やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

広告

2007年04月21日(土)

裁定取引2 [ヤダーズ法]

今回の“ヘッジ”でお気づきのように、この2つのロングポジション(ドル円とユーロドルで)を持つことは、理論上、ユーロ円でユーロを買っているのと同じことになります。ドルが主導で動く相場と捉え、ユーロ円が動かないことを前提とすると、ドル円で100ポイント下がった場合、ユーロドルで100ポイント上がるので、理屈ではチャラとなります。理論上リスクなく、ユーロ円ロング相当のスワップは残ります。

しかし、この単純な発想は、ドルの価値に焦点を当てたもので、今回の流れでは“ヘッジ”にはならず、“結果に救われた”ものの、途中は失敗で、ナンピンしても変わらなかったようです。“ロスカット”か“ナンピン”か“ヘッジ”か、そして、その想定“期間”を、そのときの流れで判断するしかないようす。

今回この作戦を執った理由は、本来は理論上チャラなので、スワップは入るものの、両サイド(同じ通貨でロングポジションとショートポジション)を同時に持つのと同じぐらい意味のないはずなのですが、円安基調に変わりはなく、ユーロ>ドル>円という流れが続いていると判断すれば、中長期的には、上昇率の順にユーロ円、ユーロドル、ドル円と上昇することで、2つのポジションとも利益を得ると判断したからです。要は、一番期待のできるユーロ円でユーロを理論上持っているので、利食いが出来るというシナリオでした。“ヘッジ”した直後に失敗かと思われたのは、ドル軟調からユーロの調整が入り、円買戻しの流れとつながってしまったことです。しかし、前述した不等式に変わりはないので、結果的に利益を得られるものと信じておりました。

この発想で3通貨同時に取引ができれば、理論上はリスクなしに利益を得られます。例えば、今回のように、ユーロドル買い、ドル円買いをしている場合は、ユーロ円で買っていることになるので、理論上のポジションをなくすには、ユーロ円売りを同時にすればよいのです。ユーロドルとドル円の理論値が現物のユーロ円より低い値になれば利益です。市場がそれぞれ違うので、瞬間的な歪を狙った取引なのですが、これを裁定取引(アービトラージ)と言い、客玉の少ない外銀のディーラーの手法としてありました。この手法は単に鞘取りなので相場観は一切関係ありません。いかに歪みを見つけるかが勝負です。

ただ、個人投資家の場合は3通貨それぞれポジションが残り、それぞれ決済しないといけないので、裁定取引は事実上不可能です。理論値を参考にして入り口を決める程度ではないでしょうか。ユーロ円を買いたい場合は、ユーロドルとドル円から理論値を出して、現物が低い場合は買うと言う具合でしょう。ちなみにスワップは3通貨のポジションを持っているので相殺されますが若干払いになるように思います。なので実質は、手数料とスワップの払いが利益を超えてしまうと思います。

なかなかウマいこと儲ける方法はありませんね。経験を積んで洞察力と決断力を磨いていくしかないようです。

Posted at 23時55分 パーマリンク

裁定取引1 [ヤダーズ法]

ドル円が117円のミドルに近づいたときは、大きくは崩れるとは思わなかったものの、これ以上何かが起こらないようにと心配しましたが、金曜日には円の買い戻しが入り落ち着きを取り戻したようです。ただ、119円には及ばず、楽観するには少し早いかも知れません。ユーロは調整色の強いものだったと思いますので、追い風待ちってところでしょうか。

そう言えば、18日に私は『ナンピンよりヘッジ』と述べていますが、正確に言うと、こんなものは“ヘッジ”とは言いません。“イメージ的”にそう使ったのです。個人投資家の多くが、こういう表現を使うようになると正しくなるかもしれませんが。

ちなみに、“スワップ金利”という言葉もよく聞かれますが、本来おかしいように思います。どこかの業者が使い始めたのでしょうが、これも個人投資家の為替への参加が増えるとともに今では平気で使われるようになりました。私は“スワップポイント”の方がしっくりすると思います。

