での判断しかないでしょう。悪い数字であれば、もう一段の手仕舞いが起きることは間違いないが、継続的な利下げ局面を向かえるとの判断は早いと思うので、それこそ金利差を背景にした買いが入るレベルを探りたいと考えています。

現状は、今までとは逆に円高が円高を呼び転げ落ちている最中であるので、今後の指標の結果を見極めてからの参加が良いでしょう。ただ、荒れているときは儲けるチャンスでもあるので、余裕のある人は短期スタンスのつもりで参加するのも面白と思います。

Posted at 23時16分 パーマリンク

だから僕はハンターになれない?! [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

やはり火種はくすぶっていたようですね。昨日はそれぞれの金融市場で懸念された発火が起きました。中国発の調整?から米国の景気に対する懸念に移ってきたようです。為替では火力が分からなかったので、様子を見ていたというか、参加できませんでした。流れに乗って、ここは売りだと思う場面もあったのですが、躊躇してしまいましたね。さすがにその躊躇が尾を引いて?下がっても買えませんでした。大きな流れに確信が持てないときは、スペキュレーションもシュリンクしてしまいます。

本日も週末ということで積極的には動きにくいところですね。来週に重要な米国指標が控えていますので様子見が良いかと思ってしまいます。普段は指標なんて“ギャップを期待したハンターのお狩場”と言って、それほど気にもしていない私も、大きな流れのターニングポイントであるので、転換するのか、それとも継続されるのか、見極めたいところです。超短期スタンスでハンターになってみたいと思いますが、飲みに行っていなければ、寝ているでしょうから、ハンターにはなれそうもありません。

Posted at 11時01分 パーマリンク


2007年03月01日(木)

長いものには巻か・・・いや、自分で回れ! [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

市場は落ち着き?を取り戻しているのか、大暴落の後だけに、まったく動いていない感じがします。まあ、ロスカットもさせられ、スッキリし過ぎて、動けなくなっているというほうが正しいのかもしれませんね。

為替が安定していたこともあり、心配された米国株も踏み止まり反発したことで、米国債が売られ、利回りは上昇しています。おかげで、続くと懸念された金利安も一息つけたようで、ドル円の118円台前半では、しっかりとビッドが入ってくるようです。

このような市場のときは、いつもなら、『動かないときのドル』だとか、『馬券を購入するように』だとか、『丁半博打のつもりで』だとか、言っていますが、流れが転換する可能性があり、 本日は正直なところ、118円台では様子見とします。ただ、動きが出てきて、気持ちに火が点くようであれば、119円近辺や、118円近辺なら、もしかしたら逆張り?で参加しようとは思っています。

基本的には、大暴落とはいえ、大きな流れは変わっていないと考えています。ただ、火種が完全に消えているかは判断に迷い、予断が許さない状況でもありますので、ここは無理をせず、一歩引いた形で、市場を取り巻く環境はもちろんですが、改めて、米国指標の結果などを精査して、金利動向を見極めてからでも遅くはないでしょう。

年度末決算月でもありますので、今月は推測、思惑とかに関係なく、力技に振り回されることも想定したいところです。単体であれば無視も可能かもしれませんが、業界的な流れになることが多いので、付いていかなければなりません。『長いものには自分で回る』ですね。しっかりと資金の流れを追いかけ、慌てないことが肝心でしょう。ポジションを取るときには、利食いまでのストーリーをしっかりと組み立てることが、さらに大切になりますね。

Posted at 08時40分 パーマリンク

今月はどうする?ゴッドやだの為替占い [ゴッドやだの為替占い]

早くも3月!気象庁的には春となりました。ひな祭りを終えたら、もうすぐ、さくら祭り。あっという間に過ぎ去る時間の流れに体が付いていけなくなりそうです。為替の流れにも付いていけないことが多くなりましたが、心機一転がんばりましょう。

自信がある方もときには迷うもの。迷ったときの○○頼み。何かの足しに今月は“3月の異名占い”

1. 弥生
2. 桜月
3. 暮春
4. 嘉月
5. 花見月

監修やだ神宮宮司God

Posted at 00時52分 パーマリンク


2007年02月28日(水)

