やだひろしの「セカンド・オピニオン」
 

HOMEへ鈴木さん朝倉さん斎藤さん山根さん水谷さん山岡さん柾木さん

 

広告

2010年06月25日(金)

値を上げる前に、音を上げる!? [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようございます。
本日もがんばりましょう。

特別に語るほど、変化を予感させる材料はない。ジリジリ真綿で首を絞められるような快楽的?な日々が続くだけだ。

先日も触れたが、米国の利上げは、やはり来年になることに、誰もが想定するようになってきたのではないだろうか。23日のFOMC(米連邦公開市場委員会・・・のことだが、たまに日本語の名称を書かないと単語の前後が混乱することがあるので書いてみた。)の声明を受け、超低金利政策、事実上のゼロ金利が来年も続くとの観測が強まってきた。いや、多くの投資家が確信したことであろう。リスク回避の流れと重なり、円はジリジリと値を上げそうな気配だが、自分が音を上げないようにしたい・・・なんてダジャレを言っている場合ではない。ただ、ナンピンするなら1円幅から2円幅にするか、損害が小さければ、さっさとロスカットして、仕切りなおしてから、再度押し目買いするタイミングを計りたいかなと。

Posted at 10時23分 パーマリンク


2010年06月23日(水)

素直に判断できる相場に [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようございます。
本日もがんばりましょう。

米国の景気回復の流れの停滞を予感させる経済指標が続いた。米中古住宅販売件数については、何となく予想を下回るのではないかと意味もなく感覚的に予想していたが、市場の反応を見てもギャップが思いのほか大きかったようだ。米国株が売られ、米債が買われた。

今までであれば、米国株が売られると、欧州危機が根っ子にあるものだから、米国経済では支えれないと判断され、欧州発の2番底の懸念が台頭し、リスク回避のユーロ売りドル買いの流れとなったが、今週の流れでは、欧州危機に飽きがきたのか、それとも、すでに問題はなくなったとの判断なのか、ドルが素直に売られるようだ。また、今回は避難先として円買いとなるとともに米債や金も買われた。リスクが限定的との判断であろう。

ドル円ですでにポジションを取った方は少し辛抱となりそうだが、この局面で極端な円買いになるとは見ていない。リスクも限定的であろう・・・が・・・、すぐに上昇する期待も薄いように感じている。

Posted at 13時53分 パーマリンク


2010年06月21日(月)

何にせよ、ユーロは今が高値!? [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようございます。
今週もがんばりましょう。

先週末、中央銀行である中国人民銀行が、人民元のペッグ制(固定相場制)の終了を示唆した。G20を前に先進国の批判をかわし、発言力を高めるのが狙いか。おかげで早朝からドル安に飛んだ。先週からのユーロ週間はまだまだ続き、今週もユーロの上昇に期待ができそうだ。

欧州債務危機の問題が少し落ち着いてきたことで、ユーロが堅調に推移している。株価の上昇もリスク志向の後押しとなっているようだ。ただ、米国経済指標が少し足踏みしてくる様相を示しているので、この市場の落ち着きも安心はできない。米債市場も上昇傾向にあり、米国利上げは2011年に持ち越されるとの見方が増えてきている。ユーロの上昇もほとぼりが冷めれば、頭打ちとなり、以前にも指摘したと思うが、パリティに向かうものと見ている。

ドル円は、押し目買いスタンスは変えない。中国人民銀行のペッグ制の終了を示唆したことで、一段とドル売り円買いの展開になりやすいこと、米国の低金利が長期化すること、そして、日本の新政権への期待など、円高要因は多々あるが・・・、今回の流れはリスク回避の円買いではないこと、日本の低金利も継続されること、金融政策として超円高に対しては断固阻止されることなどを考慮すれば、世界の景気回復の流れの中では、ドル高になるのがスムーズと考える。

ナンピンするのも細かくポジションを取らないで、今までを思えば、十分円高のレベルであるのだから、長期的なスタンスを常に念頭において、短期ディールをされるのが良いかと思う。

Posted at 08時51分 パーマリンク


2010年06月16日(水)

所詮はショートカバー!? [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

こんばんは。
今夜も頑張りましょう。

ワールドカップ効果?かどうかは分からないが…、世界的な株価上昇で、投資家マインドも上向き、リスクを取りに行ったように見えるが、メイクポジションではなく、ショートカバーと考えるのが妥当であろう。なので、ユーロの上昇の余地は限られているのではないだろうか。リスクが限定的と考え、売りあがってみるのも一興かと。

