やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

広告

2007年03月15日(木)

そうなんですか! [やだ的見聞録]

・ あるんですね、懲役28年。仙台アーケード事故。懲役は20年までだと誤解していた。
・ あるんですね、冤罪事件。刑期を終えた後に真犯人。弁護士は何していたんだろう。
・ あるんですね、アマチュア野球の代償?政治家より厳しい処分。これが美しい国の教育。
・ あるんですね、クジラ救出で事故死。今後は食べることにしよう。日本の食文化です。
・ あるんですね、焼酎の牛乳割り。ミルクセーキみたいで美味しいです。トマトでも旨い。
・ いるんですね、目が曇った東証幹部と裏の人間。日本の株式市場は無法地帯です。
・ いるんですね、喫煙マナーを注意できる高校教師。でも、女性を蹴っちゃダメよね。
・ いるんですね、嫌がらせの手紙を出す中学教師。ん?何だっけ?忘れた。
・ いるんですね、友情を取る政治家。衛藤氏の就職?のために安倍総理刺し違える覚悟。
・ いるんですね、のび太3兄弟。長男悪の松岡、次男善の古田、三男美のヨン様。

Posted at 22時13分 パーマリンク

備えあれば憂いなし [ヤダーズ法]

NYK市場の流れを受けて、ドル円が堅調に推移していますね。ほぼ予想通りというか、期待通りに戻してはいるのですが、調子の悪いときはうまくいかないもので、いつもならナンピン買いをしているだろうに、昨日はできなかったのでドルロングコストは高いところにあります。最近は、頭はかろうじて動いているが、体が動かなくなっているという感じでしょうか。

円売りがしやすかった背景として、米国株の反発や債券利回りの上昇が挙げられますが、米経済がリセッションに陥るとの見方が依然としてくすぶっており、不透明感は強いことから上昇にも限界を感じます。今後の米経済指標の強い数字を期待したいところですが、実際のところ、期待は・・・高くないので、利下げの思惑が先行しやすいように思います。

自己ポジションとしては、利食い癖を付けたいので、予定の利益ではないですが、早朝に利食いをしました。そのため、ドルロングコストは118円台に上がってしまいましたが、この先、急落してもポジションが軽い分、ナンピンも選択肢になるなど、動きやすくなったと言えます。『備えあれば憂いなし』と言うところでしょうか。基本的には米国の強いドル政策に変わりはないので、上手に辛抱できるようなドルロングポジション取りを心がけたいと思います。無茶をするときは自分の流れが出てきてからで良いでしょう。

Posted at 10時08分 パーマリンク


2007年03月14日(水)

“ガラポン”せにゃアカン!・・・後編 [日本沈没]

画像(180x126)・拡大画像(320x224)

結論を述べますと、権力(小選挙区制度の公認)やカネ(政党交付金)で、候補者が限定され、有権者の選択が奪われている現実をなくさなければなりません。思えば、税金を導入した政党助成金や小選挙区制度は、本来はお金がかからない政治活動として導入されたはずなのですが、実際は、党の執行部が候補者の身分保障を担保に金権独裁政治を行うものになっています。このような一部の仲良しグループだけの候補者では、まったく国民が政治参加できません。少なくとも、小選挙区制を中選挙区制に変え、国民が支援するしないにかかわらず、強制的に税金が投入される政党交付金は廃止とするべきでしょう。本当に支持されるのであれば個人献金で賄えるはずです。年間かかる370億円は福祉に回しましょう。

選挙制度の根本からの“ガラポン”をするために、無所属だけが当選するようになれば、有権者を見た政治改革も可能となってくるでしょう。また地方議員は陪審員制度と同じように抽選で選び、基本は仕事ではなくボランティアとするべきです。現状では年間約80日しかない議会なのですから、仕事が終わった夜に会議をしても十分機能するのでしょう。その第一歩として今度の地方選挙に出馬?したいと画策しています・・・が、当選のためには実質の無所属では選挙運動すらままならないのが現実だと言うジレンマが・・・。制度改革を成し遂げるためにも、まずは当選・・・。

Posted at 20時54分 パーマリンク

円買いで思うこと [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

なかなか波に乗れません。入り口が間違えた上に、ナンピンをしてしまったことが、さらに悪い流れとなっているようです。日本の経済指標が今後も力強いものが続くとの見方もされ、追加利上げの期待から上値が重たくなっていたところに、利上げを背景としたユーロ高→ドル安→円高との流れもあるのでしょう。

