やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

広告

2009年06月07日(日)

姫路旅情グルメ編・・・ラーメン店の元祖!? [グルメ]

画像(180x134)・拡大画像(319x239)

姫路城から駅までは歩いて帰ることにした。その真ん中辺りまで来たところで、西二階町と看板のある商店街を横切る。少し気になり、数歩入り覘いてみると、『新生軒 ラーメン店の元祖』と訳の分からない看板を見つけ、興味が湧いたので食べてみることにした。新生という店名は新生銀行以来初めて聞いた。

画像(180x134)・拡大画像(319x239)

メニューは中華そばとチャーシューメンと餃子とシンプル・・・、もう少しあったかもしれないが忘れた。中華そばを注文。500円だっただろうか。ほとんど待つことなく出てきた。澄んだスープに細麺。サッパリしているが、なかなかコクがあり美味しい。なぜか初めからコショウが振りかけてある。食事としては量的に少ない。酒を飲んだ仕上げに好まれそうなラーメンだ。だが、地元の支持は高いようだ。餃子の持ち帰りや家族連れがいた。

ところで、聞けなかったが、ラーメン店の元祖とは、日本で初めてのラーメン屋という意味だろうか。

Posted at 19時22分 パーマリンク


2009年06月06日(土)

体内チャート!? [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようございます。

選択が違った方には申し訳ないのですが、笑いが止まりません。昨日に皆さんに問いましたが、何もしないよりは、私は97円を超える大きな噴き上がりの方を選択して、博打に出た結果、労せずして2円も含み益が出ました。

もともとは、円軟調の流れが続くと推測していたので、ポジション調整も入ると考えていたのですが、なかなか下がらないので、96円台なら良いだろう程度で買ってみました。

終わった後なので、ただの自慢話程度にしかならないのですが・・・、そして経験則としか言えないのですが・・・、このような流れの中での週末は、噴き上がることが多いように感じています。また、なぜか、噴き上がる前に買わなくてはという、虫の知らせのようなものがありました。私には『体内チャート』があるようです。

それにしてもドルはずいぶんと買われた感じがしますね。長いスパンでみるとまだまだ円高なのですけどね。

リスク志向ではなく、米国好感のドル買いが出ました。もしかしたら、ドルを選択するのもリスク志向なのかもしれません。まぁ、禅問答のようなことをしていても仕方がないですが・・・。

ドル買いの流れがこのまま続くと判断するのは拙速だとは思いますが、市場心理の流れに乗るのは大切かと思います。また、ロングポジションを持っている方は余裕もあるでしょうから、もう一段の期待は面白いかと思っています。ディールとしてはしっかりと利食いは大切ですけど、たくさんある方は少し残したいところです。

Posted at 08時40分 パーマリンク


2009年06月05日(金)

予想通りのドル上昇だが・・・ [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようございます。
本日もがんばりましょう。

昨日は、ドル買い局面もあったが、円の下落が主要因で、ドル円は期待通り上昇した。ユーロドルに関して言えば、避難先としてのドルへの需要が減少したと言える。先行き、期待通りの経済状況が続くようであれば、国内資金が高金利を狙いに行くので、円はさらに軟調に推移する可能性は高い。

で、週末の戦略は・・・、本日も押し目買いスタンスを基本とするなかで・・・、
この流れは継続されるものと考えているが、週末のポジション調整には気をつけたい。ただ、昨日の私がそうであったが、あまり見過ぎているとポジションを取り損なう。週末なので余計なことをしないと判断するか、それとも97円を超える大きな吹き上がりを期待するか、あなたならどっち?

