山岡和雅の「ダックビル為替研究所」
 

2015年03月03日(火)

RBA直前雑記 [注目材料]

12時半にRBA金融政策会合結果が発表されます
先月の会合で豪州にとって史上最低金利となる2.25%まで金利を引き下げたRBA。
その後も緩和姿勢を継続していることもあり
2ヶ月連続での利下げへの期待が広がっています。
もっとも、専門家の見通しは
利下げ派が多めという程度で、
据え置き予想もある程度見られます。
そのため、利下げ、据え置きどちらに決まったとしても
ある程度値動きが出てくると予想されます。
利下げした上に、声明が軟調で
この後の追加利下げに含みを持たせる展開が
もっとも売り材料に。
据え置きで一旦買い材料にといったところでしょう。
さて、どうなりますか。



Posted at 10時41分


ページのトップへ ページのトップへ

Sponsor AD

プロフィール

株式会社GCI総研

チーフストラテジスト

山岡“ダックビル”和雅

1992年チェースマンハッタン銀行入行、外国為替ディーラーの世界に。1994年ナショナルウェストミンスター銀行(2000年に合併のためロイヤルバンクオブスコットランド銀行に行名変更)に移り、2003年3月まで10年以上にわたってインターバンクディーラーとして外国為替市場の最前線で活躍後、2003年4月からGCIグループに参画。現在GCI総研、チーフストラテジストとして情報配信サイトKlugクルークを中心に為替情報の配信や、セミナー講師などを行う。(社)日本証券アナリスト協会検定会員。

カテゴリーリスト

最近の記事

スポンサードリンク

2015/3

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

検索


当サイトコメントについて

当コメントは情報提供のみを目的として作成されたものであり、投資に関してはご自身でご判断くださいますようお願い致します。また、当資料は著作物であり著作権法により保護されております。無断で全文または一部を転載することはできません。

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright © 2012 PhiConcept,inc All rights reserved.