山岡和雅の「ダックビル為替研究所」
 

広告


“山岡和雅のダックビル為替研究所”全記事バックナンバーはこちらから

2015年05月29日(金)

(最終回)米利上げ期待の押し上げなるか 〜米雇用統計 [注目材料]

米消費者物価指数の好結果以降、米国の早期利上げ期待が拡大
ドル円が12年半ぶりとなる124円40銭台をつけるなど
ドル高の動きが加速する原因となりました。
そうした中、来週5日金曜日に
利上げの実施時期にもっとも影響を与えると考えられる
米雇用統計(5月)が発表されます。

5月8日に発表された前回4月分の雇用統計は
非農業部門雇用者数(NFP)が
衝撃的な弱さとなった3月分から回復し
前月比22.3万人増と20万人の大台を回復しました。
ただし、3月分は速報の12.6万人増から8.5万人増に下方修正。
4月分の数字も事前予想の22.8万人よりは少し弱めとなりました。
失業率は0.1%低下して5.4%と
2008年5月以来の水準まで改善しています。

各部門別状況を確認すると
製造業では鉱業部門が4ヶ月連続減少と
原油安の影響が残る展開に。
シェール鉱山での稼働リグ減少を背景に
鉱山サポート関連が1.02人減り、鉱業全体で1.5万人の低下に。
数字だけでは大したことが無いように見えますが
41.4万人しかしかいない鉱業サポート部門での月間1万人減はかなり厳しい数字です。
3月分で2013年12月以来の現象を見せた建設業は+4.5万人と
反動増もあって急回復。
製造業は+0.1万人と微増にとどまっています。
非製造業は
小売部門が+1.21万人と
プラスとはいえ1500万人超を抱える大規模分野としては小さな増加に。
毎回全体を支えるヘルスケア&ソーシャル、専門及びビジネスサービスは
ともに好調を維持。
雇用の先行指標として知られる派遣部門も
二ヶ月連続の1万人超えと校長を維持しています。
前回−0.74万人とまさかのマイナスとなって巷の景況感悪化が懸念された
飲食店部門は+2.6万人とこちらも回復を見せました。

こうした状況を受けて
今回の見通しですが
非農業部門雇用者数、失業者数ともに
現状で全く前回と同じ+22.3万人、5.4%となっています。

鉱業の減少はそろそろ打ち止めに近づきますし、
記録的な販売台数となった3月を始め
このところの好調な自動車販売の状況などから
製造業はそれほど弱くない状況が期待されます。
サービス業も前回の小売の鈍さに加え
直近の小売売上高の弱さから
少し調整が入る可能性がありますが
その他部門がそこそこしっかりしているため
前回並みという今の予想はそれなりにしっくり来るところです。

関連指標としては
週間ベースの新規失業保険申請件数のうち
雇用統計計測期間とかぶる5月10日から16日分(5月21日発表)が
27.5万件(速報時点27.4万件)とその前の週の26.4万件から悪化。
更に翌週は28.2万件と悪化傾向にあることが少し気になります。
とは言え30万の大台割れでの推移であり、
予想前後の数字と大きな齟齬があるものではありません。

予想前後の数字が出てくると年内利上げ期待の継続
25万人を超えるもしくはさらに失業率が下がるような状況があると
12月ではなく9月の実施に期待が広がり
ドル買いが広がると期待されます。

前回リーマン・ショック発生時点の水準を下回る10.8%まで下がったU-6失業率や
5ヶ月連続で低下している長期失業率(29.0%)などの数字も
合わせて注目したいところ。
この辺りの順調な改善も早期利上げ期待を後押ししてくると思われます。

※長らくご愛顧頂きました同ブログですが
同ページでは今回が最後の更新となります。
Klugクルーク (http://www.gci-klug.jp/)では
更新が続いておりますので
よろしくお願い致します 
これまでありがとうございました

Posted at 17時42分 パーマリンク


2015年05月28日(木)

売りあがり目立ち止まらないドル円 [注目材料]

28日の東京市場でドル円は2002年12月以来となる124.30近辺まで上値を伸ばした。
前日に124円台を示現し
流石に一服感が指摘されていたが
押し目が鈍く、買いが止まらない状況。

前日の麻生財務相に続き
菅官房長官が
急激な為替変動は好ましくない、今回の動きは引き続き注視していきたいと発言
菅官房長官は
前日に123円台急激な変化とまでは言えないとの発言から
一転して姿勢を変えるような発言を行ったが
円安抑制効果は薄く
高値トライの勢いが止まらなかった。

FX市場での個人のポジションを発表しているところを見ると
今回の局面では売りポジションが膨らむ格好となっている。

一般的に上昇局面では買いポジションが膨らみ、
調整の動きを誘うが
値ごろ感からの売りが広がることで
押し目ですぐに買いが入り調整が限定的に、
また、ストップの買いを誘発することで
状況局面の勢いを増すという結果に。
日経平均の10連騰もふくめ
流石に調整が入りそうな局面となっているが
もう一段の買いが入ってもおかしくない展開に。

Posted at 14時28分 パーマリンク

売りあがり目立ち止まらないドル円 [注目材料]

28日の東京市場でドル円は2002年12月以来となる124.30近辺まで上値を伸ばした。
前日に124円台を示現し
流石に一服感が指摘されていたが
押し目が鈍く、買いが止まらない状況。

前日の麻生財務相に続き
菅官房長官が
急激な為替変動は好ましくない、今回の動きは引き続き注視していきたいと発言
菅官房長官は
前日に123円台急激な変化とまでは言えないとの発言から
一転して姿勢を変えるような発言を行ったが
円安抑制効果は薄く
高値トライの勢いが止まらなかった。