本日は米国株の下落の流れを受けて、日本株も下落していますが、円高だから株安なのか、株安だから円の買戻しかは、どちらでも良いのですが、日本株が上昇した場合でも、景気拡大の期待が高まり、追加利上げの環境が整ってくることなどの思惑が働き、どの材料も上値を重たくし円高に動きやすい状況のようです。

依然として金利相場には変わりはないと思いますので、米国経済の力強い数字が示されれば、円キャリートレードも再燃する期待も高まるのですが、一進一退のような現状では、円高地合いの様相は変わらないかもしれませんね。

楽観的観測ですが、116円を一時は割り込んだとはいえ、このレベルから実需を含め、積極的に円を買う流れではないと思っています。私のようにアゲンストのロングを抱えている方は、『果報は寝て待て』と言ったところでしょうか。もちろん、下振れリスクはくすぶっているので、リスクを覚悟の判断をしなければなりませんね。今回、ナンピンは一度だけと決めていたので、基本的には辛抱するだけですが、ダラダラではなく急落した場合は、ナンピンというスタンスではなく、小銭稼ぎのつもりで買うことも想定します。

いまさらですが、思惑と違った想定外の材料で動いた場合は・・・、要するに動いた理由が分からない場合は、早めのロスカットが大切ですね。

Posted at 14時02分 パーマリンク


2007年03月13日(火)

“ガラポン”せにゃアカン!・・・中篇 [日本沈没]

小選挙区制度と同時に導入された政党助成金(正確には政党交付金)は年間約370億円になり、平均すると議員1人あたり5,000万円近くにもなります。自民や民主では1000万円が議員に配分されていますが、残りの4,000万円弱は党の運営資金や選挙活動費となります。つまり税金で選挙活動ができるのですから、無所属と比べたら不公平極まりない制度と言えます。

ちなみに共産党は憲法19条に違反しているとして受け取りを拒否しているので、ある意味、真っ当な政党と言えるのですが、残念ながら、その拒否した政党交付金は他の政党が分け合ってしまっています。不公平と言えば、ポスターや選挙カーも党として候補者とは別に出せるので、公認候補は単純に無所属候補者の2倍は宣伝できます。

余談ですが、党が労働組合などの組織を大切にするのは、お分かりのように選挙活動での動員力のためです。一般の人にはとても支持されている候補者または政党とアピールできます。そ、これは、いわばヤラセのようなものです。選挙活動の参加者には参加手当てのようなものがあるという噂も・・・(゜o゜)

多くの候補者の目的が就職活動にあることも大きな問題です。政策を持たずに政治家になることが目的となってしまうので、現行の仕組みでは政策ではなく党ありきとなってしまうのです。特に国政選挙では、小選挙区制度のために自民党では立候補する場所がなく、また社民党では当選できないことから、民主党から立候補する人がたくさんいます。現状ではその受け皿も埋まってしまいました。2大政党とはこんなものです。マニフェスト選挙と言われるようになりましたが、まだまだ日本は政策が一切関係ないようです。

本来は候補者全員がそれぞれのマニフェストを掲げて戦い、有権者の代表として議会で議論することが国民のためになると考えます。議会では、仲間(党)ありきではなく、事案ごとに同じ意見の人で仲間(政策集団)を作り、内容を詰めれば良いでしょう。最終的にいくつかの政策が出たなかで、調整や採決をすれば、民意が反映された結果が得られると考えます。

それができないのであれば、ネット社会のメリットを活かし、なんでも国民投票をすれば良いのです。政治家の人件費も必要なくなります。ただ、人間はヒステリックになりやすいところもあるので、なんらかの報道で誘導されてしまい、本当に良い結果が得られるかは疑問が残ります。それでも、それは自分たちの判断であり、騙されたわけではないので納得はできるのではないでしょうか。

Posted at 16時14分 パーマリンク

“ガラポン”せにゃアカン!・・・前編 [日本沈没]

先日、このブログに政界再編を望むコメントをいただいたので、ちょっとだけ、その話題に触れてみます。基本的な考えとして政界再編は私も望むところなのですが、現状の政治家のあり方や選挙制度の下で党が存在続けることでは、何度政界再編が行われても変わらないように思っています。もちろん、何も変わらないよりはましなのですが、表面的な“ガラポン”では、根本的に何も変わらないように思います。

