やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

広告

2009年10月28日(水)

今が旬!ユーロ買い!? [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようございます。
本日も頑張りましょう。

先日「ドル安が終わるかのような様相を呈してきた」と指摘したが、市場参加者も同じように感じていたようだ。確かにユーロ高での高止まりは警戒感を募らせていたし、株価が下落、金利上昇期待が高まり、調整的な動きから、ユーロドルでは投売りにつながったのだろう。

予想通りの展開から昨日も流れは引き継いだ。ただドル円は金利差の旨味のないことや、リスク回避の動きから、より円が買われた。

中長期の視点やレベルで市場を眺めて見ると、ドル円は様子見としたいが、ユーロドルはお買い頃のように見える。少し前にも述べたが、1.55を超えると推測しているからであるが…。ユーロドルの状況は上値の余地は十分あると考えるので、少し酸っぱくても買い始めると、程よい熟れ頃も手にできると期待している。

Posted at 12時07分 パーマリンク


2009年10月26日(月)

ドル売り円売り!さらに円売り!そしてドル買い!? [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようございます。
今週も頑張りましょう。

先週はドル安から始まったが、後半は反発して、さらにドル安が終わるかのような様相を呈した。市場は米国金利動向により神経質になってきた。今後の米国債の動向には注意を払いたい。

ただ、分らないのが、全面ドル安の流れとなる筈なのに、何故か円がより売られた。後付けではいろいろ考えられるが、単純にドル円で90円割れであれば、大怪我は少ないと推測する向きが多かったと考える。今週はドル金利上昇の思惑も強まり、もう一段の上昇が期待できそうだが、思惑の交錯で激しくぶつかり、荒い値動きになるかと予想している。

Posted at 07時49分 パーマリンク

わっしょい!・・・担ぐ [今日の出来事]

画像(180x134)・拡大画像(319x239)

先日、神輿を担いできました。昼前に神社を出発して、日没までの6時間あまりで町中を回ります。所々の町会で用意してくれるお酒などの振る舞いで、祭りは徐々に盛り上がり、日暮れとともにピークに達します。中学時代の友人と久方ぶりの再会でより盛り上がりました。

画像(180x135)・拡大画像(282x212)

子ども神輿は子どもの楽しみの一つ。帰りには持ってきたリュックサックにお菓子とジュースが一杯。

画像(180x134)・拡大画像(319x239)

この祭り自慢の生バンド。神輿の担ぎ手より大変だったと思われます。

画像(180x135)・拡大画像(309x233)

選挙で人を担ぐより、巷で人を担ぐ?より、神輿を担ぐのが一番仲間意識が高まるようです。日本人に生まれて良かったと感じた一日でした。

Posted at 00時15分 パーマリンク


2009年10月25日(日)

結果オーライ!? [競馬]

画像(180x134)・拡大画像(319x239)

今日は久方ぶりに競馬に参加しました。菊花賞だからではなく、単に家にいたからで、それも、たまたまテレビを点けたらやっていたので、投票まであと10分という時間での検討となりました。ほとんど馴染みの馬がなく、何を買ったらよいのか、全く見当もつかなかったのですが、過去の戦歴を見てみると、強い馬が見当たらず、どの馬が来てもおかしくない状況に見えたので、万馬券を目安に検討をしました。そこに浮かんできたのが、1番スリーロールスと3番フォゲッタブル。ともにダンスインザダークの子。選択した根拠もないので、せこく100円の1点買い。が・・・見事的中。94.1倍のまずまずの配当。為替でもいつも思うのですが、アマントをもう少し増やしておけば、倍以上儲けられたのに・・・世の中こんなもんですね。

為替と言えば、先週はロングポジションはプラスでしたが、短期の予想が全く外れ、ポジションを形成できませんでした。戦略として売り上がるのが妙味としていましたが、個人的には手が出ず、怪我はなく、含み損が増えるというラッキーな結果でした。ロンガーに感謝。

実は競馬ではもう一つラッキーなことがあって、100円の1点ではつまらないので、武が騎乗した9番リーチザクラウン流しで、500円を3点ほど買おうと思ったのですが、時間切れではじかれてしまい買えなかったのです。

