やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

広告

2007年05月24日(木)

121円24銭・・・まだ買えん(゜o゜) [今日の出来事]

今日は24日なので、24銭で2匹目のどぜうを狙ってみましたが、僅かの差で来ませんでした。25銭までは来ていたようなのですが・・・1銭ぐらい内緒?で付けてくれ〜(゜o゜)

えっ(゜o゜)付いてる(゜o゜)他で(;_;)/~~~
だぁー<`ヘ´>オフじゃ〜<`ヘ´>

ん?短期は損気(^_^;)
ほーい(^o^)/

Posted at 18時30分 パーマリンク

中国が切り上げても円安の流れは変わらない?! 前編 [やだ的見聞録]

先日、農水大臣から閣議に提出された2006年度の水産白書によると、BSEや鳥インフルエンザなどによる食の安全性への不安や健康ブームの影響で、世界的に水産物の国際価格が急上昇しているという。

それは日本人が買占めをしているのかと思いきや、日本は魚離れが顕著で輸入量自体が減少している。2003年には米国の紅鮭は90%が日本向けであったのに、2006年では50%以下まで低下しているそうだ。また急騰の原因は魚介類資源の減少もあるだろうが、中国や欧州が高い値段で競り落としていることにあるようだ。

その一方で、日本が国際市場で“買い負け”をしていたことには驚いた。経済大国日本と、今でも心の隅で思っていたからであろうが・・・、よくよく考えてみれば・・・、我が国は20年近くデフレが続いているのをうっかり忘れていた。

海外(基本的に先進国)に行かれた方は気が付いているだろうが、意外?と日本の方が物は安い、というか海外は高い。食事は無論だが、携帯電話は、日本で場合によってはタダで貰えるのに海外では5,6万円する高額商品だ。またこの20年、日本は東京〜大阪間の新幹線運賃や卵の値段は変わっていないと言う。パソコンは10分の1以下と驚くほど安くなっている。これはこれで“モノ造り大国日本”の真骨頂なのだろうが・・・経済成長がなかっただけとも言える。

Posted at 14時12分 パーマリンク


2007年05月23日(水)

儲けたい人この指とまれ! [ヤダーズ法]

経験則的に思うことは、理由なんかは分かりませんが、あまり深く考えずに“乗っている奴には乗ってみる”ものです。似たような意味で、以前お世話になった上司がよく言っていた言葉があります。“長いものには巻かれろ”ではなく“長いものには巻かれに行く”のだそうです。要は『勝ち馬に乗れ』ってことでしょうか。信念をお持ちの方は信念に従って、そうでない方は素直に乗ってみると良い結果を得られるかもしれませんよ。

相変わらず予言は絶好調で、昨日の“レベル観”は読みといい、タイミングといい、ドンピシャでした。なかなか心理的に手を出しにくいレベルですが“レベル感”という根拠のないものに振り回されないことが、如何に大切かが分かります。ただ、決して“レベル感”を否定するつもりはありません。嫌な予感というのも当たる事はあるでしょう。

今後も流れは変わっていませんので、121円20銭あたりは拾ってみようかと思っています。今日は23日なので23銭かなというぐらいの軽い気持ちです。122円手前ではオプションの傍線売りがあると聞きますので、売りから入っても短期的には利益を上げられそうですが、まだ転換点ではないので大きな流れに乗っていた方が失敗はないでしょう。

Posted at 22時02分 パーマリンク


2007年05月22日(火)

121円22銭買っちゃいました(^0_0^) [今日の出来事]

昼間に偉そうに言った手前ってこともでもないのですが、ただ単に2並びだったので、動く期待もないまま、軽い気持ちで22銭のビッドを指したら出会っていました。とりあえずはフェーバーに動いているので良いとしましょう¥(◎o◎)/!

追い風に乗ったまま、ボリュームが増えることによってスワップポイントも貯まります(^0_0^)

『金利はボディーブロー』円安万歳¥(^o^)/

Posted at 22時31分 パーマリンク

レベル感よりレベル観?! [ヤダーズ法]

材料難というか、話題疲れというか、ちょっと動きが止まってしまいましたね。本日は独5月ZEW景況感調査がありますので、ユーロの新たな局面も期待したいところですが、市場の注目は木・金曜日にある日米経済指標でしょうか。

本邦輸出の売りは122円台で見られ、輸入の買いは121円近辺にあるようです。基本的に実需筋は様子見となっているのでしょうが、輸入が我慢しきれず先に手を出すと見ています。

当然のことながら、まったく動かないのなら『動かないときのドル』でスワップポイントを稼ぎたいところですが、121円ミドルと言うのは何とも手が出しにくいですね。余裕があれば買っても良いですが、押し目買いのスタンスが無難でしょう。動きによりますが、レベルで言えば121円15〜25銭あたりでしょうか。

どうしても売りたいと思う方は・・・、結果的に正しくなるかもしれませんが、考えられる状況での判断としては、根拠のない“レベル感”というだけなので、まだ早いかと思います。超短期で相場の“あや”を取るつもりが良いでしょう。

