やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

広告

2009年10月11日(日)

訪熊1・・・熊本ラーメン桂花 [旅]

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

2ヶ月ほど前になるが熊本に行ってきた。夏、それも火の国と云われる肥後の国の夏であるのに、期待?ほど暑くはない日であった。熊本空港を降り立つと、遠くに見える山並みを、あれが阿蘇山かと勝手に決め込み、雄大な景色に感動した。市内にはバスで向かうことに。そうそう、タイトルの『訪熊』は「ほうゆう」と読む。熊をゆうって読むんですね。

画像(134x180)・拡大画像(239x319)

市内に着き、まずは腹ごしらえと、世界一だか、東洋一だか、日本一だかの商店街である、だだっ広い「下通アーケード」で店探し。何本かの通りを過ぎた左手に「クラブ通り」があった。その遠くの突き当たりに『ラーメン桂花本店』という看板が見えた。ここが20年ほど前に、飲んだ後によく食べていた東京・新宿の『熊本ラーメン桂花』の本店だろうか?弾む心を抑えつつ一目散に向かう。外観は間口が狭く本店の割には一寸ショボイ。入口で食券を購入するシステム。清潔感はあるが、よくスーパーの食料品売り場にあるラーメン屋さん的な店作り。良く言えば、ラーメン専門のファミレス。水は体に良いとされる何とかというお茶で美味しかった。

画像(180x134)・拡大画像(319x239)

店員さんはとても感じが良い。聞くと、やはり新宿にあるのは支店で、ここが本店とのこと。昼時をとうに過ぎていたが、地元民と思われる方で賑わっていたので期待が高まる。お腹が空いていたのでセット物を選択。残念ながら、美味しいとは思うが、新宿で食べていた時ほどの感動はなかった。

画像(180x134)・拡大画像(319x239)

ちなみに看板メニュー?である『太肉麺850円』(ターローメン)は商標登録されているので、他店ではこのネーミングは使えないとのこと。どこかの店で見たような気もするが・・・。【参考

Posted at 07時50分 パーマリンク


2009年10月09日(金)

ならばユーロ買いだな [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようございます。
本日もがんばりましょう。

昨日も述べていますが、ドル安リスクは依然として変わらないので、ドル円での押し目買いはしにくいが、来年の第一四半期の終わりに向け、ユーロドルでならユーロ買いドル売りがとても美味しく見えてしまう。長期的に1ユーロ1.55ドルレベルを期待したポジションメイクも一興かと。

本日は、日本は3連休前の週末であるので、あまり積極的な取引は個人的には避けたいと思っているが、ドル円でもユーロドルでも下落した場合、長期的スタンスでのポジションメイクは考えたいところだろうか。ただ、ドル円は急激でなければ円高を容認せざるを得ないので、介入したとしても、段階的な介入で、87円を大きく割れ込み85円も視野に入れた覚悟が必要と見ている。

Posted at 09時04分 パーマリンク


2009年10月08日(木)

介入のジレンマ [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようございます。
本日もがんばりましょう。

スイスに続いてロシアが介入した。今後もドル安の流れが止まらなければ、自国経済の安定のために動き出す国が増えてきそうだ。

だが、介入は悪循環を引き起こす。それは介入により獲たドル紙幣は、ただ持っていてもゼロ金利下では紙にしか過ぎないから米国債を買うことになるが、米国債の上昇はすなわち利回りの低下を招くことになるから、よりドル離れを助長してしまう。やったもの勝ちとも言えないが・・・、国の強い姿勢を示すには効果がある。

世界から非難されやすい日本が介入するときは、よほどの急激な円高か、協調介入しかない。そう考えると、先日のG20での外交は失敗だったと言える。

Posted at 08時47分 パーマリンク


2009年10月07日(水)

超円高へ!最後の決戦!? [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようございます。
本日もがんばりましょう。

米国債は順調に消化され、株価は上昇、そして豪州の利上げなどで、いよいよ、市場の環境は超円高への準備が整ったようだ。2010年第一四半期終了までの長い闘いとなりそうだ・・・ってか。

今ドルは、利回り低下、株価上昇でも売られ、経済指標の悪化でも売られるという、往復ビンタ状態だ。誰かがドル円を買ってくれたときに上手く売り上がれれば良いかなと。

だが、急激な円高の場合、日銀は介入せざるを得ないだろうから、レンジ幅を大きく取った段階的な買い下がりを考えたい局面だ。長期的に見れば、安い買い物になるのではなかろうか。

さて、仮に超円高リスクが半年続くとすれば、期間もそれなりに長いので、1回や2回の介入では収まらないと考えている。どこまで下落するかは分からないが、介入のやり方や金額などタイミングを注視して判断したい。

Posted at 08時37分 パーマリンク


2009年10月06日(火)

50銭 [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようございます。
本日も頑張りましょう。

今日のドル円は動意なく、また大きな材料も見当たらないので、昨日同様、狭いレンジの取引と見ている。レンジを想定するのは簡単な気がするが、ポジションメイクの入り口に迷いが生じる。米株価や米国債の動向を理由付けとして、勇気を持って参加出来るかどうかか。89円台での推移と想定すれば、90円台の売り88円台での買いから、動きに因って、どこまで狭めるかであろう。上が付いても、下が付いても、50銭の利食いが出来れば上出来であろう。

Posted at 07時48分 パーマリンク


2009年10月05日(月)

第一四半期でドル円の下落は終わる!? [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようございます。
今週もがんばりましょう。

先週末は久方ぶりの経済指標の夜らしい夜を過ごした感じだ。予想を上回る悪い経済指標の結果を受け、ドル円は暴落?したが、米国債利回りの上昇などで反転急騰した。結果は行って来いであったが、古き良き時代の指標ナイトであった。ある意味、とても楽く興奮した。

気になるのは今後の展開であるが、ドル円の上値の重たさは変わらないであろう。米国の低金利長期化は避けられない状況だからだ。また、悪い材料に対しての反応が、今までのドル買いから素直なドル売りに転じつつあるようだ。ただ、当面は、長期金利動向に反応しやすいと見ているので、米国債市場から目が離せない。

ところで、先日の飲み会でのことだが、興味ある話を思い出した。為替は2年半から3年周期で推移しているので、ドル円は今しばらくは、超円高のリスクにさらされるというのだ。とくに、この周期はドル円でもっとも顕著であり、3年ほどだと言う。で、具体的にそれがいつだかと言うと、来年の第一四半期が終わったころになる。もし介入があったとしても、この超円高への流れが反転するには、時間を要すると言うことだろうか。

Posted at 08時58分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

2009/10

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PHOTO

やはり本物はすごい

やはり本物はすごい

最後の秋を楽しんだ

最後の秋を楽しんだ

久方ぶりの大当たり!

久方ぶりの大当たり!

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら
 

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.