Posted at 20時04分 パーマリンク


2009年10月19日(月)

トレンドはドル安、円安でない! [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようございます。
今週も頑張りましょう。

先週は休日があったので4日間しかなかったのに、とても動いた気分だ。いや、実際に動いているが、大きくトレンドが変わったとは考えていない。確かに、ドル円だけみると転換したかのようにもみえるのだが、ユーロドルの市場を眺めると、ドル安の基調を変えるような動きではなさそうだし、真新しい材料もない。円安だけ見ると、日本の現状を思えば順当な動きに見えるが、全体を眺めると、一巡すれば、円に資金が戻らざるを得ないだろう。ドル円が更なる上昇するとは考え難く、売り上がりたい局面と捉えている。

Posted at 07時42分 パーマリンク


2009年10月13日(火)

綱引きが始まる [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようございます。
今週もがんばりましょう。

先週末は米国債の利回り上昇を好感してドルが反発した。昨日は企業決算を好感して株価が上昇し、金融引き締め発言などから、高金利通貨へのリスク許容度が増し、低金利の円とドルが売られた。今後は市場に影響を与える材料をどのように選択して判断するかが問題となるが、当面は株価の上昇が継続されるかが焦点となり、足腰が強くなったところで利上げとなるであろうから、目先は、リスクの許容範囲がどこまであるかが鍵であろう。ただいずれにせよ、ドル円においては、下振れリスクは依然として高く、ドル買いの大きな流れを作るにはまだまだ時間がかかりそうだ。強いドル政策は変わらない中、米国債が順調に消化されるのであれば、当面、緩やかなドル安は容認されるものとみている。

Posted at 06時58分 パーマリンク


2009年10月11日(日)

訪熊1・・・熊本ラーメン桂花 [旅]

画像(180x135)・拡大画像(320x240)

2ヶ月ほど前になるが熊本に行ってきた。夏、それも火の国と云われる肥後の国の夏であるのに、期待?ほど暑くはない日であった。熊本空港を降り立つと、遠くに見える山並みを、あれが阿蘇山かと勝手に決め込み、雄大な景色に感動した。市内にはバスで向かうことに。そうそう、タイトルの『訪熊』は「ほうゆう」と読む。熊をゆうって読むんですね。

画像(134x180)・拡大画像(239x319)

市内に着き、まずは腹ごしらえと、世界一だか、東洋一だか、日本一だかの商店街である、だだっ広い「下通アーケード」で店探し。何本かの通りを過ぎた左手に「クラブ通り」があった。その遠くの突き当たりに『ラーメン桂花本店』という看板が見えた。ここが20年ほど前に、飲んだ後によく食べていた東京・新宿の『熊本ラーメン桂花』の本店だろうか?弾む心を抑えつつ一目散に向かう。外観は間口が狭く本店の割には一寸ショボイ。入口で食券を購入するシステム。清潔感はあるが、よくスーパーの食料品売り場にあるラーメン屋さん的な店作り。良く言えば、ラーメン専門のファミレス。水は体に良いとされる何とかというお茶で美味しかった。

画像(180x134)・拡大画像(319x239)

店員さんはとても感じが良い。聞くと、やはり新宿にあるのは支店で、ここが本店とのこと。昼時をとうに過ぎていたが、地元民と思われる方で賑わっていたので期待が高まる。お腹が空いていたのでセット物を選択。残念ながら、美味しいとは思うが、新宿で食べていた時ほどの感動はなかった。

画像(180x134)・拡大画像(319x239)

ちなみに看板メニュー?である『太肉麺850円』(ターローメン)は商標登録されているので、他店ではこのネーミングは使えないとのこと。どこかの店で見たような気もするが・・・。【参考

Posted at 07時50分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

2009/10

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

PHOTO

西のしめ鯖、東の腐れ鯖

西のしめ鯖、東の腐れ鯖

大好き!

大好き!

桜・サクラ・さくら

桜・サクラ・さくら

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら
 

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.