ちょっと話が反れましたが、『ナンピンよりヘッジ』について、何人かに聞かれたので、簡単に説明します。基本的な考えとして、ナンピンすると平均コストは半分になりますが、資金は2倍必要となり、資金リスクは2倍になります。要はナンピンしたあとに、さらに逆に行くと損失が倍増するわけです。もちろん、フェーバーに動けば利益倍増ですね。

ならば、今回のようにドル円でドルを買っている場合は、ユーロドルでユーロを買っておけば、そこからさらにドルの価値が下がっても、その損失は相殺されるということです。言い換えれば、ドル円が下落して含み損ができても、ユーロドルが上昇することで含み益ができ、損失はカバーできます。

Posted at 22時31分 パーマリンク


2007年04月19日(木)

ここが正念場! [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

嫌な予感というのは当たるもの?で、“もうひと波”来てしまいました。ドル円は118円を割り込んでいます。結果的に多く?のコメンテーターの予想したことが正しい展開になっているようですね。やはりレベル感を多くの方が共有すると高いハードルとなるようです。今月16日に『レベル感で判断すると相場が見えない』と言いましたが、“無理をしては相場に勝てない”ということもあるようです。

今月4日に『ドルロンガーの皆様へ!』と題して、4月の下落について触れていますが、もともと根拠はないのですが、その下落が今回だと思っています。今回はドルが弱くなった流れが、ユーロの調整売りにつながり、円の買戻しの流れとなっているようです。福井日銀総裁の発言を受け、日銀の利上げが早くなる憶測が広がったこともあるでしょう。

懲りずに無理を通すつもりはないのですが、今の時点では利上げ観測は憶測に過ぎず、円安基調が続くものと考えています。ボーナス時期を過ぎるまでは本邦機関投資家の資金の流れは変わらないと思っているので、感覚的には、この辺からは反発するものと推察します。さっぱりと仕切り直すか、我慢をしてナンピンを仕掛けるかは、各々の判断ですが、ユーロドル、ドル円ともに押し目買いスタンス続行が良いと考えます。このような相場はより“チキン”になりやすいのですが、ドル円でいえば、117円後半で一旦買ってみるしかないと思っています。

Posted at 11時46分 パーマリンク


2007年04月18日(水)

ナンピンよりヘッジ! [ヤダーズ法]

円ショートには苦しい展開になっていますね。ドルが弱くなったことをきっかけにクロス円の買戻しが入りました。もうひと波来るかもしれませんが、この段階でドルが大きく崩れるとは思わないので、ヤダーズ法『果報は寝て待て』でどっしりと構えていたいと思います。

大きな流れは変わっていないと判断して、ナンピンを考えてみたのですが、ユーロ>ドル>円からユーロ>ドル≧円に近づいているので、ドル円が戻すにしても、まったりと時間がかかる可能性が高いのと、ポジションが増える分、心理的な負担が大きくなるだけなので、ユーロ買いでヘッジ?をしたほうが得策かと考えます。

Posted at 22時35分 パーマリンク


2007年04月17日(火)

不等式に変わりなければ展開も同じ! [ヤダーズ法]

ユーロが強くなったことでドル円が軟調に推移していますね。ユーロ>ドル>円の構図には変わりはないので、この不等式が続く場合は、今までと同じ展開だろうから、ドル円は押し目買いのチャンスと見ています。もちろん、ユーロドル、ユーロ円も押し目買いスタンスです。

G7が何事もなく過ぎたのにもかかわらず、レベル感で、そろそろ対円の上値は限界だろうと“チキン”になる人が増えているようですが、超短期では売れても、基本的にはまだ売る局面ではないと思います。

ドル円は119円割れがないとは言いきれませんが、119円前半であれば1度は拾いたい気がします。円安基調のなかで、指標によるドルの強さの確認が続くことで、今後もマッタリした動きであると考えますのでヤダーズ法『動かないときのドル』が有効になるのではないでしょうか。

