やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

広告

2009年10月02日(金)

【緊急情報】介入は87円台!? [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようごます。
本日もがんばりましょう。

10月に入っても日中はまだまだ暖かいが、衣替えをしないと世間的におバカに見えそうとは思いつつ、Tシャツ1枚でも汗をかいてしまう。

さて、ドル円は、ドルが対ユーロで買い戻されているものだから、ドル円の上値が重たいものの、底堅くなってしまい、狭いレンジ相場に終始した。トリシェECB総裁の急激なユーロ高への懸念発言がユーロ売りドル買いとなったようだ。スイスの介入があっただけに、口先介入でも影響は大きい。日本も対応がし易くなった!?

【緊急情報】が入いりりました。

日本が介入の準備に入ったとのことです。

ある固い情報筋から一報が入ってきた。先日、介入なければ円高は止まらないと述べたが、日本は口先介入で円高は止められない。実弾が必要だ。介入レベルまでは分からないが、87円台とみて間違ないだろう。かなりのアマントで対応を考えているようなので、買い下がりの準備をお勧めする。

Posted at 05時38分 パーマリンク


2009年10月01日(木)

介入なければ円高は止まらない!? [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようございます。
今月もがんばりましょう。

早くも、今年は残すところ、あと2カ月。そろそろ年末に向けた行動をしなければ…と、毎年のように思うのだが・・・。

早くも忘年会ではないのだが、先日、久方ぶりにインターバンク時代の仲間らと会った。私の先生と言える方々で、マーケット分析のキレは健在であった。

選挙の後でもあり、政治の話が中心となったが、やはり、外交や経済対策の話になると、為替市場の話へと自然となってくる。飲みながら話しているので、抽象論的な話も多くなるが、中長期の展望はなかなか興味のある内容で大いに盛り上がった。

ここで紹介できればと思ったが、酔っていたこともあり、記憶が定かでない。私見が中心となりそうだが、良い話があったと記憶しているので、おいおい、思い出したら書いてみようかと。

と言うことで・・・、全員が一致した見解をひとつ。

『市場介入がされるまで円高は止まらない』という見方だ。これは相場観と言うほどのものではない。市場参加者の心理として、実際に介入があるまでは、ある意味、安心して円を買い続ける、と言うことなのだが、ご存知のように、先日の藤井財務相の発言により、実弾を入れなければ止まらなくなったということだ。

当の藤井財務相自身が、市場の反応に一番驚いたのではないだろうか。火消しに躍起になっていたが、後の祭りだ。火は消えない。知識と経験は豊富だと思っていたが、見識が・・・、ヤキが回ったようだ。

Posted at 09時55分 パーマリンク


2009年09月29日(火)

戻ってはきたものの [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようございます。
本日もがんばりましょう。

昨日は朝から円が買われ、ドル円は一時88円前半まで下落した。藤井財務相の円高を容認しているわけではない発言で戻しはしたが、ドル円のボラティリティが1W15%を超えて来たことを考えれば、予断は許さない。流れとしては、低金利の長期化が予想されるドルを調達する動きは続くであろうから、結果として、ドル円の下落リスクは高まるとみている。本日に上昇するようであれば、売り上がるのも一考だ。一方、ユーロドルはガス抜きされただけと思われるので、得意の?押し目買いを考えたい。

Posted at 06時27分 パーマリンク


2009年09月28日(月)

これからが勝負だ!? [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようございます。
今週もがんばりましょう。

先週は期待むなしく、90円割れとなる展開で、ただただ辛抱してしまった。コストの悪いものをいくつか処分したので損失は出たが、平均コストは下がったので良しとする。

さて、なぜ下落したかだが…、藤井財務相が金融政策を述べても、影響は薄いと思っていたのだが、再度、安易な介入はしないとしたことの影響は何気に?強く?あったと言える。

また、リスク志向のドル売り他通貨買いと日本の期末での円買いが重なったことも90円を割れる要因であろう。

今週は上述した理由が尾を引くことや米国の低金利の長期化が強く懸念されていることもあり、ドルの上値は重たいとみている。ユーロドルをみると少し心配になるが、ドル円は下値試しの展開となる危険水域にあるので、中長期的なスタンスでドル買いのレベルを探りたい。もちろん、短期の押し目買いや追っかけ売りを否定はしないが、少し高い所から眺めたい。

Posted at 07時02分 パーマリンク


2009年09月21日(月)

出口戦略の答えは・・・出してもね〜 [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようございます。
今週もがんばりましょう。

さて、先週のドル円は、先々週のドルショートの積み上げに対して、買い戻しが入り93円まで戻る期待?願望?もあったのだが、ポジション調整レベルの買い戻しで止まってしまった。米国株式市場が反発して終わり、米国債10年物が大幅安となったことで、今後は、金利高期待を背景にドル買いとなる期待が高まる。

今週は、日本が連休なので、日中は静かな動きと見ている。経済指標およびFOMCや金融サミットなどのイベントを考えると週後半の動きは楽しみだ。また、藤井財務相の市場に委ねる発言は、今までの大臣と同じで、当たり前のことを当たり前に述べただけであるが、市場原理主義を否定している民主党政権を思うとつまらない発言だ。今後、相場に影響を与えることはないであろう。

ところで、そろそろ秋の気配も感じられるようになったが、多くの方が、年初から言われているように、景気回復の兆しも見られてよい季節となった。個人的には早い気もするが、出口戦略について何らかの方向性が示される可能性もあるだろう。とはいっても、回復の実感が伴わなければ、先走りとなるだけで、冷や水にもなりかねない。

時間もなく書き殴ったことで、まとまりのない文章となってしまい申し訳ないが、相場予想としては、期待を込め、今週もさらにドル買いとしたい。戦略は、大きな動きがあると考えていないので、レンジ相場を想定することに変わりはない。押し目買いで1円ルールですね。

Posted at 10時33分 パーマリンク


2009年09月14日(月)

今週が山場!? [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようございます。
今週もがんばりましょう。

先週は700億ドルの米国債入札に強い需要が示された。ドル安により米国債の割安感が高まり、海外からも資金が流入しやすかったと言える。また、消費に力強さが見られず、回復への道筋も不透明なところから、依然として質への逃避もあるようだ。

為替はドル売りの流れが1週間続いた。目先の回復期待の流れにドルを調達してドル売り高金利通貨買いが加速されたようだ。米国債はもう少し割安感があるので、低金利はしばらく続きそうなことを考えると、更なるドル売りの可能性は高い。

一方で、経済指標で良い数字がさらに続けば、米国株価が上昇して、金利が上がり、この流れにも歯止めがかかると考える。心理的にはドル売りの切っ掛けを待っているような相場なので神経質にはなるが、90円を切らなければ終わらないと言う心理ではなさそうなので、じっくりと待ちたい。

Posted at 06時31分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

2009/10

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PHOTO

これが本物?!ならば好きだ!

これが本物?!ならば好きだ!

ご存知ですか?!粋なあなたはこれで完璧!!

ご存知ですか?!粋なあなたはこれで完璧!!

素朴な疑問

素朴な疑問

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら
 

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.