都知事選候補者となった浅野氏の発言でもお分かりのように、政治家にとって党の存在そのものが、政策以前に選挙のためのものなのです。造反議員に知名度の高い人が多かったことでもうなずけますよね。知名度がなくて造反した人は、国民のためと信じたことでも、政治家としてはただの愚か者だったのです。

無党派層という言葉が脚光を浴びるようになりましたが、それでも多くの無党派層はよく分からないことを理由に、人ではなく、政党に投票している現状を見れば、分かりきったことでした。自分の力で有権者の代表として選ばれたと勘違いしていたのでしょうね。また集金力も違ったのでしょう。今さらながらに気がついて復党した方や切望している方は、もっと情けない愚か者にしか映りませんが、お金と身分の保証がある以上、人情的には分かります。

浅野氏が後から言い過ぎたと訂正しましたが、民主党の金と動員力は欲しいと言ったのは、民主党支持者の票を期待したものではなく、選挙活動に必要不可欠だからなのです。無所属の場合、人の確保が大変です。1,2週間にわたって一緒に行動してくれる人間は、一般人にはいないのが現実です。人件費やポスター代などの選挙費用(一部は公的負担がある)も無所属は全額自己負担ですが、政党公認や推薦であれば、場合によっては、丸抱えと言うこともありえます。地方議員選挙でも一般的には500万円の覚悟ですから党は大切な存在と言えます。

Posted at 14時00分 パーマリンク


2007年03月12日(月)

円買いなのね、流れに乗れない [ヤダーズ法]

追加利上げの思惑が再燃しているのでしょうか。円が買われています。タイミングが悪いようで、今回はまだ流れに乗れていません。ショートに振って上手く利食いができたまでは良かったのですが、得意のロングにもかかわらず、戻しには参加できず、リズムを崩すことになったようです。今朝ドル円ロングにしたときには、すでに、よくある負けパターンになっていたようです。

ここは決断が必要ですね。ナンピンかロスカットか。一般的には泥沼にはまってもいけないので、すっきりと仕切り直しが良いと思われますが・・・、ロスカットをしたとたんに戻されてしまうと、最悪の負けリズムとなってしまうので、ナンピンとしましょう。『為替万事塞翁が馬』です。ただ、間が悪いので、一度だけ、116円台になったらとします。

Posted at 22時22分 パーマリンク

素直に流れに乗ったポジションメイクが吉 [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

米経済の先行きに対する不透明感が払拭されたと考えるのは早計だと思うが、米雇用統計の結果で大きな懸念材料が払拭され安心感が得られたのか、株の下げ止まりを受け、再度円は売られ始めたようだ。一旦は下振れリスクが回避されたと判断しても良いのであろう。本日は株式市場にも安心感が広がってくることから、対円は堅調に推移するものと考える。また、本邦輸入筋の期越えの手当ても強まってくることから底堅さも出てくることだろう。

ただ、そうは言っても、119円手前では実需の売りが出てくるだろうから、急騰の期待はあまりしないほうが良いと見ている。118円台のレンジ相場を想定して、118円前半からのロングで入りたい。

今後は、米国指標は当然のことながら、日本指標が強いものを示してくるようであれば、追加利上げの憶測が飛び交い、注目が集まることであろう。だからと言って、一つや二つ良い数字が出たところで、即円買いとはならず、上値を重たくする程度と推測する。やはり、個人消費の力強い上昇が条件であろう。『金利はボディーブロー』の流れで、じわじわでも上昇と見ている。

厄介なのが、地政学リスクだ。イラン問題が収束するとはあまり考えられず、ドル上昇の大きな足かせとなるだろう。特別な対処法などないので、いざとなったら逃げられるスタンスで臨むしかない。

Posted at 08時30分 パーマリンク


2007年03月11日(日)

対談してきました! [注目]

画像(130x90)

みなさん、実は一月ほど前になるのですが、対談にお呼ばれしたので行ってきました。インターバンクの世界・・・いわゆるプロ向けのアナリストとして、ディーラーの信頼も厚い小林氏からお呼びがかかったのです。なんと、光栄なことでしょう。興奮のあまり、慣れない笑顔で顔が引きつっております”^_^”

よろしければ、見てみてください(*^_^*)