Posted at 08時27分 パーマリンク


2009年06月04日(木)

リスク志向とドル好感 [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようございます。
本日もがんばりましょう。

リセッション(景気後退)が緩和され、景気が浮揚してくると、リスク志向が高まり、高金利通貨に資金が流れることで、ドル売りとなるようですが、米国に追い風が吹き、期待が高まることで、ドル好感のドル買いもあるようです。

昨日を見ても、日中の、円売りから円買い、ユーロ買いドル売りからユーロ売りドル買いとなりました。材料によって、また材料の捕らえ方によって反応が変わるのだろうと思いますが、大きな流れが掴み難いなかで、それぞれ実需を中心としたポジション調整的な動きだけと考えられます。

もちろん、投資先が無いなど、安全志向でのドル買い需要は依然として高いので、資金の置き場所としてのドル買いは強いですね。

最近、楽観的なものの見方が主流となっているようですが、ポツポツと、実態がついて来ないのではないかとの見方も増えてきているようで、リスク志向にもブレーキがかかっているようです。

で、単純な綱引きを考えてみると、

景気浮揚→リスク志向からのドル売り、またはドル好感のドル買い

景気後退→安全志向のドル買い

なので、

ドル買いが有利かなと。

今日もレンジを想定して、95円60銭から96円60銭で押し目買いではめたいかと思うが、現状は少し高い。

Posted at 10時17分 パーマリンク


2009年06月03日(水)

教育的配慮 [やだ的見聞録]

思わず、テレビに向かって『ふざけんな』と言ってしまった。京都教育大学生による集団強姦事件をうけての学長の発言である。事件を知っていたにもかかわらず、『教育的配慮』などと、とぼけたコメントだ。

マスコミもマスコミだ。教育的配慮ってなんなんだ?誰に対する何を配慮したのだろうか。4時間にも及ぶ長い記者会見だったとの報道があるが、記者は何を質問していたのだろうか。

テレビだけ見ていると、同じようにとぼけた質問だっと感じてしまう。警察に届けなかった理由だけを何度も聞いても、同じ答えの繰り返しに決まっているだろう。その答えに対する理由を聞かなければならない。

学長は『公然わいせつ』だとの認識だったとも言っているようだが、またそれが『教育的配慮』に結びついているようだが、このような判断を本当にしているのなら、教育者としての、いや、社会人として常識に欠けているものと思われる。

本来、学校側は、被害者である女子学生とよく話した上で、警察に届けるように促すべき立場であるのに、逆に隠蔽しようとした行為は、特に、このような卑劣な犯罪と考えれば、万死に値する。

結果的に、女子学生に、より辛い思いをさせているのではないだろうか。

Posted at 06時39分 パーマリンク


2009年06月02日(火)

超円高時代到来!?大統領はクリントンに?? [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようございます。
本日もがんばりましょう。

GM(ゼネラル)がGM(ガバメント)になってしまって、より資金を必要とする米国は、厳しい台所事情をどう乗り切るのか問題である。単純に国債の大量発行でしか調達できないのであろうから、それはいたし方ないとしても、GM救済のための予定外の出費は許されない状況である。

となると、GMの商売が上手くいかなければならない。以前、十数年に亘り取られた日本車の輸入規制のような保護政策は無論、為替操作も躊躇うことはないように思われる。それが米国であり、民主党であり、オバマである。・・・なんのこっちゃ(゜゜)

チャプター11の適用はまさに円高への序章と感じているのは私だけだろうか。GM救済はオバマの最大の政治課題となってきたのは間違いない。このような時、社会主義国家以上の力を発揮する米国は、どんなに批判を浴びようと、超円高にするであろう。それをオバマが出来なければ、クリントンに大統領を取って代わられる。

ドル円は売りから入るのが苦手で良かったと、しみじみ思う夜であったが、上記の予想通りになるとすると、最後のドル高円安となる。やはり、苦手でも、売りから入るべきであろうか、悩んでしまう。

Posted at 10時41分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

2009/6

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

PHOTO

佐原は鰻も旨いぞ

佐原は鰻も旨いぞ

一杯の幸せ

一杯の幸せ

また発見!

また発見!

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら
 

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.