ドル円はマッタリして考えようによっては良い感じだ。押し目買いスタンスでいきたい。

Posted at 18時30分 パーマリンク


2010年06月15日(火)

いずれは、ドル高!? [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようございます。
本日もがんばりましょう。

とうに始まっていたが、日本の出番でいよいよ始まったという感じになったワールドカップ。やりましたね。日本初戦、日本が奇跡的?にカメルーンに1−0で勝った。ヒヤヒヤしたが、意外とボールは支配できていたように思う。

しばらく為替は蚊帳の外になる!?・・・
サッカー王国の欧州での盛り上がりは日本の比ではない。隙間ディールをするのも良いが、ここは世界のディーラーとともにサッカーを楽しむのが良いかなと。

為替は大きく動くような材料は、とりあえずは出尽くした感がある。いずれにせよユーロは不安材料だけで、さらなる不安材料が再び連続すると、さらなる暴落となるであろうが、ある程度の単発なものは、紛れてしまうのではないだろうか。哀しいかな、ユーロにプラスになる材料はない。米国の景気回復の流れが、どこまで世界を支えるかと、欧州危機と米国景気回復を天秤に掛けている状況だ。

このような、ある意味、マッタリした相場は、1日のレンジを想定した取引に徹して、決して深追いしないようにしたい。相変わらず、ドル円は得意の押し目買いスタンスとする。

単純に、悪材料でユーロ安になると、米国の支えが心もとなくなり、米国株も下がる。すると、ドル安円高になる。また、ユーロ危機に対して、米国の支えが期待できるとなると、米国株上がる。すると、ドル高円安になる。

ならば、景気回復はいずれするであろうから、中長期的には、ドルに期待したスタンスを考えたい。ただ、ユーロの底はまだ見えないし、米国の景気回復も鈍化する不安はある。

Posted at 11時58分 パーマリンク


2010年06月08日(火)

支柱 [ハッピースピリチュアル・フォレックスアドバイス]

おはようございます。
本日も頑張りましょう。

昨年の夏にミニトマトの苗を3株庭の片隅に植えておいたら、あまり構わなかったにもかかわらず、食べきれないほど沢山の実を付けたことに味を占め、今年は2冊の家庭菜園専門書を読み。本格的に土作りをしてマルチを張った畑を作ってみた。1坪にも満たないスペースであるが、大玉トマト、中玉トマト、キュウリ、ナス、ピーマン、しし唐、大葉を1株ずつ植えた。それぞれに適した支柱を建てたら、ミニ農園という感じで、眺めていても楽しい。ただ性格的に凝り性なので、お金と時間がかかるのが玉に瑕。

支柱と言えば、米国が世界経済の支柱となり得るだろうか。先日の雇用統計では、高い期待は裏切られたが、決して悪い数字でなく、いや、むしろ良い数字と言え、他の数々の指標も確実に回復軌道に乗ってきている。間違いなく世界の景気回復の牽引役となるだろう。

問題はユーロだ。東欧ハンガリーの危機が報じられると、再び投資家はより疑心暗鬼にかられた。本来なら頼れる支柱かも知れないのに、不安が先に立ち、チキンレースとなる状況になっている。

投資家の4割近くが、今後の投資先としてBRICsより米国を選択するようだ。今回の暗い不安は想像以上に長いかも知れない。

Posted at 13時59分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

議員秘書

やだひろし

東京短資グループにおいて為替や資金マーケットに従事する。電子取引の市場導入に尽力、創生期を支えた一人。豊富な人脈で立遅れていた東京 ・シンガポール・香港のマーケットシェアの拡大を成し遂げる。外国為替市場で矢田を知らない者は潜りとまで言わしめた。その後、証券会社で為替取引の知識と経験を生かし為替証拠金取引の発展に貢献。個人の資産運用にも精通し、経済セミナー講師や執筆活動を務める。

2010/6

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

PHOTO

佐原は鰻も旨いぞ

佐原は鰻も旨いぞ

好きに焼かせろ(゜o゜)

好きに焼かせろ(゜o゜)

『やっぱりと こころで嘆く ロスカット』

『やっぱりと こころで嘆く ロスカット』

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら
 

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2006 PhiConcept,inc All rights reserved.