現在ポジションを抱えている人は、ほとんど動いていないのだから『為替万事最奥が馬』と“覚悟”を決め静観するのが一番です。ただ、含み損が消えたときには、新たな“覚悟”をしなければなりません。流れを読み正しい“レベル観”で良い選択を下すことを祈念します。

Posted at 12時34分 パーマリンク


2007年05月21日(月)

ここが“為替の落とし穴”?! [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

昼間述べたようにドル円はユーロが強含んでも、ドルが強含んでも上昇するスパイラルにある。この数ヶ月続いているこのような状況は稀なケースだろう。円安基調が続きユーロが堅調のなか、米国の経済の陰りが遠のいたとの見方が出てきているからだ。

17日にコメントした「“フライング”勝負が利益を残すためには良い戦略」と述べたが、まさにこのところの地合いではロングを仕込むのなら早目が良かったようだ。18日にも述べたように「早期利上げはない」と考えられ、今後も120円台と同じような展開を推測するのが素直だと思うが、心理的環境には少し変化が見られるかもしれない。

さまざまなコメンテーターの予想(具体的には知らないが、たぶんそうだろうという憶測)を見ても分かるように、人間の心理は不思議なもので、過去の読み間違いから、120円台のときより121円台の方がレベルは高いのに、レベル感的には低くなっている。同じ心理は働いたようで、投資家が今度は乗り遅れまいとする気持ちから、積極的な押し目買いを入れたことで、レベルが下がらないまま上がってしまった。

ここが『為替の落とし穴』なのだ。13日に121円台を予言したときは、120円台を怖がっていたことで押し目買いがあまりされていない。出来高がないことを見てもロングポジションが溜まっていなかったのだ。しかし121円台の今回は乗り遅れまいと押し目買いが入ることでロングが溜まる可能性は高い。当然それが、利食いのオファーになるのだから、実需の売りも手当てを進める動機となり、上値を重たくする強い材料となる。

大きな流れには変わりはないのでスタンスを変える必要はなく、怖がっていても意味はないが、ドル円がこのような背景にあることだけは認識していたほうが良い。とりあえず、これからのドル円の出来高には注意を払いたいところだ。

Posted at 22時35分 パーマリンク

ドル円まったり好循環! [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

先週はドル強含みでドル円は上昇したが、今週もスタートからドル円は底堅い展開となっている。それは単純にユーロが強含んでいるからだ。資金の流れは、大きくは、この3大通貨のバランスによるものだが、この1ヶ月ほどは、どちらに転んでもドル円には追い風になっている。まぁ、所詮バランスなので取り立てて言うほどの強い風ではないが・・・、春の心地良いそよ風ぐらいはある。

このような相場は変に神経を尖らせるより、相場のようにまったりとスワップをいただこう。慌てて利食いをする必要もないだろう。ポジションがスクエアになっているのなら、どのような期間を想定してディールをされるかによるが、円安基調は変わらない以上、押し目買いスタンスが良いだろう。高いから買わないというようなレベル感で判断されていると、118円台に落ちたときから手が出なかった輩と同じだ。

もちろん、まったくやらないという手もある。潮目が変わるのを見極めて、売りから入るタイミングを計るというのも悪くはない。しかし、経験則ではあまり上手くいかない。サーフィンも良い波を見極め、良い波に乗るには、海の中で待つ。

Posted at 12時25分 パーマリンク


2007年05月20日(日)

赤と黒 [グルメ]

画像(180x134)・拡大画像(319x239)

黒いラーメンを見つけた。行き慣れたお店では、たまに変り種のラーメンを食べるときがあるが、そのひとつに『小出ラーメン』の“黒胡麻ラーメン”800円がある。私の記憶(最近忘れっぽいので当てにならないが)では、他で見たことがない黒いラーメンだ。大体、黒胡麻ラーメン自体どこかで聞いたことが・・・、ってレベルだ。黄色いコーンが際立ってインパクトがあるが、黒胡麻の香りがとても良い。濃厚な味の割にはサラッとした私好みのスープで、ピリッとした辛さが旨みを引き立てている。スープの見た目がグレーであまり良くないのと、トッピングされている野菜類が水っぽい感じなので、改良の余地はありそうだ。これはこれで完成品だと思うが、もうひと工夫で絶品となる可能性があるので期待したい。

画像(180x134)・拡大画像(319x239)

赤いラーメンを見つけた。黒いラーメンの話の後なので、誰もが想像したと思うが・・・そう坦々麺だ。普通の坦々麺はたいした赤ではないが、ここ『楽山坦坦面』の激辛“坦々麺”750円は真っ赤っかだ。見るからに辛そうで激辛好きの食をそそる色をしている。唐辛子の香りが良い・・・目が沁みて、むせそうだ”^_^”正直なところ、激辛好きの私でさえ辛くてスープが全部飲めなかった(゜o゜)