Posted at 23時25分 パーマリンク

120円は時間の問題?! [ヤダーズ法]

ドル円は120円を手前に足踏み状態となるのでしょうか。オプションの防戦売りがあるといわれていますね。ユーロ円も史上高値更新を続けており、心理的にそろそろ終わりではないかなという思いが頭をかすめます。

また、福井日銀総裁が財金(財務金融委員会)に出席して、景気は緩やかに拡大していること、経済物価状況の変化に応じて金融政策を適切に運営すること、為替市場で一方向に偏った取引のリスクを指摘する発言をしたことも、円売りに棹差すことになりそうです。

一方で、消費が堅調と言えない背景に賃金の伸び悩みを挙げており、政府とは大きな方向性では視点を共有しているという意味深な発言ではありますが、早期利上げはないようにも受け取れますね。視点とは参議院選挙でしょうか。

このような相場はあまり余計なことを考えずに、素直に大河の流れに乗ったヤダーズ法の『金利はボディーブロー』が有効でしょう。まだ資金の流れが変わるような状況ではありません。

ですから、オプション防戦売りであれば、一時的なものでいずれ突破するものと推察します。それに、まだ売りから入るのは早いと考えます。もちろん、デイトレはどちらからでも良いかもしれませんが・・・。

まっ、せっかく福井日銀総裁が注意勧告?をしてくださっているのですから、もう一度、ポジションや相場観を見直してみるのも良いかもしれませんね。

Posted at 13時17分 パーマリンク


2007年04月16日(月)

経験者には簡単な相場?! [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

本日のオープン前に考えた戦略はとりあえず正しかったようですね。先週末は戻して引けたことで、ドル円はそれほどではありませんでしたが、円安基調が継続されたことで、ユーロ円は上昇への弾みとなりました。G7前に指摘したとおり、ユーロ>ドル>円という構造に変わりはないようです。

政治イベントを終えたものの、何のインパクトもなかったことで、今後の市場の材料としては、再び米経済の不透明感に戻ってくるでしょう。今後も引き続き米経済指標に注目する必要があります。とくに今週は本日の米小売売上高と明日の米消費者物価指数や住宅着工件数が大切となりますね。

前述した不等式は当面継続されると考えられるので、今後の戦略も同様に継続することが良いかと思います。感覚的には、米指標の結果を受けてドルが強くなったときは、ユーロドルの押し目買い、ドルが弱くなったときは、ドル円の押し目買い、裁定の塩梅を見て、ユーロ円はそれなりに?押し目買いというスタンスでまいりましょう。

基本的に金利相場が継続されていることで、引き続き、資金の流れに逆らわずに素直に戦略を組み立てれば、負けることはないと考えます。『負けない投資』が4億円を生み出します(゜o゜)地政学リスクなどで予期せぬ動きがなければ、今後も経験者?には簡単な?相場となるでしょう。

Posted at 21時25分 パーマリンク

レベル感で判断すると相場が見えない?! [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

G7の結果を受けて、そろそろ今週もスタートしますが、先週私が指摘した通りになり・・・、というよりそれ以上になって、円安基調の流れを止めることはなさそうですね。ポジション調整による変動があったものの、すでに先週末は戻して引けました。

ここの読者の方の多くは?ドル円ロングだと推察いたしますが、スタート直後、大きな上昇があれば、一旦は一部利食いをしても良いと思います。また、動きがないようでも利益が出ているポジションもあるでしょうから同様です。下落した場合は、引き続き押し目買いスタンスを継続でよろしいのではないでしょうか。それぞれのポジション量と相談ください。

ところで、最近、ユーロ絡みはとくにですが、ドル円でも高いレベルということで、警鐘を打ち鳴らす方が多いように思います。確かに、もうそろそろ良いレベルかなと思いますし、そう思う方が増えることで、上値を重たくすることも事実です。

でも、考えてみてください。円安円高っていうのは、絶対的評価ではなくて、相対的なものであるのだから、いつと比べるかによって、評価がまったく変わってきます。ですから、あまりそのような根拠の薄いレベル感にこだわると相場が見られなくなることもあるので注意したいものです。