嫌な予感は当たるもの?! [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

昨日は市場がヒステリックになったときは『逃げるが勝ち』なんて言ってみましたが、“嫌な予感は当たるもの?”なんでしょうか。まあ、ここまでの大幅な暴落はもちろん想定外ではあったのですが・・・。

世界的な株安を受けて、質への逃避から米国債が買われ、長期金利の下落が加速されるとの思惑で、為替では円の持ち高調整からロスカットと、ついにはロングポジションの投売り状態になってしまったようですね。

なので、今回の暴落はロスカットの嵐に巻き込まれただけで、円キャリートレードの解消によるものとは思えず、資金運用者の立場で考えれば、これで円キャリートレードが終焉に向かう状況ではないと考えます。117円台なら持っていてもリスクは少ないかと思います。

もちろん、円買いがここで終わるとは断言はできません。米国経済の失速による米利下げ観測や、地政学リスクが高まれば、ドル売りに反応し、円キャリートレードの解消とつながってくるでしょう。改めて、その辺の検証が必要となるのはいうまでもないところです。

オプションでドル円のボラティリティーが10.5%と高い水準ですので、リスクは大きいが、ここは利益を得るチャンスでもあります。上昇したところは短期の利食いやシュートメイクで売る人も多くなりそうなので、短期レンジを想定した売買を基本としたいですね。相場を見ていられない人でも馬券を買うつもりで利食いとロスカットを入れ、放って置けるなら良いですが、ポジションが残ってしまうとしんどいので様子見が良いかと。

Posted at 19時33分 パーマリンク


2007年02月27日(火)

時には『逃げるが勝ち』?! [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

案外、上値は重たいものですね。ロスカットはしていないものの、苦しい戦いになってきました。流れを変えるまでには至っていないと思うので、ヤダーズ法『待てば海路の日和あり』で気にしないことにするとです。

グリーンスパンの発言で弱気の虫が目を覚ましたとでしょうか。ロスカットオーダーのレベルが上がってきているようです。もう一段の下落がありそうな気配とですね。そこは私が買いたいところ(^^ゞ

市場ではファンダメンタルズを不安視する声が聞かれるが、だからと言って、売りから入るのは時期尚早という気がします。長期金利が下がってきたことは気になりますが、一時的な資金退避と考えます。長く待つならドルロングが精神衛生上は良いでしょう。

気になるのは市場を取り巻く環境に暗雲が立ち込めそうなことでしょうか。要人発言も私にとっては厄介なことが多いですが、地政学リスクはもっといただけないです。まあ、市場がヒステリックになったときは『逃げるが勝ち』ってこともあるとですね。

Posted at 10時37分 パーマリンク


2007年02月26日(月)

今がチャンス?! [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

先週は日銀の利上げにも関わらずドル円は連日上昇を続けましたが、さすがに週末は調整が入ったようですね。今日も調整が続いているのか上値が重たいようで、底値の確認から始まっているようです。でも、ドル円単体での調整はこんなものと考えます。

今週は重要な経済指標も多いので、その結果を精査した上でのポジション取りとなるのでしょうか。円安の流れが止まらずEUの金融政策の弊害となっていることやイラン問題などの地政学的リスクも高まってきたことでは、要人発言にも注目が集まりやすいことでしょう。

基本的には、金利差という大きな流れの中で、円安は継続され、ドル円は今年の高値更新を続けていくと考えていますが、上述したようなことで冷や水を差される場面も多くなり、当面は123円ぐらいをターゲットとします。米国指標はトレンド転換が生まれるほどインパクトある結果はないと思いますので追い風になることを期待しましょう。

今週はユーロドルとユーロ円の市場しだいと考えますが、通常は、ユーロドル市場のほうが大きいので、ユーロ高によるドル安のほうが、ユーロ高による円安より、最初は強く出る可能性があり、ドル円では下振れリスクが高まりますので、底値の確認のような動きになると考えます。どこまで下がるかは分かりませんが、円安基調ではあるので、現状のレベルからすれば、120円の中盤から後半は拾ってみたいです。

Posted at 09時49分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

2007/3

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PHOTO

とりあえず満足してます

とりあえず満足してます

えっ、チーズが、こんなんなりました。

えっ、チーズが、こんなんなりました。

内房は酒も旨い!

内房は酒も旨い!

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら
 

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.