Posted at 23時53分 パーマリンク

今日のSMALL?勝負! [競馬]

いよいよ本日、第68回優駿牝馬(オークス)が開催される。東京競馬場・芝2,400m・3歳G1のクラッシックレースだ。人間で言えばマラソンレースなので、瞬発力より持久力がものを言い、比較的400kg前半の馬が有利のようだ。

過去10年の戦績では前走で桜花賞を出走した馬が有利のようだが、その勝率の高い桜花賞1・2着馬が参戦しないことで、遅い展開も予想され、前残りも想定しなければならないなど波乱含みである。

そうなると、フローラSを勝ったベッラレイアが浮上する。最後の直線の爆発力はとても魅力があり1番人気だ。フローラSのミンティエアーも我慢ができれば可能性はある。桜花賞3着馬カタマチボタンも侮れない。桜花賞3着馬の過去10年の戦績では4割近い連対率を誇っているのだ。

勝率で言えば、前走で忘れな草賞の出走馬は3着以内に3割近い確立で入っているが、忘れな草賞を勝ったザレマは2番人気だ。500kgを超える馬体は気になるが、馬に重さを感じさせない武豊が騎乗することで期待は高まる。

この人気上位4頭を蹴散らすと思われるのがピンクカメオだ。7番人気で配当もそこそこあるのがうれしい。桜花賞は14着と遅れを取ったが、牡馬相手のNHKマイルカップG1を勝った力は期待が持てる。ただ、NHKの疲れが残っている可能性があり心配。過去10年のデータでは、桜花賞10着以下の戦績は2割弱の連対率であるが、NHK出走馬で3着以内に入った馬はいない(続けて出走した馬がいるのかは不明)。騎乗がミラクル?四位騎手であり勝負に出れば勝てる。

◎8ピンクカメオ
○11カタマチボタン
▲18ザレマ
△は400kg前半を基本に、2ローブデコルテ・7ベッラレイラ・12ラブカーナ

Posted at 13時09分 パーマリンク

今日のBIG勝負! [ライフカード]

画像(180x134)・拡大画像(319x239)

サッカーくじBIGを33口購入しました。6億円のチャンスと聞いてビギナーズラック?狙いです。今までBIGの存在すら知らなかったので購入してこなかったのですが、確立は宝くじより高いようです。宝くじの1等は1000万分の1の確立だと言うことですが、BIGは478万2,969分の1です。片や3億円、片や6億円。サルでも分かるお得なBIGです。今日はこのライフカード?を握り締めて応援します。

Posted at 11時22分 パーマリンク


2007年05月18日(金)

知ってる人だけ得をする?! [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

来週以降の展開を考えてみると、G8では為替に影響はなさそうな見方が多く、そうなると、米国の利下げが遠のいたとの見方が広がる中、米国株が堅調であれば、あらためて円キャリートレードが再開される可能性がある。

今回の流れは、何度も指摘してきていることなので、セカンドオピニオンの読者の方は十分に理解され、賢く儲けられた方は多いかと思うが、心理面からくる取引の実態を振り返ってみる。

この一ヶ月の相場は上値が重たいなか(多くのコメンテーターが言っていた)であったので、やっと120円台に上がったときは心理的に限界を感じた参加者が多かったようだ。ということから今回の121円台に乗せるまでに、怖さから積極的にロングを仕込めなかったのだ。それはドル円の出来高を見れば、取引が盛んでなかったことからうかがえる。

120円台で上値を重くしていたのは、他通貨との兼ね合いが大きいが、ドル円単体でも心理的な部分が大きく、実際の玉としては、勇気を持って119円台や120円前半でロングにした人の利食いのオファーが中心であったのだ。本邦輸出筋の実需のオファーは当初のころは多く見られたが、レジン相場が長く続いたことで、手当てが進み、今週初にはすでにレベルを上げていた。

また、円安基調が変わらないので、そろそろだと思っても新規では売るに売れない。要するに厚いようで薄いオファーだったのだ。そのようなことを理由にして、ドル円の上昇を予言してきたのだが、それでも何の事件(テロとかね)もなく、これほど見事に当てはまるとは驚いた。

では、121円台に乗せた今後はどうなるであろうか。文頭で円キャリートレードの再燃を予言しているが、さすがに米利上げまではないだろうとの見方が、米国株式市場を勢いづかせることで、ドル需要は高まる可能性がある。また、そのようなブーム的なことにならなくとも、120円台と同じような動きも想定される。上述したように、みんなが怖がってドルを買えないでいる間は、同じような天邪鬼的な戦略が生きてくるかもしれない。

Posted at 18時14分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

2007/5

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PHOTO

神戸旅情グルメ編4・・・すうぃーつ

神戸旅情グルメ編4・・・すうぃーつ

西のしめ鯖、東の腐れ鯖

西のしめ鯖、東の腐れ鯖

これはすごい(゜o゜)

これはすごい(゜o゜)

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら
 

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.