FX市場での個人のポジションを発表しているところを見ると
今回の局面では売りポジションが膨らむ格好となっている。

一般的に上昇局面では買いポジションが膨らみ、
調整の動きを誘うが
値ごろ感からの売りが広がることで
押し目ですぐに買いが入り調整が限定的に、
また、ストップの買いを誘発することで
状況局面の勢いを増すという結果に。
日経平均の10連騰もふくめ
流石に調整が入りそうな局面となっているが
もう一段の買いが入ってもおかしくない展開に。

Posted at 14時28分 パーマリンク


2015年05月24日(日)

貿易赤字など受けて大幅下方修正見込み 〜米GDP [注目材料]

今週末29日に米1−3月期GDPの改定値が発表されます。
速報値ベースで前期比年率+0.2%と
事前見通しの+1.0%や14年10−12月期の+2.2%を大きく下回り
米景気回復への警戒感を誘った同指標。
今回の改定値では更に大幅な下方修正が警戒されています。

下方修正見込みの最大の理由が
予想以上の膨れ上がった貿易赤字。
5月5日に発表された3月の米貿易収支は
赤字額が前月比43.1増の514億ドルと
2008年10月以来となる高水準の赤字額まで膨れ上がりました。
輸入はGDPのマイナス要因。
インフレ調整後の実質ベースでの赤字額は672億ドル。
速報時点で米商務省が推計した452億ドルをはるかに上回っています。
同数字のギャップだけを見ると
GDPの改定値は大きくマイナスとなります。

ただし、この数字はやや微妙なところもあります。
輸入増が民間在庫の積み増しにつながっていれば
こちらはGDPのプラス要因。
民間在庫は事前予想が最も難しい部門の一つで
予想からのブレの最大要因だけに
なんとも言えないところです。

なお、その他部門に目を向けると
5月1日に発表された3月の米建設支出が
予想の+0.5%に対して-0.6%と
予想外のマイナスに
支出額は9666億ドルで昨年9月以来の低水準となりました。
民間住宅建設支出などが大きく落ち込んでおり
こちらもGDPのかなり大きなマイナス材料です。

在庫見通しという不透明要素はありますが
改定値ベースでのGDPマイナスは十分ありそうなところ。
今のところ予想値は前期比年率-0.9%と
かなりの落ち込みになっています。

予想前後の数字が出てくると
年内利上げ期待の後退につながり
ある程度ドル売りの材料となりそう。
特に下げ幅が1%を超えてくると
心理的なインパクトも大きいだけに
要注意となります。

Posted at 08時30分 パーマリンク


2015年05月21日(木)

FOMC議事録 雑感 好悪混じる [為替]

20日NY午後(日本時間21日未明)に
FOMC(連邦公開市場委員会)議事録(4月28日、29日開催分)が公表されました。

議事録でまず報じられたのが
参加者の多くが
6月のFOMCまでに得られるデータがFF金利目標引き上げの条件を満たす十分な根拠を与える可能性は低いとした部分。
これにより、元々可能性が低かった次回FOMCでの利上げ期待がさらに後退しました。
CMEFEDWATCHでの利上げ見通しが0%となるなど
6月の利上げについてはここ数ヶ月否定的な見方がほとんどでしたが
ここにきてサンフランシスコ連銀総裁が利上げは早めに実施してゆっくりが望ましいなどと発言したこともあり
一部で期待が出ていたため
市場は一応ドル売りで反応しました。

その他の内容については
好悪入り混じる印象。
前期比年率わずか+0.2%にとどまった第1四半期GDPに関連しては
厳しい寒波、西海岸で起こった港湾ストなど
一時的な要因の強調が見られ
経済が本格的に鈍化したのではなく、
一時的要因で数字が落ち込んだとの見方を示しました。
これは好材料です。

一方で当初判断よりも個人消費の勢いが変えている可能性について言及。
数人の参加者が経済成長の下振れリスクが前回FOMCよりも高まったとの判断を示したことは
弱い材料です。

これらを勘案すると、年内の利上げ気体は十分残るものの
先送りの可能性もあり
とりあえず6月は見送りという印象。
市場も見通しを偏らせないような動きとなりました。

Posted at 08時53分 パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

株式会社GCI総研

チーフストラテジスト

山岡“ダックビル”和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行、外国為替ディーラーの世界に。1994年ナショナルウェストミンスター銀行(2000年に合併のためロイヤルバンクオブスコットランド銀行に行名変更)に移り、2003年3月まで10年以上にわたってインターバンクディーラーとして外国為替市場の最前線で活躍後、2003年4月からGCIグループに参画。現在GCI総研、チーフストラテジストとして情報配信サイトKlugクルークを中心に為替情報の配信や、セミナー講師などを行う。(社)日本証券アナリスト協会検定会員。

活動状況・著書

Klugクルーク
Klugクルーク
為替・海外投資・ヘッジファンドに関するニュース・レポート・コラムを掲載
はじめての人のFX基礎知識&儲けのルール
FXの基本知識から設けるルールまでを解説
外貨投資ネットでラクラク儲かる方法
儲かるトレーディングを目指した、投資初心者向けの超入門書

2016/9

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

FX-BLOGモバイル

FX-BLOGモバイル
iPhone/touchからFX-BLOG.JPへアクセス(詳細はこちら
FX-BLOGモバイル
ケータイでバーコードを読み取りアクセス(詳細はこちら
 

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.