たまに見受けられるのが、119円には行かないと言っていた方に限って、超えてくると、今度は122円だ123円だとか言い出したりします。これも危険な発想であまりヒステリックにならないようにしたいですね。

ファンダメンタルズ分析や地政学リスクを見て、ときには機関投資家の立場に立ち、冷静に資金の流れを判断したいものです。まずは、中長期的な素直な大河の流れを捉えることが大切です。基本はヤダーズ法でしょうか(゜o゜)

Posted at 05時05分 パーマリンク


2007年04月15日(日)

夢・ユメ・ゆめ [注目]

画像(180x134)・拡大画像(319x239)

左から桂ちゃん、実穂ちゃん、なおみちゃん

以前紹介したことがある俳優座の女優・桂ゆめさんの舞台を観てきました。今回は俳優座公演ではなくて、別の劇団の公演に参加していました。あらすじは、デモクラシーを見たくて田舎を捨て脱藩、新撰組に入隊した貧乏足軽のお話でした。初舞台というセクシーグラビアアイドル?のしいなまおさんも熱演しておりました。スポーツでも舞台でもライブを観るのは、内容もさることながら、夢を持った人たちの熱い演技に元気をもらえるので好きです。

実は舞台が終わった後のお食事会も楽しみの一つで、長い公演でお疲れなのに桂ちゃんを連れ出し飲み会となりました。他の俳優座の女優さんやジャズシンガーの方も連れてきてくれ、久方ぶりの綺麗な方々との飲み会にテンションが上がりっぱなしでした。

画像(180x134)・拡大画像(319x239)

左桂ちゃん、右藍ちゃん

聞くところによると、俳優座には毎年500人以上の俳優志願者が劇団試験を受けに来るそうです。同期である桂ちゃんと藍ちゃんのときは13人が研究生として合格したそうです。合格すると、すべて無料で、歌やダンスなどのお稽古をして俳優の基礎を学ぶのだそうです。まるで学校のような生活です。ただ、ここで勉強すれば終わりではなく、その後も試験があり、準劇団員を経て、劇団員となっていくようです。桂ちゃんの同期で劇団員となったのは、たった4人だというから驚きです。横綱になれるのが600人に一人と聞いたことがありますが、それを考えると、いかにギャラを貰える俳優になることが大変だと言うことですね。年度によっては劇団員になる人が一人もいない年があるようですから、かなり狭き門なのです。

画像(180x134)・拡大画像(319x239)

ヒロイン役の桂ちゃん

今後の俳優座公演では、
6月に若井なおみさん、
7月に大庭藍さん、
11月に桂ゆめさんが出演します。ぜひ応援してあげてください。6月のなおみちゃんはヒロイン役のようで、すでにポスターになっています。抱き合ってる(;_;)/~~~。観劇後の宴会をご希望の方は私にご連絡ください(゜o゜)みんなで盛り上がりましょう。
【参考1】
【参考2】

画像(121x180)・拡大画像(216x320)

藍ちゃん、(゜o゜)、桂ちゃん

今回ご一緒したなおみちゃんの中学校の同級生の生田目実穂さんはプロのジャズシンガーで、今はディズニーシーのステージで歌っています。詳しい演奏スケジュールは聞いていませんが、見かけたら声をかけてあげてください。みほちゃんもとても気さくな方で喜ぶこと間違いなしです。

夢を追い、叶えている人たちは、とても輝いていますね。私の楽しみは食べることだけになってきましたが、このような人たちに触れるだけでも、刺激があり、漫然とした人生にも何か良いエネルギーが湧いてくる気がしています。

Posted at 16時01分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

2007/4

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

PHOTO

とりあえず満足してます

とりあえず満足してます

ニュースな出来事・・・ナンピンソング

ニュースな出来事・・・ナンピンソング

やだスイッチ?!

やだスイッチ?!

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら
 

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.