写真かここをクリック

久方ぶりに小林氏に再会できて、とても楽しいときを過ごしました。斉藤さんありがとね。

Posted at 19時36分 パーマリンク

また発見! [グルメ]

画像(180x134)・拡大画像(319x239)

先月紹介した“チーズオムレット”に続いて、またまた、驚きの味に出会ってしまったとです。それは、チョコレートで有名なロイズで作られた“ポテトチップチョコレート”だ。えっ、と思うところもありますが、ほんと、想像とは大違いの旨さとですよ。チョコの質が高いことも旨さの一因なのですが、ポテトシップスの塩加減がチョコにマッチしているとです。一度封を開けたら、なくなるまで止まらんとです。ぜひ、一度賞味あれ。

画像(180x134)・拡大画像(319x239)

食感もとても良いです(*^_^*)
くれぐれも一人でお食べください(*^_^*)
なぜかって(゜o゜)
食べれば分かります¥(◎o◎)/!

Posted at 13時49分 パーマリンク


2007年03月08日(木)

発掘!あるある大事件?・・・3月号 [やだ的見聞録]

・ 争点はオリンピック開催と給料の有無だけか
・ 築地移転問題急浮上、政策なき浅野氏助かる
・ 政策では石原氏対黒川氏なのだから民主の推薦はお門違い
・ 推薦を断るも民主党に挨拶に行く浅野氏の矛盾、喜ぶ民主党のお粗末さ
・ 不正に立ち向かってきた浅野氏、こんどは何に立ち向かう
・ ボランティアで働く知事を見てみたい
・ 政治資金の不正記載は脱税だ
・ 地球上の3%の水に頼る60億の人類にとっては、還元水なんて安いもの
・ ごめん、還元水って何だ?松岡さん
・ 暖冬で暖房機を買う?環境破壊なのか、経済活性化なのか
・ いつの間に責任逃れたフジテレビ
・ 衛星1・2、ハイビジョン、地デジ総合1・2、教育1・2・3も必要か
・ 紅白見ない、演歌を聴かない、おふくろさんを忘れてた
・ 替え歌はJASRACからのクレームが
・ 育成選手とか支配下選手って・・・中村選手は即戦力だ
・ うちにいらない金属製品ありますが・・・取りに来て
・ 正しい歴史認識は大切だが、米国議会は大きなお世話、他にやることないのか

Posted at 22時16分 パーマリンク

日銀は失敗?!でも、どぜうが居れば僕は良い!! [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

反発上昇したときに売ってみた方は結果的に正解でしたね。午前中の下げで予定通りの利食いができたことでしょう。でも、下げたことが奇跡だったのでしょうか。日本株に底堅さがあるおかげで、驚くことに、こんなに早く、再び116円台半ばまで戻しています。なかなか上手くはいかないもので、私は新規にロングポジションを作ることはできませんでした。タラレバの後悔をしていても仕方がないので、ここから新規にショートに振るかは悩みどころですが、戻りがここまでなら、“2匹目のどぜう”が頭に浮かびます。たいていはロングのときにしか浮かばない“2匹目のどぜう”なんですが、浮かんでしまったのが運の○○でしょうか。

米国経済の不透明感が高まっている以上、まだしばらくは方向性が出ないと考えています。なので、ロングにせよ、ショートにせよ、短めのスタンスでレンジ相場として臨むのが良いと思います。ドル円では117円に乗せるようならあきらめるとして、116円ミドルなら売ってみても良いでしょう。でも、すでに動きは止まっているので、再度下落するにしても、しんどい戦いとなる可能性はあり、気の乗らない人は様子見ですね。

日銀が利上げしたのは早かったかもしれませんね。今回の暴落は利上げを待っての動きのようにも思わないでもないですが・・・。今後、強い数字が続かないようだとインフレターゲット論が復活するのではないでしょうか。投資家のマインドは依然として強気に見えるので、日本株に底堅さはあるように思いますが、もうひと調整があるようであれば、状況は一変してしまう恐れがあるでしょう。もう少し株市場の動向を見てから中長期のロングを仕込むレベルを考えようと思います。

Posted at 13時52分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

2007/3

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PHOTO

おススメ!

おススメ!

古き良きラーメン屋

古き良きラーメン屋

神戸旅情グルメ編・・・これが本場の“ソバメシ”だ!

神戸旅情グルメ編・・・これが本場の“ソバメシ”だ!

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら
 

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.